FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
真っ赤なトマト 12
2011-04-22-Fri  CATEGORY: 真っ赤なトマト
目が覚めた時、孝朗はベッドの中にいた。隣で圭吾が眠りについている。
テーブルの両脇に、雑魚寝状態の所沢と鳩ケ谷が転がっていた。
到は部屋に帰ったのか…。
遅くまで話していたのか、自分と同じく酔いに負けて眠ってしまったのか、テーブルの上は散らかり、周辺にはゴミ袋にされた袋が幾つも転がっている。
…せっかく来てくれたのに、申し訳ないことをしちゃったな…。
孝朗は圭吾を起こさないように起き上がった。
布団の中で抱き枕よろしく腰を包まれていた手をといても、圭吾は起きない。
なるべく音を立てないように汚れた場所を片していく。
熟睡しているのが良く分かるほど3人とも一向に目覚めなかった。
一通りの片づけを終えて、一度自分の部屋に戻ることにした。物音が響いてくれば、最後に挨拶もできるだろう。

引っ越しの準備は少しずつしていた。もともと物が少ないので、圭吾の分とまとめて引っ越し業者に依頼している。
引っ越す先は同じ場所…。
隣り合った二つの部屋から出た荷物が同じ場所に向かうのだから、それも奇妙な話だ…と内心で笑みがこぼれる。
すぐにも異動してくる社員がいるのでのんびりともしていられず、明日には自分たちが出ていくのと入れ違いで次の社員がやってくる手筈になっていた。
午前と午後に分けられた引っ越し。途中でクリーニングまで入れるあわただしい作業時間を少しでもスムーズに送らせたい。

こんな風に転々とすることももうなくなるんだな…と思うと、残念なような、ホッとしたような気持ちだ。
この数年、慌ただしい日々だった。
今の店には2年勤務したが、半年で異動ということもあった。
回った店舗は6年の間で5本の指を数える。
それ以外にもヘルプなどで、赴くことが多々あった。
出会った人との触れあいは楽しかった。社員を始めアルバイトとも親しくなった人は数知れず。
出会いと別れが常につきまとった世界だった。

昼近くになって、隣の部屋のドアが開く音がした。すぐ後に玄関チャイムが鳴る。
返事をするよりも先に、鍵をかけていなかった玄関から圭吾が姿を現した。
「タカ、ごめん。掃除させちゃった」
「あぁ、ん?いいよ…。俺こそ先に眠っちゃってごめん。…所沢たちは?」
「まだ寝てる」
「そうなんだ。最後にちゃんと挨拶したいな、と思ってたから…」
「そうだな」
近寄ってきた圭吾がいきなり孝朗に両手をのばしてきて抱きすくめた。
チュッと額に圭吾の唇が押し当てられる。
こういったことに孝朗はまだ慣れていない。
「あ…、なに…?」
「所沢、たぶん、俺たちのこと、気付いてる」
「え?」
店の中でもこれまでと変わらず意識せず振舞ってきたつもりだった。
だけど、自分の気持ちが向かってしまえば自然と表れてしまうものだったのかもしれない。
過去の経験がないだけに、誤魔化しなどきかなかったのか…。
後悔するような孝朗に向かって、圭吾が苦笑いの表情を浮かべた。
「タカが寝ちゃったあと、さりげなく聞かれたんだ。一応誤魔化してはあるけど」
「なのに俺をベッドの中にいれたのっ?!」
やっていることが矛盾していると思った。圭吾だけがベッドの中に入って、孝朗などあの連中と一緒に床に転がしておけばよかったじゃないか…と。
まったく”誤魔化し”の意味がない。
孝朗としても、二人の関係をこれまで勤務してきた店に置き土産として置いて行きたくなかった。
それこそあれこれと噂をされ、根も葉もないことが尾ひれをつけて飛び回るはずだ。
顔向けができなくなる。
今後もいい形で付き合いたい人間はたくさんいた。
圭吾の態度はいつものように淡々としていた。
「あいつらに散々飲ませて寝ちゃった後のことだから」
「だからって途中で起きてられたら…」
「明け方まで飲んでいたんだ。大丈夫のはず」
「明け方?!」
とてもではないが自分が付き合えなかったことを知らされた。
というより、圭吾の体力のありかたに感心する。孝朗とほとんど変わらない勤務時間のはずだったのに…。
「はぁぁぁ、…圭吾眠くないの?」
「睡眠時間、数時間なんていうの慣れてるし」
ケロリと答えられれば自分もそうだったなー、と振り返る。
今まで生活が物語る、なんとも悲しい健康管理の仕方だった。
圭吾の腕が強く絡みついてきた。
太陽が降り注いでくる、明るい部屋の中で真正面に見ることがなんとも照れくさい。
「明日からゆっくりできる…」
それが何を意味するものなのか…。
「ん…」
孝朗は照れを隠す意味も含めて胸に顔をうずめながら小さく頷いた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
すみません、また足踏みしてます…。

11← →13
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントけいったん | URL | 2011-04-22-Fri 11:08 [編集]
孝朗と圭吾足踏み状態が、こんなに嬉しいことはない!

2~3日前の深夜 突然の停電でPCのデータが ぶっ飛ぶし、急な用事でバタバタするしーー(T▽T)  今も PC絶不調ー!
やっと 読めます(〃´o`)=3 フゥ 
でも コメを書き込むのにも(変換が変!) ひと苦労((;ω;))オロオロ
当分間 コメは書けないかもしれませんが、毎日楽しく 読ませて貰ってますので♪
ε-(=`ω´=) PCテメェ!!。。。byebye☆
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-04-22-Fri 11:15 [編集]
けいったん様
こんにちは~。

> 孝朗と圭吾足踏み状態が、こんなに嬉しいことはない!
>
> 2~3日前の深夜 突然の停電でPCのデータが ぶっ飛ぶし、急な用事でバタバタするしーー(T▽T)  今も PC絶不調ー!
> やっと 読めます(〃´o`)=3 フゥ 
> でも コメを書き込むのにも(変換が変!) ひと苦労((;ω;))オロオロ
> 当分間 コメは書けないかもしれませんが、毎日楽しく 読ませて貰ってますので♪
> ε-(=`ω´=) PCテメェ!!。。。byebye☆

自分でも足踏みしてる~、読者様ごめんなさーい、と思いながらのup…。
でも喜んでいただけたようで嬉しいです。
停電!!!大変でしたね~。
しかもPCの調子もよろしくないご様子で…。
がんばってくださーい。
コメなんていいですよー。どうぞご無理なさらずに。
貴重なお時間ありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.