FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
真っ赤なトマト 3
2011-04-13-Wed  CATEGORY: 真っ赤なトマト
厨房社員でもホールに立てるくらいの知識と教養は身につけさせられている。
緊急時には接客もできるのが厨房社員だった。ホールの人間よりずっと優秀だ。
いざとなれば孝朗の補佐くらいしてくれるという意味なのだろうが、本当に眠ってしまうわけにはいかない。
昼間でも事務所の机に突っ伏して眠っている店長はいくらでも見かけたが…。
それくらい不規則な業務に追われていて、今更暗黙の了解でもある。
圭吾も時々休憩室で転寝をしていて、オーダーが入るたびに起こしに行く、ということもあった。

夜中を過ぎてから一人、また一人、とアルバイトを退店させて、朝の3時からは孝朗と一人のアルバイトになった。
厨房はすでに圭吾一人しかいないので、店の従業員は3人だけだ。
そのアルバイトを休憩にいかせて、孝朗はレジ回りで雑用を片付けながら接客をしていた。
今日の客の入りはいつもよりも少なく、ドリンクバーで時間を潰す学生が数人いるだけだ。
手がかからないのは良いことだったけど…。
厨房と客席の間にある空間、パントリーに圭吾が姿を現した。
「暇?」
「暇だね~。売り上げにならないよ」
「ま、たまにはこんなのもいいでしょ」
圭吾からはお気楽な発言が飛び出す。
確かにバタバタと動きたいものでもない気持ちは理解できたが、店の存続を思うとそうのんきなことも言っていられない。
「タカ、コーヒーちょうだい」
休憩時にはドリンクバーの飲み物を飲むことができたから、それを取りに来たんだろう。
本人が直接行けばいいのだが、孝朗がいる時は何故か必ず取りに行かせられた。
客席に出るのが嫌なのか、と思っていたから素直に従い続けていたが、単に孝朗にかまってもらいたいだけらしい。
孝朗は自分も…と思い、2つのコーヒーカップを手にパントリー内に戻る。ここからでも客の様子は伺うことができた。
隠れて飲み食いするのは本来禁止だったが、誰もいないのだから気も緩む。
戻ると圭吾は天板に開閉扉のついたアイスストッカーを開けて、スプーンでアイスを掬い取っている最中だった。
デザートを作るのはホールの仕事だったので、必要なものはパントリーの中の冷蔵庫などに収められている。
「おーい。つまみ食いしてるなよ」
「味見です。品質確かめてるの」
「まったく…」
つまみ食いと味見の違いは微妙だ。
孝朗もアルバイト時代は良く隠れてあれこれと口にしたものだったが、今の立場でそんなことができるはずもない。
アイスストッカーの隣にある、腰高の冷蔵庫の上にコーヒーカップを置くと、圭吾がもうひとすくいして孝朗の前に差し出してきた。
「タカも」
「俺はいいよ」
「あーん」
ほとんど無理矢理のように口に突っ込まれる。甘いバニラの香りと冷たい感触が口腔に広がった。
束の間の休息を味わうようなふんわり感だ。
さきほどまで圭吾の口の中に入っていたものと同じスプーンであることに気付くだけでドキドキとしてしまう。
こんなふうに誰かと物を共用することもなく、そういった行動にも慣れていない。
気にしてしまうのがおかしいのか、だが恥ずかしさが浮かんで、誤魔化すようにコーヒーカップを口にした。
「疲れてくるとさ、甘いものが食べたくなんない?」
圭吾はさらにホイップクリームまで出して来た。
目の前に積まれている皿を引き寄せ、パフェに使う一口大に切られて準備されているスポンジケーキを手早くカットして、アイスやホイップで飾る。
「おまえね…」
咎める声を聞いても止める気はないらしく、淡々と”味見”の作業を続けている。
二つ作られているのは孝朗を共犯者にしようという魂胆なのだろう。
全てがほんのちょっとずつの寄せ集めだが、見た目可愛くできるのは食にまつわる腕の違い所だった。
「まぁ、いいじゃん、たまにはさ」
アルバイトには決して見せられない光景だ。
圭吾の強引さに呆れつつ、それでもどこか嬉しく感じてしまう気持ちもあった。
圭吾は人当たりは良かったが、誰かれ構わず親しく付き合うという行動は取らない。
こんな風に少年っぽさを曝け出すようなことはまずしない。
圭吾と親しくなればなるほど、内側の面を垣間見て、他の人間と自分に対する態度の違いを知らされる。
店の中では何かと上下関係もあったから、同い年で気を許されているのだと思う。
責任感に追われる中、圭吾といるとどこか解き放たれるような感覚が湧いた。
そう思わせてくれる空間は嫌いではない。

太陽が高くなり始めた頃の9時に出勤してきた店長と孝朗は、圭吾は料理長と引き継ぎを終えた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
2← →4
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントけいったん | URL | 2011-04-13-Wed 15:29 [編集]
圭吾の餌付けは 続行中~そして 孝朗に体力をつけさせて~♪
そして~ムフ(ΦωΦ)フフフ・・♪

さぁ 夜勤も明けたことだし、そろそろ 何か 罠を仕掛けるのかな?
ツカマエタジョー(´∀`)c>゚д゜;)エッ!?...byebye☆
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-04-14-Thu 06:58 [編集]
けいったん様
おはようございます。

> 圭吾の餌付けは 続行中~そして 孝朗に体力をつけさせて~♪
> そして~ムフ(ΦωΦ)フフフ・・♪

餌付け続行中~♪
あまり痩せてても抱き心地悪いし(///∇//)
その調子で圭吾のペースにはまるのでしょうか。

> さぁ 夜勤も明けたことだし、そろそろ 何か 罠を仕掛けるのかな?
> ツカマエタジョー(´∀`)c>゚д゜;)エッ!?...byebye☆

夜勤あけましたがみちのりは…。
まだ背後風景を書いているだけの段階です。
相変わらず前置きが長くてすみません…。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2020/01 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Copyright © 2020 BLの丘. all rights reserved.