FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
チョキチョキ 20
2011-06-20-Mon  CATEGORY: チョキチョキ
いつもと同じ帰り道。ふと羽生の手が春日の指先に触れる。
「どうしたの?」
突然のことに振り仰げば優しく見つめてくる瞳があった。
「たまにはこんなのもいいんじゃない?」
堂々とした態度には相変わらず閉口する。手を繋いで歩くことなど滅多にあることではない。
でもそんな仕草のひとつも嬉しいものだったりする。
その影で何か悩むものも感じられた。訝しげに春日が首をひねれば、羽生は苦笑する。
「もしかして、孝朗君のこと、気にしているかな…と思って…」
なんとなく心の隅にわだかまりとして残っていたものを、あっけなく晒された気分だ。
これまでに何があったのか、気にならないと言えば嘘になるし、だからといって掘り下げたくもない。
熊谷の人の良さは春日だって良く知ることで、惹かれるのは当然のことのような気がする。
改めて告げられるのはどうかと思うものの、羽生の中にある真相を聞いてみたい思いもあった。

伏せた視線に、ふっと羽生の溜め息が聞こえた。
「春日が心配に思うようなことは何もないよ。孝朗君には圭吾君がいる。春日には俺がいる。その事実は変わらない」
「少しだけでも…」
気を向けたのか…という質問は声にならなかった。
たとえそのような過去があったとしても、責められることではない。
春日の思いを読みとったように、羽生が笑みを浮かべた。
「あの頃の孝朗君は、圭吾君とのことをひたすら隠そうとしてものすごく頑なだった。それを弛めるための一役をかってやった…ってとこかな。まぁ、春日が聞いて気分のいいものじゃないだろうけれど」
分かっていながら口にしてくるのだから憎たらしくもある。
同時に隠し事をしない性格にますます惚れていく。
全てが良い方向に向かうようにと促す態度は逞しく凛々しい。
細かいことは気にしないでやろう、と春日は思った。
過去がどうであれ、あれほど神経質だった熊谷が本庄を前にして気を許しているのが良く伝わってくる。それは決して卑下するものではない。
自分もそうやって、羽生の守る店の一役になれたらいいと思う。
過ごしやすい環境になれるように、羽生と同じように気遣いのできる人になりたい。

「羽生さんの力になれたらいい…」
まだ熊谷のように実力もなにもない。過ごしてきた苦労も違いすぎる。
それでも羽生の傍にいて、少しでも手助けができるような、そんな存在になりたかった。
ひとつの、嫉妬心のようなものだろうか。
熊谷を越えてみたい思いが胸の奥に湧いてくる。
憧れていた人は、一つ間違えれば恋敵になり、追い抜きたいと目指すものだった。
「春日は充分なくらい人を見る目があるよ。春日を引き抜けて良かった。もっとも、あの店からは恨まれそうな存在だけどね」
悪戯っぽく笑う仕草に春日も笑みを浮かべる。
本庄をはじめ、3人もの人間を辞めさせたのだ。ただでさえ人手不足のファミレスからは、確かに恨まれそうである。
だけどやっぱり嬉しいことに変わりはない。
気負うものも感じ取って春日の為にと動いてくれる。

不安定だった生活を安定するものに変えてくれた人。
「俺、がんばるから…」
「うん、期待している」
道の端で、ふと止まった足と、注がれた視線。塞がれた唇に今がどういう状況なのかと焦る。

「な、なー、な―――っ?!」
すぐに唇は離れたが、人が行き交う繁華街である。
わざと気に止めてくれていないのか、過ぎ去る人の視線が嫌でも気になった。しかし、全く動じていない羽生だ。
「早く帰ろう。明日も仕事だから激しいことはしないよ」
その発言もどうなのか…と内心で悪態をつく春日だ。
別々に過ごせるはずの居室も意味も持たないものにかわりつつある。
だけど嬉しいと感じてしまうのだから困ったものだった。
一番近い、傍にいられる存在…。
握った指先から感じられる人肌の温かさに酔いしれる。

「好き…」
この場でキスをできるほど勇気はなかったけれど、囁いた言葉に万遍の笑みを浮かべてくれた人がいた。
もう迷うことはないと、全ての態度が示してくる。
熊谷と、何も張り合うことはないのだと、言いたげに…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
最近ずっとユーチューブにハマってました。
福島原発のことが、すごく重なってしまって…。(こんなの別宅に書けって方ですよね…)
この映像もすごく良かったんです…。
地上の星
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-06-20-Mon 22:50 [編集]
羽生さん、道端でちゅーはだめっしょう
でも春日ちゃんあたふたしてるところが可愛いから許す
駄目だけどいっか♪
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-06-21-Tue 08:08 [編集]
甲斐様
おはようございます。

> 羽生さん、道端でちゅーはだめっしょう
> でも春日ちゃんあたふたしてるところが可愛いから許す
> 駄目だけどいっか♪

羽生さん、誰にも劣らず負けずに大胆ですね~。
路上ちゅーはだめですか…。
いきなりのことに春日もびっくり。
そりゃ、あたふたもしますよね。
しっかり喰いつかれていますね~。
どんどんと羽生の思い通りに…(o´艸`o)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.