FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
チョキチョキ 4
2011-06-04-Sat  CATEGORY: チョキチョキ
数分の時を置かずに熊谷が姿を現した。
以前一緒に働いていた頃よりもずっと柔らかさが増した感じだった。客席に出る時の緊張感が見当たらない、打ち解けた雰囲気は、『副店長』という立場を離れたからなのだろうか。
「いらっしゃいませ」
客、というか、親しんだ仲でも向けられる笑みがこれまでとは違って非常に明るくて、一瞬、テーブルに座った3人とも『誰?』と思ったくらいだ。
「熊谷さん、なんか、変わった…」
ポツリと深谷が呟く。全員が思っていることだ。
「うん。磨きがかかってる」
「磨き?」
鳩ケ谷にまで言われて熊谷が首を傾げると、後から本庄が顔を出してきた。
「よう!元気にしてたか~?」
コックコートを着た料理人が顔を出すのは、この店では変に感じることもないのか、本庄の登場にも他の客はチラリと視線を送っただけで自分たちの世界に戻っていく。
「熊谷さ~ん」
鳩ケ谷が熊谷めがけて飛びつこうとするのを直前で本庄が遮った。
「おまえ、前科あり!」
「え~っ」
不貞腐れる鳩ケ谷の頭をぐりぐりしている本庄の姿は、過去の職場での見慣れた風景だった。
春日は、『あ~、やっぱり…』と内心で呟く。
公にはしなかったが、本庄と熊谷が性的な意味を含めて付き合っている、のだと改めて感じられる二人の関係が、今は自然と伝わってきた。
熊谷の頑なさがなくなったと言うべきか…。
端から見ていてもなんとなく、安心できる落ち着きが二人の間に漂っていた。

だからといって今更、熊谷たちのことを冷やかす気はなかった。今の光景を見ていれば、他の人も察するのが分かるし、店先で騒ぎたい話題でもない。
束の間近況報告を兼ねた話をして、本庄は持ち場へと戻っていく。
熊谷に『お勧め』を聞きつつ、オーダーを頼み(あまりにも種類が多くて本当に悩んだ)、そっとその働く後姿を眺めた。

故意的に、なのかどうかは分からないが、自分たちのテーブルは終始熊谷が担当してくれた。
ファミレスのように客を立たせることのないサービスの仕方は感心させられる。
こういったところの気配りはやはり、さすがだ、としか言えないが、その影で全ての客席に目を光らせている男がいることを知った。
もともと熊谷の気遣いの良さは承知しているが、それを上回る。熊谷も彼の指示を受けて動いているところが多いことにも気付かされた。
同じくホールに立つ人間だから気になる、といったところだろうか…。

「こういう、繊細な盛りつけってできるもん?」
鳩ケ谷が目の前に出された最後の、プレートに乗ったデザートを前に感嘆の声をあげる。
ケーキとアイスがホイップとソースで飾られているだけだが、見た目だけで豪華さを表していた。
ファミレスで出すものとは明らかに違った盛られ方には、『職人』としての意気込みが感じられるほどだった。
「それだけ技術力が高いってことでしょ」
このレストランが繁盛する理由が理解できる、といった感じで深谷が唸っている。
決められたことをやりこなすだけの今の職場とは違いすぎていた。

この後の深谷の勤務のこともあったので、あまり長居することもなくレストランを出ることにした。
「熊谷さ~ん、また一緒に飲みましょうね~」
鳩ケ谷が懐くのを出てきた本庄が阻止している。
それらを他の店員を含め、皆でクスクスと笑っているところが、この店の労働環境の良さを物語っていた。
熊谷の中で巣食っていたものが剥がれたのは、全ての人間の繋がりがあるからなのかもしれない。

春日が代表して会計をしていると、全てを見つめていたような男が金の受け渡しをしながら語りかけてきた。
「君は接客に携わる方かな?」
最初の頃の堅苦しい言葉使いではないのは、熊谷と本庄の存在があるからだろう。
寄り添ってくるように語られる口調は嫌ではなかった。
突然の問いかけに春日の中で疑問符が浮かぶ。
「え、えぇ。はい、そうですが…」
「やっぱりね。店の動きを良く見ていたから、そうかな、と」
クスリと笑った笑みには嫌味も何も感じられなかった。
それよりも、春日の方に、盗み見をしていたような後ろめたさが湧いた。
「君の目は実にいい」
咎められるかと思いきや、褒められるような口調に何のことかと春日は思わず首を傾げた。
同じ時に、「てめーら、とっとと帰りやがれっ」と蹴るマネをした本庄の声で、全員の視線がそちらを向いた。
鳩ケ谷と深谷がよってたかって熊谷にちょっかいを出していたらしい。
「圭吾君、客席でそういうことは口にしない。本日はありがとうございました」
責任を取るような男の穏やかな声が腰を折る姿勢とともに発される。
ニコニコと笑っているところを見ると、他の客の手前…といった感じなんだろう。

「また来ますね~」と挨拶を済ませて、3人は帰る車に乗り込んだ。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ぽちっとしていただけると嬉しいです。

秘様 旅日記楽しく読ませていただきました。羨ましいことです~。
そして、今頃になって気付いた…。埼玉県、なんでこんなに『谷』が多かったの.....(;__)/| (みんな似た名前になっちゃったじゃん…)

BACK← HOME →NEXT

読みかえしている方なんかいないだろうなーーーーと思いつつ。『真っ赤なトマト』の→番外に曲をはりつけ、ついでに、別宅にも張ってきました。
なんとなく、孝朗のイメージであって…。
無駄足踏ませてしまったら本当にすみません。
関連記事
トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2011-06-04-Sat 08:40 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-06-04-Sat 10:17 [編集]
秘コメ様
こんにちは。
もしかして転用されるのが嫌だったかな…と思って今回は全て伏せさせていただきます。
(すみません。他の読者様も読んでくださる方がいて、話の通りが良いように、いつもお名前だけ伏せて、この書き込みに対してのお返事…という形を取らせていただいておりました。)

もう、幸せいっぱいを撒き散らしているような孝朗と圭吾でしたね。
そんなの見せられたら、みんな気付いちゃいますよ。
でもって、何もかもを受け入れてくれる職場、本当に恵まれております。

なかなか市町村名って気付かない方もいらっしゃいますよね~。
我が家は考えるのが面倒なので、ほとんどに地域名が入ってます。
今回はこだわって(?)埼玉県に絞ってみましたヽ(゚∀゚)ノ ←
気付いた方は、あちこちに(読み方が違っても)散らばっていることに呆れていたかもしれません。

トルコは、私がローマ遺跡にハマるきっかけを作ってくれた国でした。
エフェソスとかトロイとかね。(遺跡巡りはこれが初めてでした。今考えると無知すぎてあまりにももったいないことをしました)
そして次にギリシャに飛んだのです(原点だ、と勝手に思ってた…)
オリンピックが開催される年でしたから、発掘された遺跡(?土器とか?)どんどんと見なかったこととして埋め立てられていた時でした。
EU加盟となってから変わったこともたくさんあると思います。
うん。伝統も精神も、残してもらいたいものは多いですよね。
何度もコメント、本当にありがとうございました。とても楽しいです。
埼玉だったんだ~
コメントさえ | URL | 2011-06-04-Sat 12:47 [編集]
今日になってちょっと地名っぽいとは思っていたけど、全部埼玉だったんですね~。
登場人物名考えるの大変そうですものね~。
チョキチョキの謎はいつわかるかなぁ~?
今後の展開が楽しみです。
Re: 埼玉だったんだ~
コメントきえ | URL | 2011-06-04-Sat 13:50 [編集]
さえ様
こんにちは。
はい、地名で付けた名前ばっかりです…(冷汗)

> 今日になってちょっと地名っぽいとは思っていたけど、全部埼玉だったんですね~。
> 登場人物名考えるの大変そうですものね~。
> チョキチョキの謎はいつわかるかなぁ~?
> 今後の展開が楽しみです。

ははははははヽ(゚∀゚)ノ
名付けは本当に苦労します。
今までもあちこちの地名をかっさらってきましたけど、今回は…。(一県集中)
しかもあとから出てくる名前までどこかで聞いたことがありそうなものを…。
気付かれた方、どれくらいいらっしゃったのかな…と…。
チョキチョキの意味はね、あと、もうちょっと先で…。
楽しみにしてくださって嬉しいです。
コメントありがとうございました。
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-06-05-Sun 01:25 [編集]
圭吾くん独占欲と嫉妬全開ですね~

ああー愛されてかわいがられて、輝いちゃって
幸せいっぱいなトマトくんなのね
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-06-05-Sun 06:37 [編集]
甲斐様
おはようございます。

> 圭吾くん独占欲と嫉妬全開ですね~

もう、圭吾ったら~。
いろいろお手付きされるから必死ですね(笑)

> ああー愛されてかわいがられて、輝いちゃって
> 幸せいっぱいなトマトくんなのね

だいぶ雰囲気が変わったようです。
すっかり色づいたトマトですね~。
調理師、さすがです(ムフフ)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.