FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
チョキチョキ 11
2011-06-11-Sat  CATEGORY: チョキチョキ
休みの日はマンションにいることもあるし、近所になにがあるのかと車を走らせることもある。
羽生は特に干渉してこないが、外に出るときは、都合がつけば道案内も兼ねて一緒に出掛けてくれた。
丁寧なナビゲーターのおかげで、早いうちに近隣の地図は春日の頭の中に収まった。
目的の店を探して迷子になることもない。

交互に風呂に入ったあとリビングで、羽生がもらったという白ワインを嗜んだ。
L字型に置かれたアイボリー色の、ファブリック製のソファは肌触りがとてもいい。
羽生は職業柄もあるのか、美味しいと思える物ばかりを揃える。つまみとなるチーズやナッツをとっても、好みの銘柄はすでに存在し、春日ではまず手を出さない高価なものだ。
店でも食へのこだわりがある料理人が調理する食事はバランスがとれており、春日の胃を満たしてくれるものが出てくる。
それらを食べているので、春日も自然と味の良さが分かるようになった。

気分良く飲んでいればあっという間に1本があいてしまう。
春日も羽生も酒に弱いわけではなかったから、あからさまな酔いの態度にもならない。
「もう一本あるから持ってくるね」
「うん…」
「こういうのは一人で飲んでも美味しくないからね」
斜向かいに座っていた羽生が立ち上がってキッチンへと歩いていく。
この部屋に来てしばらくしてから羽生は、部屋の中での敬語禁止令を出してきた。
堅苦しくて好きではない、と表向きの理由だが、春日の神経を少しでも解したかったのだろう。
「店では『上司』だけど、家では『兄』だとでも思えばいい」と…。
春日のありのままの姿でいることを望まれ、また、今まで幾度も外で会っていたこともあり、羽生に対して打ち解けた面はあったから素直に受け入れられた。
部屋の中で緊張していたのは、一緒に住むことで迷惑がかからないか、と思ったからであり、羽生自身に向けられたものとは少し違っていた。
それは羽生に近付けたような優越感すら生んでいた。
だから、早く物件を探して出て行かなければ…と考えると、憂鬱になってしまった。
この空間がとても心地いいものに変わっているのだ。
いつまでもここにいるわけにはいかない…。
あくまでも、店に呼ぶために急いだ措置であることは春日が一番良く理解している。

2本目のワインもあらかたあいた、という頃、不意に羽生の携帯が鳴った。
「こんな夜中に…」
羽生はブツブツ言いながらも電話を手にしてリビングを出て行く。
時計を見れば0時を少し過ぎたところだ。
帰ってきたのが10時過ぎだった。自分たちの生活リズムの中では、まだ充分起きていると知る者なのだろう。
さらに明日が休みともなれば夜更かしもする。
親しい人からだったのか、羽生はすぐには戻ってこなかった。
静けさが漂う部屋の中、座り心地の良さと肌触りの良さに、春日はふとソファの上に転がった。
体を横にすると、ふぅっと力が抜けて行く。1週間の労働の疲れとアルコールの回りが感じられた。
このまま自室に入ってしまうのは悪いような…などと考えているうちに、睡魔が襲ってくる。
目を閉じたら、あっという間に意識が途切れた。

眠っていて寝返りを打つと何かの温かさを感じた。それと一緒に普段とは違う香りが鼻腔をくすぐる。
ふわりと目を覚ますと薄明りが差し込んでいるものの、全体はまだ暗い。
びっちりとカーテンで閉じられた部屋は自室ではなかった。
横向きになった春日の目の前に、寝息を立てている羽生の姿があった。
どうやら春日は羽生の腕枕で寝ていたらしい。
驚きよりも安堵が心を占めて行く。クンともう一度鼻をならす。
単に並んで寝ているだけなのに、包まれているような安心感が全身を巡った。
丸まるようにして、春日は再び眠りの世界におちて行った。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ぽちっとしていただけると嬉しいです。
春日、寝ちゃってる時ですか…ヾ(- -;)オイオイ


そういえば、キリ番がそろそろですか。早いな…。
BACK← HOME →NEXT
関連記事
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.