FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
Door of fate 8
2011-03-23-Wed  CATEGORY: Door of fate
抱きしめられた身体が熱くなった。
アルコールを飲んだから…だけじゃない。
「りん…」
名を呼べば、その唇を塞がれた。
柔らかく、温かく、啄ばむような静かな動き…。
傷つけない心の温かみが染み透ってくる
人の肌の温もりを感じて、その心地よさに酔いが深まっていく。
触れられることは嫌じゃない。むしろ気持ちいい。
「なんで、俺…???」
空いた隙間から脳裏を横切る素朴な疑問が口をつく。
出会ってまだわずか。話をしたのだって、今日が初めてというのに、この落ち着きはなんなのだろう。
遠くの世界で出会って、巡り合ったような錯覚。
頼れる存在はじんわりと虎太郎の中に潜り込んできていた。
「理由、欲しい?」
からかうような口調が、とても一つ違いの年下とは思えない。
そこに悔しさも浮かばないのが、凛の作りだす世界なのだろうか。
「べつに…」
抗っても落ちていく世界は同じだと感じれば、無駄な抵抗もなくなる。
それどころか、嫌われたくないという思いが発生して、凛自体を受け止めたかった。
いや、受け止めてもらう方なのだろうか…。
人肌が、ただ心地よい…。

「虎太郎君、まっすぐだ。やりたいことをしてのびのび生きてる。俺にとって憧れに近いかも。どちらかというと閉塞感の中に居るような気がしていたから」
「やりたくない仕事…ってこと?」
「そうじゃない。成果が出ることでやりがいはある。でも趣味がそのまま仕事になった虎太郎君とはちょっと違うかも」
「俺、甘えてんのかな…」
「そんなんじゃないって。生き生きしているところが良いんだよ。初めて見た時から『生きてる』姿に惹かれた。理由、それじゃだめ?」
「理由なんか、そんなの…」
素直に『嬉しい』と言えば済むことなのに、拗ねる自分はやっぱり精神的に凛に敵っていない。
俯く虎太郎の顎先を凛の指が撫でる。
…この手がほしい…。

孤独の中で生きてきたとは思わない。
自分はやりたいことをずっとやり続けて来られた。
それだけで満足していたはずなのに、欲を求めたらきりがなくなる。
初めて触れた人肌は、幼いころに抱き締められて『大事』にされた感情を生みだす。
欲しいというおもちゃを与えられて機械の中で育ってきた虎太郎にとって、人の温度はまた違った優しさと安堵を刻んだ。
いつから人の温もりより、機械を求めてしまったのだろうか。
一度手にしたら抜け出せない泥沼に落ちていくような恐怖。
脅えていたのは、きっとその思いだ。
身捨てられる時の怖さを感じたくなくて、裏切らない『機械』に委ね続けた。
父も母も決して虎太郎を裏切ることなどなかったのに、いつ、『人』が怖いと思い始めてしまったのだろう。
心底落ち着ける空間は、作業とはまた違った。
「りん…」
再び呼んだ先ににこりと笑う姿が見える。
「人、としての心を失わないで。支えになれたら嬉しい」
僅かな会話の中で汲み取ってしまった凛の洞察力に感心しないわけがない。
委ねる心と体…。
『顧客』という必ず身元が分かる存在だから余計に安心するのだろうか。
そっと倒れた身体を、強い力が抱きしめてくれる。

もしかしたらずっと…、こんな時を求めていたのか…。

磯部が撒き散らす、『幸せのオーラ』をなんとなく理解できた。
憧れていたものだったのかもしれない。
そのあいだに存在する一葉の姿も…。
『役立たず』と散々に磯部は口にしたけれど、偶然にしろ故意にしろ、彼からもたされる『出会い』は侮ることなどできない。
彼がいてくれるからこそ、繋がる人々。

「今日出会えてよかった…、好きだよ、虎太郎…」
完全に主導権を握った男の声を、打ち寄せる波のようにただ受け止める。
回りくどくなく刻んでくる術は彼なりの手法なのだろうか。
塞がれる唇は、嬉しさを宿す。
絡め取られてジンと身体が熱くなる。
「りん…」
返した言葉が、受け止めた証拠だと感づかれる。

…欲しい。この手と温もり…。ゆるぎない想い…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
毎日お待たせしております―。
7← →9
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントけいったん | URL | 2011-03-23-Wed 13:57 [編集]
人を愛するのに 時間なんて関係ない。

きえ様の作品中のCPは きっと 巡り会う運命の人達が 結ばれたのでしょうね。

凛と虎太郎の この雰囲気の差は 経験から来るものかも・・・
虎太郎は 経験が少なそうだし~
これから 凛の熱い手ほどきで 熟成してね♪
(*^‿・)b-❤...byebye☆
No title
コメントらぅら | URL | 2011-03-23-Wed 20:55 [編集]
人の温もりを覚えて、その人に裏切られた時の怖さを考えてしまって
逃げていたんでしょうね。

虎太~、思いっきり凛に甘えちゃえ~( ´艸`)ムププ
そして。。。
出社した時に甘~いオーラだだ漏れで
磯部から突っ込まれるでしょう(爆)
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-03-24-Thu 09:18 [編集]
けいったん様
こんにちはー。

> 人を愛するのに 時間なんて関係ない。
>
> きえ様の作品中のCPは きっと 巡り会う運命の人達が 結ばれたのでしょうね。

時間、関係ない!!
そうです。巡り合う運命の人たちが…。
とってつけてますけど…。

> 凛と虎太郎の この雰囲気の差は 経験から来るものかも・・・
> 虎太郎は 経験が少なそうだし~
> これから 凛の熱い手ほどきで 熟成してね♪
> (*^‿・)b-❤...byebye☆

虎太郎は人よりも機械相手の人間でしたからねー。
経験値の差はあると思います。
凛、がんばれっ。
これからどんな展開にしようか…。
コメントありがとうございました。
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-03-24-Thu 09:21 [編集]
らぅら様
こんにちは。

> 人の温もりを覚えて、その人に裏切られた時の怖さを考えてしまって
> 逃げていたんでしょうね。
>
> 虎太~、思いっきり凛に甘えちゃえ~( ´艸`)ムププ
> そして。。。
> 出社した時に甘~いオーラだだ漏れで
> 磯部から突っ込まれるでしょう(爆)

居心地良いものを突っぱねることはなーい!!!
凛のリードにどう引きずられるのでしょう。
ハイ、磯部、しっかり勘ぐりますね。
幸せオーラ全開で出社…(o´艸`o)
人のこと言えないけど…な所長なのに…。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.