FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
チョキチョキ 3
2011-06-03-Fri  CATEGORY: チョキチョキ
春日が熊谷にレストランの状況を尋ねると、確かに女性客が多い店らしい。
だがディナータイムはカップルも増えて、男性客も増えていると言う。
ともなれば、必然的に赴きたい時間帯は夜であって、鳩ケ谷を言いくるめることにした。
『来てくれるなら奢ってあげるよ』
案の定、熊谷からは予想していた言葉が返ってきて…。もちろん丁重にお断りする。
いくらなんでも図々しすぎると春日は思っていた。
多少の割引、というのであれば分かりはするものの、『会計の伝票を引っ込められるのであれば行けない』、と。
鳩ケ谷に伝えれば大喜びなのだろうが…。

次ぐ日の休憩中、張りだされたシフトのスケジュール表とにらめっこをしているところに、深谷が顔を出してきた。
休憩室は厨房のすぐそば…というより、丸見えの状態なので、話しかけられることは多かった。
「鳩ケ谷から話を聞きましたよ! 行きますっ!!俺っ」
この男もやたらと人懐っこい。年が近いという点で鳩ケ谷とも気があっている。
元気な姿に、片や休憩中、片や勤務中という状況をそっちのけで話が進んだ。
「行くんだったら夜でしょ、と思っているんだけど。深谷さん、寝る時間がなくなっちゃうと大変でしょ?」
深谷の勤務時間はあまりにも不規則だった。次の出勤まで9時間もない、などザラである。
単純に仕事が入っていない時間、と探したところで、束の間の休息時間を奪うのはどうかと考えてしまう。
熊谷たちが働くレストランは車の移動でも1時間は要した。往復の時間とレストランで食事をすることを考えると全員が完全に余裕のある時がいい。
「問題ないっス。つぅか、早く行かないとメニュー変わっちゃいますよ」
「いや、あそこの店、常に変わってるらしいから…」
慌てて行く必要はないと宥めてみるのだが、一度話題として持ちあがってしまったことに気が急いてしまうのは人としての性なのだろうか。
新しく出されるシフト表を待って、3人一緒に休みにした方が無難ではないだろうか、と春日は考えていた。
その提案を見事に深谷が打ち砕いてくれた。
一緒に予定表を眺めた深谷はある日を指さす。
「この日は? 俺、朝10時上がりだし、次も夜11時からだし、鳩ケ谷休み、所沢さんもランチタイムだけでしょ?」
夕方の早い時間に行けば戻ってこられないこともない。

結局深谷が押し切る形で、そして鳩ケ谷の同意もあって、春日は1週間後のその日に車を走らせることにした。


辿り着いた店は清潔感あふれる、明るい造りだった。
ファミレスとは違って席数が多いわけでもないが、所々に観葉植物なども置かれて、人の視線を遮る空間もある。
ディナータイムと呼ぶにはまだ早い時間のせいか、客もちらほらとしか見受けられなかった。
チラリと店内の様子を伺うが熊谷の姿は見当たらない。奥で作業をしていれば当然のことと、春日はテーブル席に案内されるまで口を開かなかった。
客層を知る人間なのか、出迎えてくれた凛々しい顔つきの、少し年上かと思う男は、男3人の自分たちを一番奥の席へと案内してくれた。
ある意味、目立たなくて済むことに、少しホッとする。
その男が一礼して離れて行く前に、ふと問いかけた。
「すみません。熊谷さんは本日いらっしゃるのでしょうか?」
一応事前に連絡はしてある。
それでも過去の気遣いを知る春日には、当然待たれていると思っていただけに、迎えられなかったことの違和感を覚えた。
常に客席に視線を走らせていた頃の姿が今でも脳裏に残っている。
この客の少ない中で、春日たちの姿を見れば顔を出して来る行動が、これまでに知った熊谷である。

案内してくれた男が微笑んだ表情のまま、少しだけ眉を揺らした。
「熊谷をご存知ですか?」
ものすごく丁寧な語り口調だ。それでいてさりげなく、こちら側の様子を伺っている。
話を切り出したのは春日だが、まだ若い目の前に座った鳩ケ谷と深谷に視線を回し、全員が求めているものを瞬時に嗅ぎとっている。洞察力の高い人間だとは、接客慣れした春日も知れた。
落ち着いて尋ねてくる態度に、過去の職場であるファミレスで共に働いていたのだと伝えると、「本庄もお呼びしましょう」と状況をすぐに察してくれた。
「え、でも、お忙しいのなら…」
「せっかくお越しくださったお客様に顔を見せない方が失礼ですよ」
柔らかく微笑んですぐに立ち去って行く。
あまりにも堂々とした後姿に、春日は接客する上での見本を見た気がした。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ぽちっとしていただけると嬉しいです。
まだ進まない…なかなか進まない…。いつになったら展開が…(汗)

BACK← HOME →NEXT
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2011-06-03-Fri 09:49 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 3度目の…
コメントきえ | URL | 2011-06-03-Fri 10:46 [編集]
秘コメ様
こんにちは。

> 実はチョキチョキになってから2回連続でコメントが送信前に行方不明になりまして――2度目などは4ケタの数字まで打ち込んだ直後に出奔されました…orz
> 長過ぎたんでしょうか…

なんですと~~~~~!!!!!
なんて残念な。・゚・(ノД‘)・゚・。
お手数をおかけいたしました。

> とうとう、過去のタカを知る第3者の目から現在のタカが語られるんですね…わくわく
>
> 圭吾の欲目を抜きにしたら、どんなふうに変わって見えるんでしょう。楽しみです。

はい。違いが顕著に表れていることでしょう。
他人視点から覗くっていうのも、おもしろいかもしれませんね。
ただ、それを書けるかどうかが問題なだけで…。

> 過去二回送信できなかったコメントには今更ですが「真っ赤なトマト」に関してちょっと書いていて…
> トルコ旅行のことについてだったんですが、きっとそんなもん今頃送らなくていい、という天の配剤だったんでしょうw

いやいやいやいや、読みたかったです。・゚・(ノД`)・゚・。。
何で消えてしまったのか…。残念で仕方ありません。
なんか、マズイこと、また、書いちゃったのかな…(不安←いつも嘘っぱちを書いてる…)
秘コメでも何でもいいです。もう一回書いていただけるとすごくうれしいです。
皆様からのお言葉で支えられていますので…。

> きえ様あちこちに旅行されていたご様子だから、これからも是非ストーリーに盛り込んで下さるとうれしいです。
> いや…保育園の遠足には不向きかも知れませんがw

旅日記みたいになっていて、BL要素も何もねぇぇぇと文句言われそうな話ばかり書いてます。
こんなのでも読んでくださる方がいると思うと嬉しいです♪
はい、保育園の遠足先としては向きませんね(笑)
(あいつらは遊具がないと…さらに迷子…)
コメントありがとうございました。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2011-06-03-Fri 11:19 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-06-03-Fri 12:29 [編集]
秘コメ様
再びありがとうございます。

> うわわ
> >なんか、マズイこと、また、書いちゃったのかな…
> 違います、違いますっ!
> トルコ憧れの地なんですが行ったこと無いですし、そういう方面のこと書いたわけでは!

マズイこと、書いてないですよ~。
憧れの地だったのですか~。
未知なる世界は私もすごーーーーく惹かれます。
こんなことにまで食いついてくれて嬉しい限りです。
なんか、ソレ的なことをコメしてくださったのかしら…。
マジで読みたかった…。・゚・(ノД‘)・゚・。

> 実はトルコのお隣、ギリシャで似た体験をしたことあります、といったような内容だったんですが、今から出掛けます(汗っ)
> 帰ったらになりますが、「秘コメで」(笑)送らせて頂きますね。

おー、ギリシャ―。
私も大慌て観光でめぐってきました~。
どこか似たところがありますよね。さすがに隣国。
はい♪待ってマース。秘コメでもメルフォでもいいですよ~。
旅日記、聞けるのは本当に好きなのです~ヽ(゚∀゚)ノ

> 取り急ぎ――
> メモ的なコメントですからレスは不要です<(_ _)>

ごめんなさい。嬉しすぎてレスしちゃったヽ(゚∀゚)ノ
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.