FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
【ホワイトデー企画】:Studio 2
2010-03-08-Mon  CATEGORY: コラボレーション
妄想スパイラル様》より結城さんと薫君が遊びに来てくださったホワイトデー企画です。
結城さんと薫君のお話が読みたい方はどうぞ上をクリック♪



薫は『榛名』という名前を強みにしたのか、『直帰』という手に出た。
結城には正直に事情を説明したようだったが…。
タワーマンションの最上階まで行く間に、何度感嘆の息をついていたのだろうか。
玄関を開けるなり、またもや絶句された。確かに広いとは思う。
英人自身、今まで住んでいたボロアパートから比べれば玄関だけで居間の空間があるのではないかと思えるくらいだ。
賃貸物件をいっぱい見ている薫でも驚くくらいなのだから、この居住スペースは一般人の常識を越えるのだろう…。
(かなり贅沢な人間の)単身者用に作られた間取りは一つの空間がとてつもなく大きい。
リビングに入るなり、また薫の目が開いた。置いてある家具が輸入物の大型のものばかりなのに、無駄にあまるスペースはより広さを感じさせる。

部屋に驚いているのだとばかり思っていたら、薫の視線はリビングの正面に飾られたパネルを感慨深げに見つめていた。
英人はすでに慣れてしまっていたからあまり気にならなかったが、何をするよりも真っ先に飛び込んでくる英人と千城を映した写真は唯一部屋の壁に飾られているものだった。
英人が勤めるオフィスで共に働くカメラマンの塚越が必要以上に引き伸ばしたせいで、映画館に飾られるポスターよりももっと大きく、脚立を使ったって英人一人の力では外すことなどできなかった。
普通の家であれば飾る場所に困るくらいのものだ。
相手の胸へと飛び込みそうな恋人たちが見つめ合う、カメラを全く意識していない自然な雰囲気のもので、モノクロに仕上げられたことといい映画か何かのラブシーンのようだった。
英人は自分たちというよりも一つの作品として見ることが多くなっていたが、改めてまじまじと見つめられては恥ずかしいだけだ。
「すっご…。え、これって何かのモデルとかしたの?…なんていうか…惹きこまれる。二人とも見栄えがいいから見応えがあるっていうか…。すっごくいいっ」
薫は弾けるような笑顔で褒めてくれたが英人は顔を赤くして、「もう、いいよ。ごはんにしよっ」とダイニングに連れて行きたかった。
「ちょっと待ってよ。もう少し堪能させて。…あー、いいなー、俺も信哉さんとこういうの撮れるかなぁ。でも信哉さんはともかく、俺はなぁ…。英人みたいにこんなに美人でもないし…」
薫は自分たちを重ねるようにパネルに釘付けだったが自分を謙遜しぶつぶつと言い出した。

それを聞きながらそうだろうかと英人は首を傾げた。
結城に見つめられて愛されていることを実感する薫はとても愛らしい笑顔を浮かべる。
普段は行動力もあり活発で、突拍子の無いことなどを思い浮かべたりと子供に似た雰囲気をもっているから、全体的に可愛らしいという感じを漂わせているが、そこに彼の魅力と言っていい澄んだ瞳がある。
結城が12歳も年上でそれも影響しているのだろうか。
見た目がどうこうというだけでなく、人間が持つ素というものはその人間にしかない味だ。
雰囲気を少し変えただけでがらりと印象が変わる世界を英人はずっと見てきている。
妄想の世界から現実の世界に戻って来たような薫は、それでもうっとりと視線を送り続けていた。
『憧れ』があるのだろうと英人は思った。

「薫だって充分可愛いと思うけど」
「やめてよっ。英人にそういうこと言われても比べられているようにしかとれない」
「なんで?結城さんだってそう言わない?」
「う…っ、い、言われてるかもしれないけど…」
薫が呟く言葉を否定してやりたかったというのもあったが、少しつついてみれば思い出したように赤くなる。こんなところはやっぱり可愛いと思う。

結局ごはんは後回しにされ、この時の撮影会がどうだったとか、薫と結城の結婚式の写真を今度見せてとか、その場でしばらく話しこんでしまった。
英人の脳裏をふと過るものがあった。
塚越の腕なら薫の魅力というものを最大限に引き出してくれるのではないだろうか。
ホワイトデーに何かをしたいと言っていた薫だからそんなのもありかもしれない。
だけどスタジオや塚越のスケジュールも確認できない今、迂闊な事を口にするのは躊躇われた。
期待を持たせて『ダメでした』なんて可哀想だ。
明日聞いてみて薫に提案してみるのもいいかもしれない。
英人は改めてパネルに視線を戻しとても自分たちとは思えない被写体を見つめて、薫たちもいいものが撮れたらいいなと想像していた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
1← →3
トラックバック0 コメント2
【ホワイトデー企画】:Studio 3
2010-03-09-Tue  CATEGORY: コラボレーション
妄想スパイラル様》より結城さんと薫君が遊びに来てくださったホワイトデー企画です。
結城さんと薫君のお話が読みたい方はどうぞ上をクリック♪


翌日、出社するなり神戸に「また個人的に撮影を頼めないか」と話を持ちかけたら、「今度はベッドシーンでも撮るの?」とからかわれた。
なんで発想がソッチに行っちゃうのっ?!とむくれたが全く相手にされていない。
こんな話をしている時にいつも悪乗りしてくるのはカメラマンの塚越だった。
40代半ばだが、カメラという機材を持つことで身体は鍛えられ、逞しさが滲み出ていた。
いつものように火のついていない煙草を口の端に咥え、ニヤリと笑う。
「なんだ、なんだー。また撮ってほしいのか?あれはもう見飽きたか?」
「そんなことないよっ。そうじゃなくて友達のね…」
「友達?」
並んだ二人が怪訝な表情を浮かべて英人の話を聞いてくれた。

「…なるほどなぁ。だけどド素人だろう?スタジオに入っただけで、この前のヒデトみたいに縮こまられたらさすがにいいものを撮るのは無理だぞ」
要は本人次第だと塚越は言う。
確かに結城にはそれなりの素質があるようには思えるが、人前ではどうしたって照れの大きい薫が自然体で過ごせるかは疑問だ。
英人だって緊張しまくって一度は塚越にカメラを下ろされたくらいだ。
「カメラがないところでのほうが人間はいい顔をするもんだ」
さすがに経験済みの英人は塚越の言うことも理解できたが、英人たちの写真がどういういきさつで出来上がったのかを話してしまっては、呼び出したところで誰かの目がある以上薫はずっと緊張しっぱなしになってしまうのではないかと危惧の念を抱いた。

神戸はしばらく何かを考えていたようだが、顎に当てていた手を解くとポンと手を打った。
「日野君の協力を仰ごう」
英人は神戸が何をしたいのか、全く見当がつけられなかった。
日野、とは、普段から親しくさせてもらっているバーの従業員だ。飲み屋に何の用事があるというのか。
何故撮影の話で日野の名前が出てくるのだろう。
「塚越さんにはちょっと負担をかけちゃうけどギャラを弾んであげるよ。カメラがないところに行けっていっても撮影ができるところなんて限られてくるし、外ではつけ回すみたいであまり気分も良くないし」
「隠し撮りでもする気か?」
「まぁ、そんなところだね」
「おいおい、大丈夫かよ。本人の許可もなくそんなことをして」
「そこは塚越さんの腕にかかっているって。見せられたものが良ければ納得してくれるよ」
渋々とする塚越をサラッと流して悪戯心旺盛な神戸は相変わらずのんきな口調をしていた。
本人たちが撮影をする話を知らない以上、失敗に終われば何もなかったことにすればいい、と。
塚越が戸惑いつつ、楽しんでいるような口調をしている…と思うのは英人の思いすごしだろうか…。
『少年たち』は常に楽しむことを忘れていない。

英人はなんだかとんでもない話に発展してしまったことに驚いていたが、バレンタインデーの時のように秘密作戦を決行するみたいで心なしか楽しんでいる部分もある。
これまで薫にはお世話になりっぱなしで何のお礼もしてあげられなかったからちょうどいい機会かもしれない。
まぁ、うまくいくかどうかは分からないけど…。
計画の全ては神戸の頭の中にすでに出来上がっているようで、英人は「日野の店に薫と結城を誘う」という役を仰せつかった。
今度は千城に内緒にする必要もないから気も楽だった。

「じゃあ早速手配の準備をしなくちゃ」
英人よりも楽しんでいる神戸がいた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
またもや一気読みしてくださいました方がおりましたようで…心より感謝申し上げます。
普段の4倍…5倍という拍手数に驚かされました。本当にありがとうございました。
いえ、以前にもこういう方がたくさんいらしてくださって…。
そのつどお礼を申し上げられずにおりました(平伏)。
日ごろから応援してくださる方々にも何もお礼も申し上げられませんで…。申し訳ございません。
小学生並みの文章しか飾れない私ですが、なんとかこのブログをつづけていけたらなぁ…と思います。
皆様に支えられている私です。
本当にありがとうございます(深謝)

2← →4
トラックバック0 コメント2
【ホワイトデー企画】:Studio 4
2010-03-10-Wed  CATEGORY: コラボレーション
妄想スパイラル様》より結城さんと薫君が遊びに来てくださったホワイトデー企画です。
結城さんと薫君のお話が読みたい方はどうぞ上をクリック♪


帰り道、英人は日野のバーに立ち寄った。どうせ千城はまだ帰ってこない。
早い時間だったからか、店にはまだ客がいなかった。
「なんでそういうバカなこと、考えるの?」
カウンターの奥で呆れたようなバーテンダーの日野の溜め息がこぼれた。
出社して間もない日野は何の話も聞いていなかったようで、英人から聞いたことにオーナーを呼びに行ったくらいだ。
この店では滅多に聞かない話に、オーナーの水谷も「気分転換」と言いながら顔を出してきた。
すでに50代と聞いたが年齢を感じさせない風貌で、長く伸びた髪を後ろで一つに縛っている。鍛えられ方を見ては塚越と気が合いそうだな…と内心で思っていた英人だ。

瞬時に考えついたはずなのに、神戸の計画は綿密なくらい出来上がっていた。そして即日の内に全ての手配を終わらせた。
英人が薫と結城を飲みにいこうと誘い予定を聞いて、神戸はその日を撮影日と決めるとこの店を貸し切りにしてしまった。
ホワイトデーの一週間前の日曜日の夜だ。
「英人君の頼みだから」と千城に弱みをぶつけてから、オーナーに話をつけるよう仕向ける。
店の収入面を考えれば、客が来るか来ないかも分からず無駄に店を開け続けるより、確実に入ってくる金額の方に転ぶのは当然の話だった。
まぁ、千城が口利きをすれば断られはしないだろうと神戸は目論んでいたようだが。
大道具でも持ち込んで塚越が隠れられる部分を作り、あとはタイミングを待つだけ…。
その辺の話は神戸とオーナーが直接打ち合わせをしたらしい。
しかも英人と千城に気が向いてはだめだから、二人が到着したあとで「遅れる」と連絡を入れろという用意周到さ。

「俺が考えたんじゃなくて神戸さんだってば」
「俺まで演技しなくちゃいけないって分かってる?俺のギャラも弾んでよ」
「そんなの千城か神戸さんに頼んでよ」
「話を持ち出したのはあんただろーが」
「やることなんかいつもの仕事と変わらないじゃん」
「カメラの邪魔になると思えば気軽に動くこともできないだろ」
「仕事なんかないくせに」
貸し切りにされたバーで何の仕事があるというのだ。

英人と日野が小競り合いを続けているのをカウンター内の隅に置いたスツールに腰掛け、ウィスキーの入ったロックグラスを傾けていた水谷が笑いながら聞いていた。
存在感はあるくせに決して邪魔にはならない。というか邪魔をしない。そして物分かりがいい大人だ。
「日野君には俺から出してやるよ。あとその日は撮影が終わり次第好きにしていいから。ここで飲んでいるのでも良し、帰るのでも良し。例のお二人さんにはどっちがバーテンをやっていたっていいことなんだし」

日野と飲むなどということはそうあることでもなく、しかもいつも英人が泣きついて愚痴をこぼしている場面ばかりで、許可さえあればこういったお店でワイワイ飲むのもいいな、と英人は思った。
薫と結城にはあくまでも「遅れる」であって「行けない」ではないから、オーナー自ら店に立ってくれるのであれば、二人には貸し切りにしたとはばれないだろう。
「日野君を早くあげてくれなんて、そこの坊や以外の人間は言ってはこないからな。たまにはサービスっていうことで…」
「水谷さんっ」
ニヤリと笑った水谷に対して、どこかムキになったように言葉を遮ろうとする日野を見るのは珍しいから、日野と水谷のやりとりに英人はキョトンとしてしまった。
それにしても、この店に多大なる迷惑をかけている自分を改めて教えられたような気分で思わず顔を赤らめた。
まだまだ頼りない英人である。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
3← →5
トラックバック0 コメント2
【ホワイトデー企画】:Studio 5
2010-03-11-Thu  CATEGORY: コラボレーション
妄想スパイラル様》より結城さんと薫君が遊びに来てくださったホワイトデー企画です。
結城さんと薫君のお話が読みたい方はどうぞ上をクリック♪


薫たちがどんな雰囲気を醸し出すのか、その現場を見られないのは残念だが、あとで塚越に写真を見せてもらえばいいやと英人は考えていた。
本当は塚越と一緒に隠れ壁の奥に身をひそめて見学しようかと思ったのだが、塚越に「邪魔になるからやめてくれ」と拒絶されては文句も言えない。
神戸はこの日、エキストラの人間まで用意していた。カメラの正面に座らざるを得ない状況を作り上げるためだ。
場所柄、同性同士で寄り添っていても違和感のないところだから、それらを目にすれば二人も気を許すだろうと。

英人と千城は薫たちと約束をした時間はまだマンションで寛いでいた。
どんな状況にあるかは分からないが、1時間もあれば充分だろうと神戸や塚越をはじめ千城も思っていたようだ。
英人は千城と一緒に日野のバーに向かった。
店についた時にはエキストラの人間は全員帰った後で、見事『貸し切り』の状態になっていた。もちろん薫たちは知らないからただの暇な店だ。
薫たちはL字型に作られたカウンター席の角に近い位置にいた。
日野とはすでに親しいと薫には伝えてあったからそのままテーブル席に移ることもなく、角を挟んで座っていれば、しらじらしく神戸と塚越が姿を現した。

全員がカウンター席に座るという奇妙な構図が出来上がっている。
カウンターとはいっても15人ほどは座れる広さがある。
奥から結城、薫、角を曲がって英人、千城、神戸、塚越と並んでいた。
どうやら神戸と塚越は千城が呼んだという話になっているらしい。
よくよく聞けば、薫から話を聞いた結城が千城に撮影したいから紹介してもらえないかと頼んでいたそうで、またもや真実を隠しとおされていた英人は同時に千城と神戸を睨んでいた。
「何でいつもそうやって内緒で事を進めようとするのっ?!」
薫も聞いていなかった話のようで「信哉さんってば…、そんなぁ…」と顔を赤くした。
「撮影の日程でも決めようかという話だ」
千城がすぐに英人を宥めに入る。
ここで英人が状況を考えずに喚き続ければ、今日の計画がばれて薫たちからひんしゅくを買いかねない。
今となっては本当に今日の隠し撮りがされていたのかというのも英人にはアヤシイ話になっていた。

普段は静かな雰囲気の店が賑やかになったことで、奥にいた水谷が顔を出してきた。
そしてこの並んだ顔が座る場所に少し驚いたように日野を見た。
「なんだい、これは…。向こうのテーブルを繋げてやればいいだろう」
全員が席を囲めるようにと親切心で言ってくれたのは分かるのだが、英人も千城もカウンターという席を好んでいた。
それは一人で来店していることが多い神戸も同じだったようだし、水谷に「あがっていいよ」と伝えられた言葉にも日野が「この位置が落ちつくんで」と答えながら、一応新客の意見を求める。
「私もここで結構です。このお店にはとても良い雰囲気がありますね」
結城も同意すれば薫も倣うし、塚越もこういったバーに慣れているらしく小さく首を傾げただけだ。

水谷は肩をすくめていたが、納得したように日野用のスツールを出してきて、ちょうど千城と神戸の前に来るあたりに置いた。
自分のは定位置でもある隅の、英人と薫の前に置きっぱなしになっている。
「まぁ、客の話でも聞いてやろうよ」
すかさず千城が「お二人も一緒にどうですか」とさりげなく声をかけている。
他の客が見当たらず、また、和気あいあいとした雰囲気に水を差さないようにと、長年の経験を得ている水谷は「では遠慮なく」と自らのグラスにウィスキーを注ぎ始めた。
日野もこうなっては水谷に従うしかなくなったのか、ある程度動かずに済む準備を手元に用意してから腰を下ろした。
水谷の余裕さというか彼から醸し出されるオーラはこの店の雰囲気に合い過ぎている。
ふるぼけた時を巻き戻すことなく、時間にも追われることなく、それは人生もゆったりと過ごすような…。
まさに『彼の店』だった。
最初からオーナーは仕事なんかする気はなかったんじゃんっ!と心の中で悪態をついていた英人だったけど…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
企画物中、朝の更新をお休みします。無駄足をさせてすみません。
4← →6
トラックバック0 コメント2
【ホワイトデー企画】:Studio 6
2010-03-12-Fri  CATEGORY: コラボレーション
妄想スパイラル様》より結城さんと薫君が遊びに来てくださったホワイトデー企画です。
結城さんと薫君のお話が読みたい方はどうぞ上をクリック♪



バーの中では、バレンタインデーに飛行船に乗ったという話で盛り上がってしまった。
英人と薫からしきりに「綺麗だったよね~」「すごかったよね~」と声が上がれば、神戸から「薫君は月曜日に仕事に行けたの?」と嫌味が飛び、英人と薫を真っ赤にさせていた。
実際、英人は『体調不良で休暇』だったが、薫がどうなっていたのかはわからない。
が、この反応をみると、屋敷に送り届けた後にはなにかがあったのだろう。
というか、あの後で何もない方が淋しい気がしてくるけど…。

「ち、千城さんは、いっぱいチョコレートとか、もらわないんですかっ?」
薫が話題でも変えたそうに、千城を見上げた。
明らかに動揺したようなしどろもどろの姿がある。
「しん…、結城さんのところにはたくさん届くんですよ。でも食べてくれるのは俺からのだけなんですけど…」
「薫君、ここでそういうことを言わないでくれるかな」
困ったように結城が薫を制したことで、薫も自分が何を口走ったのか理解したようで益々赤くなっていった。
「営業先などからもらうんです。得意先である以上お断りすることもできなくて…」
立場上…と結城は言い訳を口にしていた。
話題を変えたいというよりは墓穴を掘っただけだな…と薫以外の全員が思っていたが、あえて口に出しはしない。

話を向けられた千城が薫に失礼が無いようにと口を開く。
「あぁ、もらっているらしいな」
「えっ?!もらってんのっ?!」
千城の答えには英人も驚いて見上げてしまった。
家の中にたくさんのチョコレートはあったが、千城が揃えたものだとばかり思っていた。
まさか、それを食べちゃったんじゃ…???と申し訳ないような恨みがましいような気持ちがむくむくと湧いてくる。
「『もらっているらしい』。…処分は全部野崎にさせているから詳しいことは知らない。まぁ、毎年ホワイトデー頃には100万円ほどの金が消えているんだから、それなりの対応はしているんだろう」
「「「はぁぁぁぁぁ???!!!」」」
まるで他人事の発言には全員が絶句した。
要するに千城は誰からもらったとか誰に何を返したとか、全く把握していないということで…。
「それって相手の人に失礼じゃんっ」と英人が呆れかえれば「何のために野崎が付いて回っているんだ。逐一報告するためだろう」と平然と言い返す千城がいる。

明らかに業務外の仕事まで押し付けられている野崎に、彼を知る神戸と日野から盛大な溜め息がこぼれていた。
神戸も呆れたように千城を見る。
「千城さぁ。少しは野崎さんの仕事を減らしてやりなよ。そのチョコレートはどこに消えているの?」
「知るか」
「あの…。差し出がましいようですが、もしも単純に処分されているというのでしたら…」
会話の中に結城が入ってきた。
「実は私が貰っているものも、長年ある施設に寄付しているんです。養護施設で育った知人などもおりまして、そういった方面には多少なりとも縁があります。もしもご迷惑でなければ、慈善事業と思ってご協力を頂けないでしょうか」
あくまでも千城が行き先を知らないと答えたからであって、同じように野崎が手配をしているのであれば聞き流してくれと結城は結んだ。
千城は一瞬だけ頭を巡らせたようで、「後でご連絡をいたします」と答えていた。
結城の言葉には誰もが感銘を受けていた。
英人は自分が育ってきた環境をふと振り返ってしまった。
「淋しい」という感情ばかりに圧されてきたが、貧しくても母は3度の食事だけはきちんと取らせてくれた。
私生活が完全に乱れたのは母を失ってからだった。
今、千城に出会えたことを本当に幸せだと思う。

神戸が日野におかわりを頼みながら、「結城さん、千城よりも野崎さんに直接連絡を取った方が早いですからね」とまた辛辣な言葉が発されると千城が目くじらを立てる。
「おまえから漏れるのは悪口雑言ばかりだな」
「事実を伝えてあげているだけだよ」
神戸の隣で聞いていた塚越が「それを似た者同士っていうんだよ」と小さく呟く。
目の前ではクスクスと笑う日野までいた。
水谷までフッと笑って、彼からみたら「まだまだ子供」の連中の会話を大人しく聞いてくれている。

英人はこの夜がなんだか楽しくて仕方がなかった。
どういういきさつ、云々、色々事情はありはするものの、ぜひまたこんな時間が作りたいと願った。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
5← →7
トラックバック0 コメント2
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.