FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
真っ赤なトマト 番外編
2011-05-29-Sun  CATEGORY: 真っ赤なトマト
R18 後半性描写があります。閲覧にはご注意ください。

3年前、初めて出会った。
24時間営業のファミレスは常に人が足りない状態で、特に、店を任せられるほどの責任を負える社員は少ない。
契約社員などと名目を打ってやる気を起こさせるが、完全に任せられるよう育て上げるまでには時間を要していた。

他の店から借りた、ホールに置く深夜用の社員の男は、すごく真面目な動きだった。
上司がいるわけでもないこの時間に、そこまで堅苦しくしなくてもいいだろうと、圭吾は半ば呆れていた。
自分のやるべきことをさっさと終わらせ、特に決められているわけでもない休憩時間に雑誌を読み、転寝をする。
熊谷(くまがい)と名乗った男が、そんな圭吾の行動を良く思っていないことは、すぐに知れた。
だけど、これが深夜という時間に長く身を置く人間にとって、職場を自由にできる休息でもあったのだ。

共に働くようになったのは1年前。
一緒に働くようになって、どこまで気を張り詰めているのかと心配になった。
もうその時には『副店長』という、責任ある立場に追い込まれていた。
改めて知る、『同い年』に少しずつ打ち解けていく。最初に抱いた嫌悪感は働くうちに信用に変わって消えていった。
さりげなく触れる仕草に、極端に反応してくる姿が圭吾の胸を貫いた。
真面目と共にある無垢な心。
誰にも汚されたくないと願う存在。

客商売なのだから仕方ないが、アルバイトなどの従業員にまで対して、頑なに規律を守ろうとしなくてもいいだろうと、心の拠り所を与えたくなる。
彼の、孝朗の張り詰めた神経を解放してあげることはできないのか…。
圭吾は共にする時間があるたびに、自分の『素』を晒し、孝朗の緊迫感を解こうとした。
そんな時に引き抜きの話が舞い込んでくる。
『本庄の探究心をうちの店で発揮しないか?』
ありがた過ぎる言葉に心が引き寄せられた。同時に残していく人が心配だった。
孝朗はずっと気を許すことなく、この世界に佇んでしまうのか…。
改めて気付く、相手に馳せた想い…。

越谷に、「ホールに人を入れてもいいか?」と話を通した時に、彼は「人による」と否定はしなかった。
接客が好きな孝朗の職を取り上げたくもないし、活かせる場所があるなら、少しでも楽な方へ移してやりたい。
責任を追うという立場は変わってしまうから、もしかしたらやりがいを失ってしまうのかもしれないと不安はあったが、自分についてきてくれる、という返事をもらった時の喜びは、言葉にはできなかった。
共に伝えた恋愛感情への返事も兼ねている。
何があっても絶対に守り抜いてやろうと、愛しい思いが滾っていく。
自分の傍で、安らかな呼吸をしてくれたらいい。



体に触れられるだけで照れを纏っていた孝朗が、今、ベッドの中で圭吾の股間に顔を埋めていた。
座った圭吾の足の間に蹲って、ぎこちなく舌をのばしてくる。
こんなことをしてもらえる日が来るなど、圭吾は夢の中でも思っていなかったかもしれない。
熱い口腔内に入れられるだけで先走りの汁が孝朗の口を濡らした。
「タカ…。もう、いいよ。俺、耐えられんないや…」
孝朗の髪を梳き、顔を引き上げさせる。
今日の孝朗はどことなく大胆だった。
路上でくちづけを交わした時から、…いや、その前から疼くものを纏っている。
居酒屋でキスをしてしまったことも関係しているのだろうか。
抱き上げ、赤く熟れた後孔に圭吾自身を当てた。
「圭吾…」
酒を飲んだから余計なのか、舌足らずな口調が尚更孝朗を幼いものへと変えていく。
見た目の細さも、自分と同い年とは思えない。
「タカ…」

いつもこうして寄り添っていよう、と圭吾は硬くなった雄芯を孝朗の中に挿入した。
「あぅ…っ」
愛しい声…。
しがみついてくる腕と孝朗の体に回す腕に力がこもっていく。
熱い胎内が圭吾を迎えてくれる。
『離したくない』…。そう、訴えるように…。

淋しさの中で生きてきた人を知っている。
異動ばかりで心の拠り所など持てなかった人。
傍にいる。…告げたい思いを込めて孝朗の体を貫いた。
仰け反る首筋にくちづけを落とす。きつく吸い上げると、赤い花が咲いた。

「好き…」
青いトマトは圭吾の腕の中で赤く染まっていった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ぽちっとしていただけると嬉しいです。
番外書いてみました~ヽ(゚∀゚)ノ
あまり意味のない 圭吾編…


45←
関連記事
トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-05-29-Sun 14:53 [編集]
とろとろに溶かされた完熟トマトですね
まだ発展途上のトマトくんはこれからどんなふうに変貌していくのか見守っていきたいです
もちろんお仕事中もですけど、料理人に調理されていく所とか特に。。。ね
コメントかすり | URL | 2011-05-29-Sun 18:34 [編集]
コメするタイミングをずっと逃してましたが;;
だんだんと熟していく感じでニヤニヤしながら読んでましたv
題名考えるのって大変ですよね(;^_^Aラスト考えて矛盾しないようには考えますけど脱線してしまう(;-_-+
次もニューキャラでしょうか?楽しみにしてます♪
No title
コメントけいったん | URL | 2011-05-29-Sun 20:58 [編集]
きえ様、番外編だなんて 嬉しい~♪

圭吾が 孝朗を 意識し始めた切欠が お披露目!
な~るほどね( -Д-) ゚Д゚)フムフム

最後は 甘いRで 終わりとは ☆。.(〃・ω艸)ェヘヘ♪...byebye☆
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-05-30-Mon 08:08 [編集]
甲斐様
おはようございます。

> とろとろに溶かされた完熟トマトですね
> まだ発展途上のトマトくんはこれからどんなふうに変貌していくのか見守っていきたいです
> もちろんお仕事中もですけど、料理人に調理されていく所とか特に。。。ね

しっかり熟れたようです。
ええ、食べごろになっちゃって圭吾の心配も増えるでしょうが、そこはしっかり網を張ってね。
美味しそうなものにはすぐ虫がついちゃうから。
>これからどんなふうに…
どう調理されていくんですかね~。
コメントありがとうございました。
Re: タイトルなし
コメントきえ | URL | 2011-05-30-Mon 08:16 [編集]
かすり様
おはようございます。

> コメするタイミングをずっと逃してましたが;;
> だんだんと熟していく感じでニヤニヤしながら読んでましたv
> 題名考えるのって大変ですよね(;^_^Aラスト考えて矛盾しないようには考えますけど脱線してしまう(;-_-+
> 次もニューキャラでしょうか?楽しみにしてます♪

楽しんでもらえたようで良かったです。
苗だった孝朗も実をつけて色もつけてきましたね。
題名と登場人物名はすごく悩みます。
脱線はよくしてますね~。
私はもともとプロットを持っていない人間なので、タイトルに見合った内容に持っていくのが大変です(>_<)
次のお話、まだ何も考えていないんです~。
何かキーワードを探してこないと…。
コメントありがとうございました。
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-05-30-Mon 08:24 [編集]
けいったん様
おはようございます。

> きえ様、番外編だなんて 嬉しい~♪
>
> 圭吾が 孝朗を 意識し始めた切欠が お披露目!
> な~るほどね( -Д-) ゚Д゚)フムフム
>
> 最後は 甘いRで 終わりとは ☆。.(〃・ω艸)ェヘヘ♪...byebye☆

ふと、そういえば圭吾のこと、なーんも書いてないな~と思って突如考えました。
どっちか視点でいっちゃうと中々相手側が見えてこないですから~。
ちょっと強引に繋ぎ合わせた部分はあるんですけど…。(だから通しで読まれると後でボロが出るんだ…汗)
あとは最後はエチが良かったのかな~と少し思ったので書いてみました。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.