FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
チョキチョキ 6
2011-06-06-Mon  CATEGORY: チョキチョキ
呼ばれては無視するわけにもいかない。
片付けかけた食器をテーブルに戻して、その席へと顔を向ける。
改めて正面から見ると、自分を追っていた男は見たことがある気がした。
何もかもを監視…というか、把握しようとする視線は、どこかで感じたことがある。ただ、それが分からない…。
「はい、…えと…」
オーダーをしてくる様子もない姿は即座に知れた。個人的な話がしたいのだろうということも…。
そのために、タイミングを伺っていた…という態度である。

「突然ごめんね。後で話ができる時間があったら、教えてほしいんだ」
さり気なく名刺を渡される。
レストランの名前と、責任者としての肩書、手書きされた個人的な連絡先まであるものだった。
そのレストランの名前には覚えがある。熊谷と本庄が揃って移籍した店だ。
『越谷羽生(Uise Koshigaya)』
この男を見たことがある…、と思ったのは間違いではない。一度訪れた時に、ホールの全てを支配していた人物である。
思い出すことができても、そんな人間がどうして自分に声をかけてくるのかが分からなかった。

「あの…、えと…」
意味が理解できずに動揺しまくる春日に対して、羽生の人慣れした笑みは変わることがない。
どう返事をしたらいいものかと悩む春日を見つめながら、同じ席に座った男が苦笑しながら越谷の突発的な動きを制した。
「羽生、これ、いきなりのナンパに間違えられるから~」
しかし、この状況を完全に楽しんでいるのは雰囲気だけで伝わってくる。
まるでからかわれているといった行動に、客の前であるということを忘れて怪訝な表情を浮かべた。
「皆野が声をかけるほうが、より怪しいよ」
「俺は通いつめて親しくなってからにする」
「先手を打たないと取られるからね」
「まぁ、選ぶのは彼だけど」
羽生は隣の男を一応窘めはするが本気の言葉ではないのは、二人の親しみある口調で知れた。
そして言葉の端々から二人の好みが似ているのだということもなんとなく伝わってきた。
…その対象が自分では困るものなのだが…。
「皆野~」
「え?別にいいじゃん。まだ手に入れたわけじゃないだろう」
「やっぱりおまえを連れてくるのは間違いだった…」
「自分で誘っておきながら良く言うよ~。俺の休日、返せってんだ~」
「あの~…」
あまりにもさり気ない言葉使いに思考が混乱する。本気でナンパしに来たのだろうか、この二人は…。

羽生は一度見たことがあるから、…それでも理由が知れずに瞠目するばかりだ。もう一人の男に関しては面識も何もない。
見た目だけで判断されるのは春日にとっても嬉しいことではなかった。
それでなくても頼りなさげに見られてしまう華奢な体格なのだ。誰かに囲われ守られるようなのは好かない。
小さな小競り合いが目の前で繰り広げられる。
気軽な言葉であっても二人の興味を引いている自分の存在はさすがに理解できる。
小さく問いかけた春日の言葉に、羽生が勤務中である春日の状況を察して『皆野』と呼んだ男との不毛な会話を中断させた。
それからいたく真面目な表情に変わる。
「この場で話せることではないんだ。このお店のことにも関わってくるからね。できれば改めて時間を作ってほしい」
羽生の台詞は他の従業員に聞かれたらマズイことを表していた。
その真剣な眼差しに、話の内容が冗談などではなく、これまで聞かされたナンパ紛いのものとは一切関係ないと告げていた。
「え、と…」
春日はどう答えたらいいのかと躊躇する。
『客』に対する接客の仕方など、すでにどこかに飛んでいた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ぽちっとしていただけると嬉しいです。
出た!!羽生~!!

別宅にトルコの写真を貼り付けました。ご興味のある方、行ってやってください。→別宅

BACK← HOME →NEXT
トラックバック0 コメント0
チョキチョキ 7
2011-06-07-Tue  CATEGORY: チョキチョキ
「仕事に戻って」とさりげなく羽生に促されて、その席を離れはするものの、通常通りの仕事ができなくなってしまうのはすぐだった。
ぎこちなさは店長にも指摘されたが、声をかけられたことをばらしてはいけないと判断した口は自然と噤む。
羽生と皆野は、春日に声をかけた後、言付けは終わったと言わんばかりに店を後にしていった。
春日の腰に巻かれたエプロンの中で名刺が存在を主張している。
幾度も再確認しようと思いながらも、勤務中の現在、些細な行動が波乱を招くようで咎められた。
何がどうなっているのかも分からず、一番に連絡を取りたいのは当然のように熊谷だった。

仕事の終わりを待って、メールで連絡を入れれば、すぐに返信が来るものの、突然ファミレスに現れた羽生の行動はさすがに熊谷も知れないらしい。
『後で聞いてあげる』と気遣ってくれる言葉はありがたく、春日と羽生を繋ぐ橋のように思えた。
やはり、熊谷はどこまでも頼りになる上司に変わりはなかった。
面倒事まで全て引き受けてしまう態度に申し訳なさはあるものの、親切心には縋りたいところが多く有り難さが込み上げてくる。
このような人間ともう一度働いてみたい…。それは願望でもある。

翌日に熊谷から連絡が来た。あまりにも予想外の連絡事項だった。

『羽生さんは、所沢君をうちの店に引き抜きたいらしい』

「はい~っ??!!」
その内容は意外すぎて、場所を構わず大声を張り上げた。その場はいつもメールを確認する、ファミレスの休憩所である。
休憩時間に見たメールに対しての返事だった。
当然聞こえている厨房から深谷が、「どうしました~?」と声をかけてきた。
あまりの驚きに声を抑えられなかったことを今更ながらに後悔する。
かといって、深くプライベートに突っ込んでくる人たちではないし、中途半端な今、伝えたいことでもない。
「あ~、いや、なんでもないし~。ちょっとびっくりメールが…」
誤魔化せばそのまま素通りしてくれる。

しかし、春日の胸は激しい鼓動を刻んでいた。
役職を持った熊谷などとは明らかに違う立場を充分に承知している羽生のはずだ。先日見に来た羽生だって、しがない契約社員と知っていておかしくない。
それが何故、『引き抜き』という形に入ったのかこれっぽっちも想像がつかない。
大慌てでメールを返信するが、作業に追われているのか、その日に熊谷から返事が来ることはなかった。
影ながら、「詳しいことは羽生さんに聞いてくれ」と言われているようでもある。熊谷では答えきれないのだろう。

悶々とした一日を過ごした。
心ここにあらずの動きは当然ミスの連発であり、店長からも料理長からも小言を言われて心配された。
「疲れてんのか?具合、悪いなら言えよ。今日は暇だから上がっていいぞ」
失敗を繰り返せば店の損害になるだけで、体調不良と捉えた店長から慈しみの声がかけられる。
そのことが申し訳なかったが、考える時間をもらえることはありがたかった。

こんなことが続いては今の職場にも迷惑をかけるだけだと踏んだ春日は、羽生の連絡先を鳴らした。
レストランの営業時間は承知している。夜の9時を過ぎたばかりではまだ仕事もあるかと思ったが、熊谷をあてにするのは気の毒だと判断した春日は直接羽生の携帯番号を押していた。
熊谷の性格を考えればどこまでも自分に関わろうとしてくる。その点、羽生は直接自分の元へ訪れた積極性があった。
熊谷自身が何も知らなかったこともある。間接的に話を聞くよりも、羽生の懐を叩いた方が話が早い。

知らない番号だったからなのか、最初訝しそうな声が聞こえたが、名乗ればすぐに柔らかな返答がきた。
こんなところからも、一切、熊谷とも本庄とも話をしていないことが知れた。
繋がりがあれば、少なくても、春日の番号くらい、知ろうとしていたのではないか…。

『連絡をもらえてうれしいよ』
羽生の言葉が鼓膜を撫でるように響いてくる。
『孝朗君から少しは事情を聞いてしまったのかな?』
正式に決まるまで秘密裏にするつもりだったのが、なんとなく言葉端に熊谷にすら内緒にしようとした気が聞けた。
熊谷から問われたから、最低限の胸の内を明かした…、そんなところなのだろうか…。
それを馬鹿正直に春日に伝えてきてしまったのは熊谷であり、今更撤回もできない状況になってしまったのか…。

俄かに抱いていた期待がなんとなく砕かれていく感じがした。
所詮、自分はまだ…、『評価段階』なのだと…。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ぽちっとしていただけると嬉しいです。
BACK← HOME →NEXT

トラックバック0 コメント0
チョキチョキ 8
2011-06-08-Wed  CATEGORY: チョキチョキ
次の春日の休みの日に羽生がこちらに来てくれることになった。
本来であれば、羽生にとって勤務日であるはずなのに、春日の為に赴いてくれることに些かの抵抗が生まれる。
少人数で回している店にとって、一人でも抜けるのが痛手になるのだとは、同じ職種にいる以上、まわりへの迷惑が良く知れた。
昼過ぎの休憩時間があるのだから、その時にこちらから伺う、と話をしても、羽生は譲らなかった。
『そんな短時間で話せる内容ではない』…と。
更に、熊谷と本庄が入る前は、ホールもキッチンも共に1人少ない状態で営業していたのだから問題ない、と言われては断る言葉も浮かばない。
今では元『副店長』という過去を活かした熊谷が、充分なほど羽生の代わりを務められるほどになっているそうだ。
当時の働き方を知るだけに納得もできる。

春日が勤めるファミレスから少し離れた場所にある、他社のレストランで待ち合わせをしたのは、昼のピークタイムを迎える前の時間だった。
話は実に明瞭に告げられた。隠し事を一切しない羽生に、人の良さを感じる。対人面での触れてくる温かさもあった。
羽生の店では、すでに退社を予定しているホールのスタッフがいるのだという。だが、そのことはまだ誰にも話されていない。熊谷が状況を把握できなかったのも理解できることだった。
突然春日から入った連絡に驚いたのは熊谷の方だったのだろう。
羽生も春日と熊谷の繋がりを知っていたから、自分の目で確かめるまでは全てを伏せていた、と説明された。
羽生の登場を知れば、あたりまえのように熊谷に連絡を入れる行動をすでに見破られている。
自分の目に狂いがあれば、何の声も掛けずに、ただの客として立ち去っていた…と。

先日、深谷と鳩ケ谷を伴ってレストランを訪れた時に見せた春日の、店内を伺う視線の走らせ方を羽生は忘れていなかった。
3人がどのような立場にあるのかは、その時に熊谷たちに聞いたらしい。
アルバイトと変わらないような『契約社員』という、不安定な位置付で働いていることは過去の話から、羽生は承知していた。
その立場を変えてやりたい思いもあったようだ。
客として訪れていた時に、じっくりと観察されていたのは、実際の普段の動きを見極められていたことになる。
今更そんなことを告げられては、どんな失態をしたのかと不安になりはしたが、予想以上に羽生の評価は良かったらしい。
そして今に至る…というわけだった。

これが自分にとって転機になる話なのか…と春日は束の間悩んだ。
元々、気軽に始められるアルバイトとして入っただけであり、熊谷のように心底接客が好き、というわけでもない。
色々と教えられて、抵抗はないものの、接客業を『本業』にできる自信がなかった。
それに以前、人間関係の揉め事で正社員としての立場を追われた経歴があり、ましてや少人数で営業するレストラン内で何かあれば必然的に出て行く形になる。
今まで褒め称えてくれた熊谷の信用をなくすようでもあるし、声をかけてくれた羽生に迷惑をかけることにならないだろうか…。
もし上手くいかなかった際に、今のファミレスに戻れる可能性はありはするものの、人間が多く流動する店でこれまでと同じ地位を与えてもらえる保証もない。
だからといって、四捨五入したら30歳になるという今の歳になり、このままの生活でいいはずもないとは常々思っていた。
いつまでも続けられる生活ではないと、春日自身が一番強く感じていて、そこに来たのが、今回のこの話だった。

「急いで決断を出してくれと言っているわけじゃない。君があえて他店に飛び込みたくないというのであればその意思を尊重するし、無理強いはしないよ。だけど、君の動きと配慮をファミレスなんか…なんて言ったら失礼だな…、うちのような店で発揮してくれたらいいな、と思っているんだ」
誘い文句は非常にありがたい。しかも自分などに価値を見出してくれたことも嬉しいことこの上ない。
ファミレスのように異動が付きまとう場所で正社員にはなりたくないし、似た職種でも正社員として雇ってくれるところは少ないとも思う。
特に何がやりたいと、希望があるわけではない春日にとって、目標を与えられたらそちらに転がっていけた。
「突然のことで戸惑っているのは分かる。このことについては帰ってから孝朗君にも話をするよ。たぶん俺よりも彼らのほうが相談しやすい相手だろう?今のところ、彼らには店の状況を何一つ伝えてはいないから、一人のスタッフが辞めると話しただけでも相当驚かれるだろうけれど」
羽生は肩を竦めるようにして少しの笑みを浮かべた。
その人物の後に入れたい人間として春日の名前が上がっていることを知れば、熊谷とこれまでに培ってきた絆と働きぶりを熟知する熊谷が春日に対してどう思うのか、更なる不安が宿る。
熊谷は羽生以上に春日を知り過ぎている。
もしも熊谷が春日を必要としていなかったら、羽生との間で板挟みになる可能性が高い。
春日には熊谷ともう一度共に働きたいという願望はあったが…、熊谷もそう思ってくれているかどうかは怪しい。
熊谷の気遣いの良さは、今まで知りあってきた社員とは全く異なった。だから熊谷に寄せる信頼は高いし、『退社する』と聞いた時のショックは一際大きかった。
その熊谷に嫌われているとは到底思えなかったが、自分のテリトリーとなった場所に飛び込んで来られることをどう感じるかは疑問だ。
事実、熊谷は、傍目に分かるほど、見事な人格の変貌を遂げていた。

羽生にさりげなく春日の思いを探られると、先日の慣れ合いから見て、熊谷に嫌悪する気持ちはないと断言される。人を見定める目を持つ羽生に言われれば、もちろん、それは嬉しいことだった。
雑談を交えながら、食事をし、店のコンセプトや待遇などを堅苦しくならない程度に話される。
共感するものはもちろん多く、熊谷と本庄が惹かれていった理由を改めて感じた。
かなり長い時間をその店で過ごした。
会計を「経費で落とせるから」と羽生が全てを支払い、店の外に出た別れ際に、ふと呟かれる。
「今日、ここで所沢君がどれほど店員の動きを気にしていたか自分で気付いた?」
「え?」
何のことかと首を傾げた春日に、微笑んだ羽生が面接(というのだろうか…)中、逐一、春日の視線を追っていたことを明かす。
店内を動く店員の動きは確かに目に付いたし気になった。些細な仕草一つ、悪い見本と良い見本として見極めていた。
羽生が自分の店で話をしたがらなかったのは、こういった視線を投げかける春日を見たかったからなのか…と気付かされる。どこまでもチェックされていたのだ。
「他人の動きを気に掛けられる、そういった人物を、うちは欲しいんだよ」
羽生が口にした言葉は、完全な褒め言葉だった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ぽちっとしていただけると嬉しいです。
『チョキチョキ』の意味、どちら様かおわかりでしょうか…。ファミレス、人員流出です。

粗大ゴミが3日間もゴミ置き場(出張)に行ってくれるんだって~ヽ(゚∀゚)ノ 早く出ていかないかな~ ←と朝書いてる。

BACK← HOME →NEXT

トラックバック0 コメント2
チョキチョキ 9
2011-06-09-Thu  CATEGORY: チョキチョキ
その後、羽生と会う機会は何度もあった。
どうにか引き抜きたい意思の表れでもあるかのように、連絡を密に取ってくる。
熊谷からは、羽生に話を聞いたと思われるそばから、誘いの言葉がかかってきた。
もしかしたら羽生に言われてのことなのか、と一瞬疑いはしたが、今の春日の立場などを良く知るからこそ、心配してくれている気持ちが伝わってくるものばかりだった。

条件はこの上なくいい。
何よりかつて信頼を置いた熊谷と、今一度同じ土俵に立てることの嬉しさがあった。
他のスタッフとどう触れあえるかの心配はありはしても、熊谷がいてくれればすべてが丸く収まるような安心感がある。
そこに加えて、羽生の人柄の良さだ。
店を思う気持ちが一緒であるから、諍いなども起こらないのだろう。
常に人が入れ替わるばかりのファミレスで働くのとは、違ってくるのだという意気込みも芽生えてくる。
本庄の部屋で、最後に皆で一緒に飲んだ日、本庄が語った『自分の力を試す』夢が、春日の中でも理解できた。

ただ、問題が一つあった。
春日は実家暮らしだ。羽生の店まで通うにしても、車で片道1時間以上の時間がかかる。
移動時間と交通費を考えたら、近くに引っ越した方が良いと思えた。
レストランは繁華街の中に建っていた。
近く、とはいっても、安い物件を探せば、かなり老朽化したものか、距離が離れてしまうものばかりだ。
今後をずっと…と考えれば、一時しのぎの部屋は避けたくもある。
そんな悩みを熊谷に相談すれば、必然的に羽生に話が行きわたり、地元に馴染んだ伝手で幾つもの物件案内を持ってきてくれた。
緊張感もなく話ができるようになった頃、見せられた物件のコピーを手にしながら、やはり春日は唸ってしまう。
待ち合わせた喫茶店でコーヒーをすすりながら、羽生が「まだ高い?」と問いかけてくる。
羽生は店からの距離を一番に気にしていた。離れてしまえば引っ越す意味がないということらしい。
熊谷たちが徒歩圏内に住んでいることもあるのだろうか。
家賃、築年数、間取り、設備…。あれこれと書かれている紙を見つめるが、実家にも微々たる金額しか入れてこなかった春日にとっては、高額な金額にしか見えなかった。
だからといって、給料が上がるわけでもない。

そんな時、羽生が一つの提案を持ち出した。
「ねぇ。もし良かったらうちに住む?」
「はい?!」
突然の言葉は理解するまでに相当な時間を要している。
「俺、一人暮らしだし、マンションに部屋は余っている。引っ越しするとなれば、家具や電化製品とか生活に必要なものを揃えるだけでもかなりの出費があるよ。それも痛手じゃないかな。住む場所はこの後ゆっくり探すとして、とにかくうちの店に来ない?」
すでに時期が迫っていることを表していた。
そして決断させたがっていた。
今、春日の中で一番問題視されているのが『住処』であることを、充分なくらいに羽生は承知している。
それさえクリアしてしまえば、戦力として引き込めるわけだ。
「で、でも、羽生さんに御迷惑じゃ…」
「全然。全く。寧ろ、春日君みたいな子なら大歓迎だけど」
店にとって、なのか、羽生にとって、なのか、かなり微妙な発言ではあったが、自分から言い出すのも気が引けてそれ以上は問えなかった。
いつぞや、皆野と呼ばれた男と羽生が小競り合いをしていたことが頭を掠めたが、その場だけの冗談だったと聞き流す。
羽生にとって、経営していく以上、取り込みたい人間でしかない、のだと…。

結局羽生に背を押され、ファミレスを退社し、羽生のマンションに強引に連れ去られた形になった。
3LDKという間取りのマンションはすでに買い上げで、あとはローンを残しているだけらしい。
一室は羽生の寝室であり、一室は仕事に関する書斎となっていた。
ほとんど物置と化していた部屋を空けてくれて、そこに春日は押し込まれる。
ご丁寧に部屋に鍵まで付けてくれたくらいで、共有スペースとなったリビングやキッチンは、「好きに使っていいから」と、さらりと流されて終わった。
「ローン返済が楽になりそうだ」と羽生は笑っていたが…。
実家に入れていた金額とほぼ同額の、家賃とはとても言えないものを支払うことと、駐車スペースを自分で確保すること、それだけの条件での引っ越しとなる。

そこまでして必要と思われるような人間じゃないんだけどな~…と春日は内心で呟くが、紹介された店の雰囲気はとても体に馴染むもので…。
一刻も早くこの場に収まりたいと思わせるものを纏っていた。
そのことが、物件を探すよりも、とりあえず引っ越し、と春日を急かせたのかもしれない。

こうして、羽生との同居生活が始まった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ぽちっとしていただけると嬉しいです。
羽生さ――――んΣ( ̄□ ̄|||)

BACK← HOME →NEXT

トラックバック0 コメント2
チョキチョキ 10
2011-06-10-Fri  CATEGORY: チョキチョキ
入店に際しては当然緊張感を持ったが、慣れた熊谷と羽生のおかげもあってみんなの中にもすんなりと入っていける。
他のスタッフの人たちも気さくで春日が馴染むのもすぐだった。もともと接客慣れしていることもあるから、スタッフとの会話にも抵抗はあまりない。
熊谷が堅苦しく気を使わずに、自然な姿で存在している理由が、なんとなく知れるようだった。そして、変われた理由も。
本庄も明るかった。好きなことができる喜びが、そのまま表情と動きに表れているようだ。
本庄がいたからこそ、今の熊谷がある。生まれ変わったと言えそうな二人と再会し、また共に働けることは、春日にとっても新しい刺激だった。

閉店後、春日は羽生の終わりを待っていた。
羽生のマンションは徒歩で20分くらいの場所にある。
朝は他の従業員よりも早く、店に顔を出す羽生だったから別行動だったが、夜は「何かあったら困るから」と言われて、一緒に帰ることになっていた。
いい年をした大人の男に『何か』があるとはとても思えなかったが、熊谷にまで「それがいい」と言われてしまえば、従う気にもなる。
確かに繁華街という場所にあり、夜ともなれば酔っ払いや集団でたむろしている人間も多く見かけたから、羽生の存在はありがたかった。

覚えることはたくさんあり、目まぐるしい日々を送る。
労働を終えた後の更衣室には、同じように本庄の終わりを待つ熊谷の姿があった。
「どう?慣れた?」
「はい…、と言えるのかな。まだまだですけど」
「昔から所沢君は人当たりがいいものね」
「そんなことないです~」
長椅子に座って一頻り雑談を交わしていると、本庄が入ってくる。
定番の「お疲れ様」の挨拶をしたあと、春日を気遣ってくれるのか、二人とも残ってくれた。
これでも羽生の上がりが早くなったのだという。閉店前から前倒しで事務仕事を片付けているから、らしい。
昔話や今の状況を語れる時間は楽しくもあった。
しばらくすると羽生が顔を出してくる。
「お待たせ。孝朗君たち、今日もありがとう」
「いえ。いいんですよ。じゃあ、圭吾、帰ろっかー」
役目を終えた、と言った感じで熊谷と本庄が出て行く後姿を見送る。
本当は付き合って待たせてしまうことに引け目はあるのだが、熊谷のことだからどう言っても春日の言い分など聞き入れないだろう。
それに、春日を一人にするようなことはしないとは、昔からの付き合いで良く知ることだったから、こちらからも特に口にはしなかった。

「さあ、俺たちも帰ろう」
羽生に促されて春日も腰を上げる。
当然のことだが、プライベートを含めて、今一番会話が多いのが羽生だった。
仕事のことはもちろん、生活の面でも色々と気遣ってくれている。ただ、昔の熊谷のように、明らかに分かる硬さではなく、全てがスマートな対応で、後から気付かされることも多い。
そんなところに人を見る観察眼の良さを感じる。だからこそ、店内をくまなく仕切れる統率力を持つのだろう。
「春日君。明日、休みだし、たまには一緒に飲む?」
歩き出した道の途中で羽生が問いかけてくる。
マンションに帰れば、それぞれ風呂に入り、リビングで少しばかり寛いだ後、自室にこもってしまうのが常だった。
最初の頃こそ、羽生の手前、どう振舞っていいのかと困惑していたが、あくまでも『ルームシェア』と言い切り、後から入り込んだ、のではなく、羽生が呼んだのだ、と言い聞かせられた。
顔を合わせていれば気が休まらないかと思って自室に引っ込んでいたのだが、たまにこうして声をかけてきて、リビングも春日が自由に使っていい場所だと教えてくる。
そのさりげなさが、余計に春日の気を惹いていた。

春日が頷くと羽生が嬉しそうに笑みを浮かべる。
「この前、いいワインを貰ったんだ。あぁ、つまみを何か買っていこうか」
羽生は深夜までやっているスーパーへと足の向きを変えた。
翌日の食材を買う目的もあるらしく、春日も大人しく付き合う。
冷蔵庫や乾物庫のスペースも春日が使いやすいようにと空けてくれて、自由に開閉できるようにしてくれた。
基本的に食材は許可なく使っていいことになっている。とはいえ、自炊するほど家事に慣れていない春日だったが…。

羽生の部屋に収まれて良かったな、と思う。
仮に一人で住める場所を見つけられたとしても、右も左も分からない場所で、しかも慣れない仕事に追われて毎日はキツキツだっただろう。
少しでも安心させてくれようとする人が近くにいることのありがたさ。懐の大きさがしっとりと春日を包んでくれる。
だけど、いつか、出て行かなければならない…という思いは、常に春日の中にあった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ぽちっとしていただけると嬉しいです。
羽生さん、堀のように固めてますね…。


BACK← HOME →NEXT
トラックバック0 コメント2
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.