FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
Door of fate 6
2011-03-21-Mon  CATEGORY: Door of fate
虎太郎をかろうじて押し留めていたのは、取引先相手という立場だった。
営業のような表面的な付き合いが虎太郎は苦手だったから、お互いのプライベートを曝け出せる会話は気分の悪いものではなく楽しい。
頭の中に『顧客』という文字がなかったら、すぐにでも親しい間柄へと落ちていける。
だが、そんな態度はあつかましいと捉えられるのではないだろうか…と…。
一人暮らしになって友達と呼べる存在も少ない。
仕事と趣味が似たようなものの虎太郎は、仕事だけでも充実した日々といえた。
久々に過ごした楽しい時間を、この場だけで終わりにしてしまうことが惜しくなっていた。
完全に気を許しているのは自分自身が一番良く分かっている。
だけど、あくまで凛は顧客であって、深く関わってはいけないのだと思いこませようとした。
そうでなければ、彼の人柄の良さに甘えてしまいそうになる雰囲気を凛は持っている。
歳がたった一つ違うだけなんて、どちらが年上でも年下でもいいように思えた。
それに一般常識のような知識的なものは凛のほうがずっと詳しいし、悔しいなどと思う前に尊敬の眼差しが浮かんでしまう。
『惹かれる』という言葉は、こんな時に使われるのかと思うくらいに、凛の隣は心地よかった。

店内が趣を変えると、一葉の勤務時間も終了のようだった。
「ごゆっくり」と挨拶をされて一葉の姿が見えなくなると、全く知らない店に来た気分になる。
バーなどという店よりも、大衆居酒屋のほうが馴染みのある虎太郎だった。
「凛さん、こういうお店、慣れてそうだよね」
「その『凛さん』っていうのどうにかならない?あくまでも俺の方が年下なんだし」
「でもなんか…」
「俺が図々しいことを言ってるんだよね。でもこういうところでそう呼ばれると寛げないっていうか…」
凛が自己主張しているようにも聞こえるが、裏を返せば虎太郎の真意を汲み取っているのだろう。
どことなく気を使っている虎太郎の戸惑いを全て取り払ってしまおうという配慮。
そうやってさりげなく自然体へと持って行かせようとする術は見習いたいくらいだ。
『寛げない』と言われるのは虎太郎だって本意ではない。
「図々しくないよ。有り難いっていうか…」
「変な壁、ない方がいいでしょ」
虎太郎の考えと自分の考えが同じものなのだと言いたげに、凛はニコリと笑う。
実際の繋がりは、恵亮と営業所であって、自分は関係ないのだと言われているようで虎太郎の心も軽くなる。
「凛…くん…?」
戸惑いがちに呼び名を変えれば、「凛でいい」と最早返された。
「えーっと、でもそれはさー…」
「分かった。譲るよ。虎太郎君って呼んでもいい?」
交換条件を拒否できるはずもなく…、いや、そんな押しつけがましいものではなく、凛が心の底から虎太郎を受け入れてくれているのが伝わってくる。
嫌味とか、命令とかで相手をねじ伏せる態度とは明らかに違って、近寄ってくる親しさだ。
凛に呼ばれる何にもむず痒さは感じるが、自分が呼べない以上反論もできない。
「うん、俺は何でもいい」
年齢を知らなかったらきっと年上だと思ってしまう。
見た目はともかく、気の回し方と話題の豊富さ、全てを覆う態度。
ふんわりと包んでくれる仕草。
ただ、心に唯一引っかかっている、『特別』な相手…。
自分が同じ立場になることはないのだと、思うことで、必要以上に寄り添いたくなる精神を押し留めることができた。
それを残念だと思ってしまう自分はどこかおかしくなってしまったのだろうか。
揺らめくグラスの液体が、自分の心みたいだ。
初めて会ったと言えるくらいの人に何を求めるのか…。
こんな心地よさを、虎太郎は知らなかった。
知ってしまえば溺れたくなる。
都会の中で、趣味と仕事だけに生きた日々に加えられるスパイス。
たとえ、『友人』という枠に収まることができたとしても、こんな夜がすごせたらいいのに、と、願わずにいられなかった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
大変遅くなりました~。
朝から村の調子も悪くて記事UPできずにいました。
目指せ10話でいますが、どうなることやら…。

5← →7
関連記事
トラックバック0 コメント5
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントけいったん | URL | 2011-03-21-Mon 13:31 [編集]
記事アップが そんなことになってたなんて!
遅くに 村を覗いて良かった!って事でしょうか?

虎太郎が凛に感じる気持ち。
心地よく感じられる人と巡り会うのは ある種の奇跡でしょうね。

きえ様の傍には 居ますか?私は 過去には そう思ってたのですが、今は・・・
ゥ──σ(・´ω・`;)──ン...byebye☆

Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-03-21-Mon 22:10 [編集]
けいったん様
こんばんは。

> 記事アップが そんなことになってたなんて!
> 遅くに 村を覗いて良かった!って事でしょうか?

村の調子が悪い時があるんです。
朝から書きためてたのに記事がアップできないとか…。
困ってしまいます。
皆様をお待たせしてしまうようでもありますし。

> 虎太郎が凛に感じる気持ち。
> 心地よく感じられる人と巡り会うのは ある種の奇跡でしょうね。
>
> きえ様の傍には 居ますか?私は 過去には そう思ってたのですが、今は・・・
> ゥ──σ(・´ω・`;)──ン...byebye☆

奇跡!!!そんな出会いですねー。(たぶん…)
なかなか、心地よい出会いってないですよねー。
過去には????
ぃぇ、なにも言わないでおきます…。
虎太郎、どう進むのか、どうリードされるのか…。
コメントありがとうございました。
No title
コメントきえ | URL | 2011-03-21-Mon 22:13 [編集]
s様
こんばんはー。

>どんな展開がまってるのかな?とても楽しみで~す。今日は休日出勤です。お昼のやすらぎ、うれしいで~す

どんな展開????どんなんでしょう?????(笑)
不定時更新、本当に申し訳ないです。
なんとか、せめて昼ドラに間に合うように努力はしているつもりなんですけど…。
更新もない日もあったりでご足労おかけいたします。
いつもコメント、本当に感謝です。
拙い文に通ってくださいましてありがとうございます。
No title
コメントらぅら | URL | 2011-03-21-Mon 23:10 [編集]
何か、凛が中條に見えたのは私だけ?
ちょっと?似てるって思っちゃったんですよね(爆)

虎太郎ってば心地よさを感じていますね♪
でも、引っかかっている所もある様で。。。

この先、どんな展開になっていくんだろう。。。
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-03-22-Tue 06:57 [編集]
らぅら様
おはようございます。

> 何か、凛が中條に見えたのは私だけ?
> ちょっと?似てるって思っちゃったんですよね(爆)

Σ( ̄□ ̄;)筆不足ですね…
あんな、はっちゃけ人間じゃない予定です…
リードがうまい点はあるかもしれませんが。

> 虎太郎ってば心地よさを感じていますね♪
> でも、引っかかっている所もある様で。。。
>
> この先、どんな展開になっていくんだろう。。。

まだ虎太郎には戸惑いもあるんですけど。
いろいろと感じるところも多いようです。
さぁ、どうなるんでしょうか。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.