FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
真っ赤なトマト 15
2011-04-25-Mon  CATEGORY: 真っ赤なトマト
孝朗が顔を真っ赤にさせて、どう返したらいいのかと焦る姿を、圭吾はクスクスと笑いながら見下ろしている。
「テーブルのセッティングしといて。冷蔵庫の中にワイン買ってあるから。って言ってもその辺のグラスしかないけど。そのうち、もうちょっと小洒落たものを買いに行こう」
いつものようにからかわれただけらしい。
うまく立ち回れないでいることを改めて痛感させられたようで悔しくもあったが、やることができたことと、ここから逃げられる口実を作ってくれたことに感謝もする。
圭吾は昼間、一度買い物に出ていた。もちろん食材を買いに行く為だったのだが、その時に購入してきたのだろう。
キッチンの一角にでんっと構えた冷蔵庫を孝朗は開けてみる。
アパートにあった2ドアの小さなものとは違って、両開きの大きなものだ。
ここの部屋に見合っていたが、この中に何が入るのかは想像もできなかった。
二人分の食材なんて高が知れているはずなのに、圭吾が一番に欲しがったものがこれだったので、文句も言わずに買わせた。
圭吾は皿を並べると手早く盛りつけに入っている。
サラダや鶏肉の煮込み、パスタなどがあっという間で完成した。手際の良さには心底感心する。
それより、この短時間でこれだけの物を作ってしまったほうに…というべきか…。
圭吾が簡単に調理道具を片している間に、孝朗はリビングのテーブルへと運んだ。

引っ越した当日にしては随分と豪華な料理だ。
それらを順に食しながら、この先にある休みをどうしようかと話は止まらなかった。
長いこと長期的な休みなどとることも叶わなかった孝朗と圭吾は、退社を理由に2週間という、初めての超大型連休を手にした。
これまで3連休でも取れればいい御身分だったのだ。
勤め始めればまたこのような機会に巡り合えるはずもない。
そのことを越谷に話をしたとき、豪快に笑われて「好きにすればいい」と寛大な言葉をもらってきた。
「ここに置く家具も買いに行かなきゃだしね」
だだっぴろいリビングには、持ちこんだ小さなテーブルが2つ並んでいるだけだ。
「なぁ、どっか旅行行かない?美味いもの、食いに」
「圭吾の頭の中って常に『食』なの?」
「タカ、パスポートある?」
「まさか、海外っ?!」
「こんな時でもなけりゃ、行けないだろう?」
「確かにそうだけど…。あるにはあるよ。卒業旅行で作った時のが、まだ(有効期限)残ってたはず」
「よしっ。明日ガイドブック買いにいこう」
「本気~???どこ行きたいの?」
「世界三大料理のどこか」
「どこだっけ?」
「中国、トルコ、フランス」
「確かにヨーロッパは休みがないと行けないな~」
半ば呆れ返りながら、圭吾の言いたいことも分からなくはないと納得する。
だが、どこの旅行会社だって、ツアーを申し込んで、「明日から行けます」なんて言うものはないだろう。
そのことを圭吾に話せば、「フリーでいいじゃん」というあっさりとした答えが返ってきた。
「飛行機乗れば行けるんだよ。タカ、英語話せただろう?それが通じればなんとかなるって誰かに聞いたことがある」
「話せる…ってあのねぇぇぇ…」
その発想がすごかった。
どこまでアバウトなんだ…と頭を抱え込みたくなるが、圭吾の中ではすでに確定事項のようだ。
確かに何をしようかと無駄に過ごすのはもったいない期間である。
添乗員に連れられてのお仕着せのツアーよりは好き勝手なことができるが、全ての責任が自分たちに降りかかる不安も拭えない。

食事を終えて、グラスに残った最後のワインを飲み干しながら、圭吾と二人であればどうにかなるのかと、思っていたりもする。
一人よりはずっと心強い。
しばらくそんな話を繰り返し寛いだあと、圭吾が立ち上がり食器類を片そうとするから、孝朗はそれを止めた。
「圭吾も風呂に入ってきたら?片付けくらいしとくし」
さすがに何から何までさせるのは心苦しい。
「ホント?じゃあ頼むよ」
にっこりと笑った圭吾がバスルームに向かっていく背中を見送った。

…えーと、圭吾が出てきたらどう振舞えばいいのだろうか…。
再び、誤魔化してしまいたい悩みに襲われて、一人顔を赤くする。
一人、先に自室に入ってしまったら、ひんしゅくものなのだろうか…。
孝朗はあれこれと考えながら、食器を持ちキッチンへと向かった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
また足踏みしてRになんなかった…。次回こそは…。
そして、本日キリ番、いきますかねー?


14← →16
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
111111おめでとうw
コメントお嬢 | URL | 2011-04-25-Mon 19:16 [編集]
きえ様。111111Hitおめでとう。
そして栄えあるキリ番アタシが踏み踏みしました。
本当嬉しいです(‥、)うれし涙で眼鏡が曇りました。

リクエスト出すのは初めてでドキドキですが。
Ryu様と言う素晴らしイラストを描かれるお人がおられます。
アタシはそこの擬人化数字に萌えを感じて・・・
とうとう自分で話を書き出してしまうほど萌えてしまいました。

その萌えを、きえ様も書けばさらに倍増すると。おねだりしても宜しいかしら?
「Ryu様の擬人化数字さんどのキャラでもOKで1話お願いします!」
11人も素敵キャラがいます。全員に設定がきちんとされています。
酷なお願いだと思うけど。読んでみたいから。お・ね・が・い(-人-)
では。キリリク楽しみにしております。

本当に沢山の読者に愛されるサイトです。
アタシみたいな新参者で申し訳ないですが。リクエストよろしくお願いしますねw
ではでは。最後におめでとうございました
Re: 111111おめでとうw
コメントきえ | URL | 2011-04-26-Tue 11:19 [編集]
お嬢様
こんにちは~。
Hit踏んでくれたのですね~。ありがとうございます。

> きえ様。111111Hitおめでとう。
> そして栄えあるキリ番アタシが踏み踏みしました。
> 本当嬉しいです(‥、)うれし涙で眼鏡が曇りました。

> その萌えを、きえ様も書けばさらに倍増すると。おねだりしても宜しいかしら?
> 「Ryu様の擬人化数字さんどのキャラでもOKで1話お願いします!」
> 11人も素敵キャラがいます。全員に設定がきちんとされています。
> 酷なお願いだと思うけど。読んでみたいから。お・ね・が・い(-人-)
> では。キリリク楽しみにしております。

Ryu様のあのイラストを…!!!!
おーっっっ!!!!そんな贅沢なお話を私が受けていいのでしょうか。
そうですね。キャラもたくさんいて、私も拝見させていただいただけで萌えてました。

> 本当に沢山の読者に愛されるサイトです。
> アタシみたいな新参者で申し訳ないですが。リクエストよろしくお願いしますねw
> ではでは。最後におめでとうございました

こんな拙宅にわざわざお越しくださいまして、また、リクまで頂いて感謝です。
考えてみますね~。すこしお時間ください。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.