FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
馴染み
2011-05-31-Tue  CATEGORY: 真っ赤なトマト
越谷羽生(こしがや ういせ)はあるシティホテルのフロントに近付いた。
改装されたばかりの30階建てのホテルは清潔感があり、広々としたロビーの床には大理石が敷かれている。
フロントの正面にはエレベータ機が3台並んでいた。
もう夜も遅い時間だった。

フロントには2名の男が佇んでいた。
一人は自分と同じ年の、ボディガードにでもしたくなるような逞しい体格の男だ。もう一人の男は40代になった、業務に慣れた手付きの男。
羽生が現れると、年老いた方の男が、がっちりした男、草加皆野(そうか みなの)に「上がれ」と指示を出した。
深夜に訪れる客も少なく、今の時間帯に2人の人間が必要ないのは羽生も理解していた。
草加の勤務時間は知っていた羽生だったから、この時間にきたことであり、羽生を待つまで、労働時間外の勤務を続けていたらしい。

このホテルは羽生がかつて勤めていた場所でもある。
それなので、従業員の一部に面識はあった。

二人はそのまま、最上階にあるラウンジに向かった。
かつての同僚と時にこうして話す場を持った。
人付き合いを疎遠にしたくない羽生の意思に、周りの人は付き合ってくれる。

「おまえの店、順調そうだな」
始まる会話はどうしても仕事の話が多かった。
草加とは気さくな話で盛り上がれる。気を使う必要がないところが、羽生が安らげるところでもあった。
「このホテルも結構な人気があるようで」
改装されたばかりのホテルは、自分が以前勤めていただけに気になってもいた。
さりげなく口に乗せれば苦笑がかえってくる。
「あぁ。隣に結婚式場も備えたしな。結納から何まで全部一括して取り入れるプランも入れたし」
「そこから流れてくる客か?」
皮肉を込めた台詞も、草加の耳を素通りした。
「リピーター、結構多いよ。確かに式で訪れたことがあるって客もいるけどさ」
売り上げを伸ばそうと四苦八苦するのはどの企業、店も同じだ。
その為に細心の注意を払っていく。
一番にやってくるフロント業務の大変さは、羽生もすでに知っていたし、今の仕事でも感じていた。

売り上げに関しての話が進むのは職業病なのだろうか…。
「羽生のとこだって、二次会とかで貸切、受け付けてるじゃん。そういうの、活かせないの?」
「んー。パーティー料理とはまた異なるからね。でも料理の味に再来してくれる人はいるかも」
「おっさんも創作するの、好きだからな~」
草加は馴染みがあるだけに、羽生の伯父である越谷の事を良く知っていた。
ここで働いていた羽生を引き抜いたのは、紛れもない越谷である。
他店で接客のノウハウを身に付けた羽生を連れ去るのはどうかとも当時は思ったが、直接客と接触をはかれるレストランは、ホテルのフロント業務よりもずっと羽生に合っていたらしい。
活き活きした姿を見られるのは草加にとっても悪いものではなかった。

「もう一人、創作するのが好きな子が入ったよ」
羽生の言葉に草加が目をパチクリとさせた。
「新しい人、入れたの?」
「入れたね。探究心、すごいんだ」
「うっわ。おっさん、超気に入りそう」
越谷の性格を見抜いている草加は感心した面持ちで相槌をうってきた。その態度に羽生も苦笑を浮かべる。
食に関しては、自分では到底分からない、奥深いものがある。
まだ若い(?)のに、いや、若いから色々と試そうとするのだろうか。
思い浮かべてはクスリと笑みがこぼれる。
「そう。あと一人、可愛い子がホールに入ったんだ」
「あー、まさか、狙いつけたとか?」
悪戯っ子のような視線が羽生を見据えた。
羽生の性癖はすでに知った草加が興味津々に尋ねてきた。
いつも好みは似ていたが、激しく言い争うようなこともなく、遠くから眺めて目の保養にしていた二人はどこかで気が合う。
「見事に振られた。…というか、その『探究心君』のお相手だったんだけど。最初から勝ち目なし。分かっていたんだけどね~」
「なに?揃って雇ったの?」
「伸治さんが言うことに逆らえないでしょ。それより、本当に良い働きする子だよ」
あえて本気ではなかったという言い回しに草加も可愛がりたいだけの存在なのだと察する。
「へぇ。見てみたいな」
「うん。見においで」
「というより、羽生が望むのは売上だろ―――」
「ばれたか」

にこやかに夜の時間が進む。
愚痴を吐き出せる場所。気楽に会話をできる場所。
自分の操る店とは違って気負いのない空間に羽生の心も癒されていく。
こうして出迎えてくれる人がいるところも、羽生のお気に入りだった。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ぽちっとしていただけると嬉しいです。
ラブ物語じゃないですよ~ただの番外ですよ~出てきた二人ともタチですよ~ただの会話ですよ~。
書けないから苦し紛れになんか書いた…。
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントけいったん | URL | 2011-05-31-Tue 13:33 [編集]
ちょっと 期待したけど...エヘヘ(*´・∀・`*)ゞ

でも 羽生と草加の ”攻め”同士の話しは すっごく興味あり!

苦し紛れにしては 面白いから OKでしょ♪
(*^ω^)ノ" byebye☆
おはようございます
コメント史生 | URL | 2011-06-01-Wed 05:18 [編集]
おはようございます
苦し紛れでも書けるのは偉いです。
昨日はRが進まず、苦し紛れに星を見に逃避行してました(^^;)、やはり慣れないことはするものじゃありません(笑)
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-06-01-Wed 06:53 [編集]
けいったん様
おはようございます。

> ちょっと 期待したけど...エヘヘ(*´・∀・`*)ゞ
>
> でも 羽生と草加の ”攻め”同士の話しは すっごく興味あり!

期待させてしまってすみませ~ん。
おー、興味を持たれましたか~。
でも続かない…(?!)

> 苦し紛れにしては 面白いから OKでしょ♪
> (*^ω^)ノ" byebye☆

そう言っていただけると嬉しいです♪
コメントありがとうございました。
Re: おはようございます
コメントきえ | URL | 2011-06-01-Wed 06:55 [編集]
史生様
おはようございます。

> おはようございます
> 苦し紛れでも書けるのは偉いです。
> 昨日はRが進まず、苦し紛れに星を見に逃避行してました(^^;)、やはり慣れないことはするものじゃありません(笑)

あら、こんな朝早くからお越しくださったのですね。
萌えも何もないな~と思いながら書いてました…。
Rは私も苦手でなかなか進まないです。
逃避行で星ですか~。ロマンチックですね~。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.