FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
真っ赤なトマト 9
2011-04-19-Tue  CATEGORY: 真っ赤なトマト
「店を辞める」と口に出されたことはあまりにも意外で衝撃だった。
辞めていく人間は何人もみているから不思議なことでもない。
ただ、圭吾から発されたことにショックを覚えた。
圭吾はすでに退社する準備ができているのだと感じられる。つまり、孝朗との別れも意味していた。
いや、異動がつきまとう今の職場で、ずっと同じ店舗で働くのもありえない話なのだが、同じ会社にいるのといないのでは繋がるものが違ってくる。
頼っていたものを失うようなショックだった。
「何、言って…」
しかも自分が店を辞めたら、次に何の仕事に就くのだろう。
そんなことを考えたこともなかった孝朗には突然の話で、思考がついていかない。
「ずっと考えていたんだ。でもタカ、今の仕事、好きだろ?だから声をかけるのはどうかと思って…。できることなら今みたいに一緒に働いていたい。だけどあの店でそれは無理。勤務時間も異動も何もかもがすれ違いだらけだ」
孝朗だって、圭吾と一緒にいられる店の雰囲気は好きだった。
料理長に対するような緊張もなく、到のような危なっかしさもない。
料理を扱う場所にあって、圭吾はマニュアル通りの完璧さを見せてくれていたから安心できた。
「だからって急に辞めるって…」
「専門学校で知り合った先生がさ、今レストランを経営しているんだよね。その人に、声掛けられてんの、俺」
圭吾が調理が好きなのは知っている。こうして目の前に出されている料理を見ればひと手間かけられたものばかりだ。
決められたものばかりを作るファミレスよりも、自分の頭で考えて作り上げたいのだろうと思える。

テーブルの斜め前に座っていた圭吾が、そっと腰をずらして孝朗と並んだ。
伸びてきた手が孝朗を引き寄せて胸の中へとかき抱く。
呆然としていた孝朗はされるがまま大人しく圭吾の腕の強さを感じていた。
「こんなふうに、誰かに触られるタカなんか見たくないし…」
大宮に悪戯されたことを圭吾は引きずっていた。
圭吾も大宮もそうだが、ひとたび抑え込まれたら孝朗の力ではどうにもならない。
ただの悪戯で済まされている職場ではあるが、見る者からすれば気分の良くないものになる行動は蔓延していた。
「けい…ご…」
「本当は何も言わないで辞めようかなって思ってた。でもこの前、うちに泊まった時、タカ、すげぇ無防備だったじゃん。タカさぁ、他の人の前でやたら気を使ってるの、気付いてる?」
「え?」
「いろんな人間を相手にしているんだから仕方ないのは分かるけど、神経張り詰め過ぎって端から見てて思うくらい。そういうとこ、心配もするんだ。だから俺の前で大人しく寝てくれたのが嬉しかった。あの時からこの話を聞かせようかどうしようか悩んでた。自分の思いは別として…。だけど、今日のアレ見て、爆発」
クスリと圭吾が笑う。
告白する気はなく過ごしてきた日々と、安心しきった孝朗を見て信頼を置かれていることの自惚れ、人に対しての嫉妬。
想いを告げてしまったことを少し後悔するような態度でもあった。
様々なものが圭吾から聞かされる。
副店長として働く姿は、他人の目にどう映っていたのだろうか…。
その重責を忘れさせてくれた人…。

大人しく圭吾にもたれかかっている孝朗に、圭吾が囁く。
「俺、嫌じゃない?」
抵抗の一つもしないことを疑問に思っているようでもあった。
他の人間に触れられればすぐにでも逃げ出したくなるのに、ここにある安堵は何なのだろう。
「ん…」
「もう一回、ちゃんと言う。俺、タカのこと好き。一緒に店、やろう」
この後も孝朗が就く仕事は接客として変わらない。
経営の管理までできる事務仕事まで理解している孝朗だからこそ、ただの恋愛感情だけに収まらず誘われている。
そのことは孝朗の中でも自信に繋がった。

圭吾は孝朗が感じる不安や悩みを自然と感じ取ってくれる。
店内で圭吾にからかわれていたのも孝朗の緊張や堅苦しさをとるためだった。
表面的な慰めは他人からもいくらでももらったが、圭吾からもたらされるものは違う。
気付いた今、余計に離れ難い存在へと変わっていく。
あの日、朝感じた淋しさを、素直に表現すればいいのだと言われているようだった。
いつか離れるのだと思い込んで、誰にも甘えることをせず、誰かに溺れようともしない…。
自分が恋愛に疎かったのは、人が常に『離れる存在』だったからなのかもしれない。
「圭吾…」
降り下りてくる唇を受け入れた。
「守ってやる、ずっと…」
初めての温もりは優しく孝朗を包む。
緊張することなく過ごせる相手に心が吐息を洩らしたようだった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
8← →10
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントらぅら | URL | 2011-04-19-Tue 20:20 [編集]
(*ノωノ)キャー やっぱりプロポーズだったのね♪
で、で?孝朗はどうするのぉ~?(笑)

圭吾に抱きしめられたまま・・・
流されちゃう?( ´艸`)ムププ(違w
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-04-20-Wed 10:43 [編集]
らぅら様
こんにちはー。

> (*ノωノ)キャー やっぱりプロポーズだったのね♪
> で、で?孝朗はどうするのぉ~?(笑)
>
> 圭吾に抱きしめられたまま・・・
> 流されちゃう?( ´艸`)ムププ(違w

(゚∀゚)プロポーズ!!!
新しい世界を見るのでしょう。
お幸せに~(←違うww あ、いや、あってるけど…)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.