FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
やすらぎ 2
2011-03-05-Sat  CATEGORY: やすらぎ
R18 性描写があります。閲覧にはご注意ください。

病院の裏手側に佳史の自宅がある。
36歳という歳で実家でもある外科の病院を継いだ。
彼は幼いころに母を亡くしていた。
長いこと大学病院に勤務していたが、父の体調不良を理由に、個人経営の病院を継ぐことにした佳史だった。
その父も今では介護施設に預けられている。
もっとも気は確かなので、診られるより診る側のようだが…。
同じ年頃の人間とかわされる会話は、刺激になるものも多いのだろう。

同じ地区で育った友人同士は今でも時折顔を合わせた。
その中の一人に恋心を抱いたのは随分前。
だけど、彼が選んだ人物は自分ではなくて…。幸せそうに暮らす姿を見れば、諦めもついたというのに…。
相手の男がレイプされた挙句に自殺した事件は、望にも暗い影を落とした。
慰めてやりたくても、絶対に振り向かない強い意思は、彼の性格なのだ。
自尊心を傷つけるとも思えたから、望はただ口を閉ざし続けた。

脱がされた服が床の上に散乱していた。
ベッドの上で、何かに縋りたい身体と心が抱き締められる。
大きく足を開き、膝裏を抱えられて、穿たれるものを受け入れる。
「はぁぁんっんっ…、あ、ぁぁっ…」
みっともなく喘ぐ声が下半身から放たれる水音と共に鼓膜に響いてくる。
佳史の気持ちが自分に向けられていることを、随分と前に聞かされた。
望が惚れる男を忘れて自分の元へ来いと…、囁かれたのはどれくらい前だったか…。
まだ忘れられないのに、一時的にも慰めてほしい時に佳史を頼る自分は狡い…。
心をやれない代わりに身体を差し出す。
まるでそんな感じだ…。
それがどれだけ虚しい行為なのか、佳史に対して失礼極まりないことだと分かりながら、与えられる快感に酔いしれた。
「い…っく…っ、だめ、いっちゃ…」
体内のいい部分を張り詰めたモノで幾度も擦られて全身がガクガクと震えた。
「いいよ、…望、イって…」
一際強くなる抽挿と掌に握られてスライドされた性器が腹の上に白濁を巻いた。
締め付けた内筒の奥に飛沫が当たるのも感じた。
汗にまみれた身体を、そっと包まれる。
頭を抱かれて、頬を寄せて、乱れた呼吸の中から吐き出される言葉。
「もう、忘れろよ…」
幾度も聞いた言葉だった。
叶わない思いを抱えて、過ごしてきた月日の長さを佳史は知っている。
見える世界は孤独だけであって、思い人の心は手に入らないと諦めさせたい気持ちが肌を通して伝わってくる。
そんな簡単に心を入れ替えられたら、どれだけ楽だろう。
「ごめん、…こんなことまでさせて…」
溜まるばかりの性欲を吐き出す”一時の相手”役を、いつも佳史はかってくれた。
望が思う相手は、気を持たせることは一切しないといった態度で、ただの友人を貫き通している。
性的な意味で一線を越えることはないと、明言されているようなものだった。
それでも諦められない気持ちは、佳史をまだ受け入れられない思いと重なってしまう。

「俺はいいよ。仮でも偽でもいい。望がラクになってくれるなら、それでいい…」
甘えてしまえばどれだけ楽だろう。
それでも踏みとどまるのは、いい加減な気持ちで付き合って”友人”という関係を崩したくないからなのか…。
望は自分の心がどこへ向かおうとしているのか、自身で判断をすることができずにいた。
こんな虚しい行為を続けながら、返せる言葉は一つ。
「わからない…」

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
短いんですけどタイムアップなので…。
1← →3
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントらぅら | URL | 2011-03-06-Sun 02:25 [編集]
望は望でまだ諦めきれていないから、佳史の気持ちを受け入れられない。。。
佳史はそれでもいいから甘えて欲しいんでしょうね。。。(ノД`)ハァ
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2011-03-06-Sun 02:50 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-03-06-Sun 08:14 [編集]
らぅら様
おはようございます。

> 望は望でまだ諦めきれていないから、佳史の気持ちを受け入れられない。。。
> 佳史はそれでもいいから甘えて欲しいんでしょうね。。。(ノД`)ハァ

トライアングルみたいに絡み合った人たちでした。
今から2年前の状況でした~。
苦しみ続ける望を佳史は見ていられなかったんでしょう。
相手を思いやる気持ちにあふれたお医者さんです。
心のケアもちゃんとしてくれる…。
(あ、リク、考えますね~)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.