FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
チョキチョキ 17
2011-06-17-Fri  CATEGORY: チョキチョキ
R18 性描写があります。閲覧にはご注意ください。


覆いかぶさってきた羽生が春日の唇の上を舌で撫でる。
求めあうように差し出した舌先が絡め取られて、先程の優しいものとは違う獰猛さを纏った。
ようやく手に入ったもの…という感覚が春日の中にも湧いた。
少しでも離れれば透明な滴を纏った糸が二人の唇を繋いだ。
春日の口端から零れた唾液を舐めとるようにして羽生の唇と舌が顎と首筋を撫でていく。

体に這わせられた指が、春日の感じる部分を探すように丁寧にくまなく動きまくっていた。
どこを触れられてもビクリと感じてしまう。
「んっふっ…っ」
なるべく息を荒げないようにと春日は微かな呼吸を繰り返した。それでも時折口端から漏れてしまう喘ぎがある。
それらを我慢しようとすると自然と体に力がこもった。
「春日…、強張らなくていいから…」
安心させるようなくちづけを羽生は何度も春日の唇や瞼の上に落としてくれた。
羽生の片方の手は逃げ出さないように腰を捕まえており、もう片手は胸の蕾を丹念に弄っている。
胸の片側は羽生が口先で弄んでいた。
しっとりと濡れた股間があることは、春日が一番良く理解している。
圧し掛かった羽生の腹の筋肉で擦られるだけで敏感に反応し、新たな露をこぼしていた。
それに気付いていない羽生ではないだろう。
徐々に唇も指も下半身を目指して下がっていく。
近付くにつれ、気持ち良さと羞恥で春日の脳裏は思考能力を失いそうだった。
黒い茂みから勃ちあがるソレに、不意に羽生の掌が触れた。
根元からゆっくりとさすられる。
「…っ!!」
ますます身体が硬くなる。
人の手とは何故にこれほどまで刺激的で快感を煽ってくるのか…。
「ふっんっ…」
快感を逃す為に緩く呼吸をしたつもりだった。
「春日、可愛いね」
春日の股間に手をあてたまま、顔を覗きこんできた羽生と視線が絡まる。濡れていることを素直な反応、とまでは捉えられなかった春日は咄嗟に視線を反らしたく、ぷいっと横を向いた。
そんな仕草すら刺激するものだと言いたげに、横顔にキスの雨を降らした後、羽生はスーと体をずらして、春日の大事な部分を口腔で覆った。
「あぅ、…羽生さんっ」

こうなるとは分かっていても、いざその時を迎えれば落ち着きなどありはしない。
羽生はもう、春日の言うことに答えてはくれなかった。ひたすら感じさせようと舌を巧妙に使いだし、春日を追い上げていく。
竿の部分に丁寧に舌を這わせ、鈴口を舌先で広げようとする。
零れ出る体液を指に絡ませて、陰嚢から後孔までの敏感な部分を何度も指で擦った。
「はぁぁ、っ、…う、い…せ…さ…」
今にもはち切れそうな性器を咥えられて、後光をツンツンと刺激されて…。春日の思考はチカチカと光を帯びてきた。
「一度イっとく?」
ひどく冷静な声に余計に羞恥心が湧きあがる。
かろうじてぷるぷると首を振ったものの、全てを見通されていた羽生に敵うものなどない。
ふぅ、と笑った羽生の笑みすら見えた気分だった。
だけどそれは決して蔑みではなく、自分が追い上げたことの満足感なのだろう。

再び口腔に入れられ、絞り取られるように窄められた中では、春日の理性などこっぱみじんに吹き飛んだ。
せり上がってくる内側からの熱を放出し、荒い息をつくすぐそばで、嚥下する喉の動きを見つめる。
と、同時に解放感とはまったく違う焦りが全身を襲った。
「う、羽生さんっっっ!!!」
「なに?」
いたく冷静なその態度が気に入らない。
間違ったことは何一つしていないという、堂々たる態度には返す言葉の一つも見失う。
…だからって、いきなり、飲み込むことないじゃん…。

春日の慌てふためく心などどうでもいいように、羽生はサイドテーブルから潤滑剤だと分かるチューブを取りだしてきた。
なぜそれがここにあるのか、という、最大の疑問はさておき、触れてくる羽生の指の動きがあまりにも優しくて、春日は再び、トロンとした世界に誘われていく。
「あっ、あっっ、…あぅ…」
先を急がない丁寧な動きには、春日の方が焦れそうだった。
こんなところにも人柄が表れているのだろうか。皆野に簡単に暴いてしまうような強引さを持ちながら、反面でどこまでも気遣う態度を見せる。
春日に『素のままでいい』と言ったように、羽生にもありのままの姿を見せてほしかった。
例え、欲望や嫉妬などの感情に溢れていたとしても…。
むしろ、そんなふうに落ち着きを無くす羽生を見てみたい。
それを知ることで、思われていることの真髄を見られるような気がした。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
設定を間違えて広告が入るようになってしまいました…。しばらくの間はずせないので、ちょっと我慢してください。すみません…。
関係ありませんが大昔の旅日記を別宅に貼りつけました~。ご覧になりたい方だけどうぞ~→別宅

BACK← HOME →NEXT
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-06-17-Fri 15:45 [編集]
さすが羽生さん慣れてますよね
がっついたり、変に焦らしたりせず
じっくりやさしく・・・
でも、初心な春日チャンにしてみたら
落ち着き払った大人な相手に落ち着かないっていうか
いたたまれないみたいな感じ受けてもしょうがないですよねぇ
・・・羽生さんほどほどかわいがってね~
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-06-18-Sat 08:36 [編集]
甲斐様
こんにちは。

> さすが羽生さん慣れてますよね
> がっついたり、変に焦らしたりせず
> じっくりやさしく・・・
> でも、初心な春日チャンにしてみたら
> 落ち着き払った大人な相手に落ち着かないっていうか
> いたたまれないみたいな感じ受けてもしょうがないですよねぇ
> ・・・羽生さんほどほどかわいがってね~

大人な羽生さん♪
春日、ウブなのかなぁ…。結構大胆な子だと思いますよ。(まぁ、そこはタカとは全く違うんで…)
羽生にもっと乱れてほしい…っていうのはあるのでしょうが。
そんなところを見て安心できるのではないでしょうか。(知ってるのは俺だけ~みたいな)
落ち着かない、うん。そんなところだと思います。
羽生が可愛がったら…ムヒヒ(o´艸`o)
コメントありがとうございました。


No title
コメントきえ | URL | 2011-07-28-Thu 10:16 [編集]
拍手コメ り様
こんにちは。はじめまして~。

>はじめまして。素敵な綴りかた、描写がとても綺麗で~引き込まれます。今までどうして読んでいなかったのか悔やまれます。 ドキドキキュンキュンしながら読んでます! 美しい男子同士の絡みはなぜにこう胸を高鳴らせるのでしょうか。 スマートな立ち居振舞いができる羽生はまさに理想です。またまいります~

(///∇//)そんなふうに言ってもらえるなんて…。
大したものを書いてはいないんです。
男の人が隣同士で並んでいるだけできゅんきゅんしますよね~。私も心臓がバクバクしますよ。
羽生をお気に召されてくださったのですか。ありがたいです。大人の男ですね~(〃▽〃)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2020/08 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2020 BLの丘. all rights reserved.