FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
心と魂 7(最終話)
2011-02-22-Tue  CATEGORY: 眼差し
佐貫の回復ぶりは病院の医師たちを驚かせた。
普段の鍛錬の賜物なのだろうか。
病院に泊まり込もうとする成俊を、栗本に説得され日ごと送迎されて帰されていた。
「成俊君に心配かけたって、佐貫も充分感じているから。あそこは完全看護だし心配いらないよ。そばに居たいのは分かるけれど、今は少しでも休ませてあげて」
佐貫の性格では、成俊がいる以上何かと気を使おうとするだろう。
せめて夜だけはゆっくりと眠れる環境を作ってあげてほしいという栗本の気持ちも理解できるから大人しく従う。
自分だけが特別扱いされるような境遇でもない。
そんなこともあって、佐貫は余計に早く帰れる日を待ち望んでいたのだと思う。
淋しがる成俊の気持ちを彼は充分承知している。

警察の人間が見舞いに来るたびに成俊は病室を追いだされていた。
仕事上の話があるのだと分かるから拗ねることもないが、佐貫が成俊の存在を職場の人間にどう伝えているのか、帰る時に廊下の椅子やロビーで待つ成俊に、いつも深々と頭を下げていった。
常に病室にいる成俊は家族のように思われているのだろうか。
自分よりも年上と分かる人たちが丁寧に挨拶をしてくる様は、少し不思議にも感じた。
しかし、危篤状態が続いたことを振り返ると、心痛をかけた詫びなのだろうとも捉える事が出来た。

栗本が優秀な外科医だとは、病院の医師が教えてくれたことだ。
だからこの病院への出入りも、佐貫に付き添うことも認めてくれいたのだと改めて知る。
今後は栗本の病院に通院すれば済む状態まで回復すると、佐貫の退院許可がおりた。
通院というより、往診に来てもらう方なのだろうが…。
栗本に送り届けられ、佐貫が痛む身体をリビングのソファに落ち付けた途端、栗本からの叱咤が飛んでくる。
「ちゃんと寝ていろよ。そんなところで呑気に寛がれて傷口開かれても困るから」
「そんな簡単な縫合かよ」
「そうじゃなくて。通常ならこんなに早くの退院はないの」
「光也、寝て…」
栗本の台詞には不機嫌さが浮かんでも、成俊が気遣えば素直に従う姿に、栗本の盛大な溜め息が零れた。
「成俊君がいなければ、うちの病院にでも縛り付けておくところだよ」
大人しく横になった佐貫の姿と容体を確認してから、栗本は帰ろうと、色々な事付けを成俊にした。
経過は順調らしいので成俊もホッとする。
ようやく、人気のない冷たい部屋でなくなるのだ…。
それだけでも嬉しい。

栗本は立ち去る直前、佐貫をもう一度見下ろした。
「言っておくけど。激しい運動なんて絶対にダメだからね」
この状況で、道場に行けるわけでもなく、そんなことは栗本だって佐貫だって充分承知の上だろうと、改めて釘をさす栗本をキョトンと見つめてしまう。
「ただ寝ているだけの患者ってすぐ”飽きる”からね。”オモチャ”与えないように」
「は、はい…」
意味が分からないまま返事をすると、栗本は部屋を出て行った。

栗本を見送って寝室に戻ってきた成俊は、ようやく二人になれたことに安堵感を覚えていた。
いくら個室だったとはいえ、病院では人の出入りもあって緊張に包まれたままだった。
ベッドの端に腰かけた成俊の後頭部に佐貫の腕が回されると、自然と顔が近付いて唇が触れる。
欲情を表すようなものではなく、今ここで息をしているのだと確かめ合うような、緩慢な動きでお互いの唇や口腔を感じた。
離れてしまうことが惜しいから、ゆっくりとした動きで上唇を食み、下唇を舐めて呼気を絡め合う。
一頻り貪りつくすと、佐貫の体に負担がかからないように、その首に腕を絡ませて耳元に唇を寄せた。
「もう、やだよ、…こんなの…」
「悪かった…」
仕事だから仕方ない、と割り切れるものではない。
いつ壊れてもおかしくないロボットじゃない。
部品交換もできなければ、再生させることもできない。
たった一つしかない心が成俊を支えてくれて、励ましてくれて、生きていくための原動力になる。
仕事の事情も、そこに成俊が口出しできないこともどれだけ理解できたとしても、今回の件は成俊に不安を残すことにしかならなかった。
こんなことを言ってしまえば佐貫の負担になるのも分かる。
それでも口に出してしまうのは、まだまだ自分が子供で弱いからなんだろうか…。
成俊を宥めるように細い背中を大きな掌が撫でた。
『二度と泣かせるようなことはしない』…そう告げられているようだった。
「成俊がいれば俺は戻ってくる」
成俊が抱く不安を取り除くように、はっきりとした言葉が返ってくる。
「成俊がいるから俺がいるんだ…」
泣くな…と零れる涙を唇に吸い取られた。

過去の傷を庇いあい、新しい未来を共に見ようと誓った。
生きていて不安に思うことは多々ある。
佐貫も、成俊に与えてしまった心痛のことで悩み苦しみ、でもこうして成俊を支えてくれている。
佐貫の言葉を信じて待つしかない。
『帰ってくる…』と。
「愛してる…」
囁かれる声が成俊の口腔へと飲み込まされる。
「どこにもいかないで…」
唇の動きで伝えた想い。

きっと自分たちの魂は、この世を去っても離れたくないと呼び合うだろう。
生と死に分かれる場所で、ひたすら追い求めて、ただ一つ願ったこと。
“常に共に…”

―完―


  【共に・・・】

  共に過ごす 穏かな時間

  共にいる 幸せな時間

  共に 生きると 魂が決めた愛しい人

  命尽きても 別(わか)つことなく 共に・・・

            《詩 けいったん様》


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
素敵な詩を書かれるけいったん様が、誕生日のプレゼントにと書いてくださったものを掲載させていただきました。
感動でございます(涙)
そして、今回、暗ーい話にお付き合いくださいました皆様にもご心痛をおかけしました(笑)
これにてより一層二人の絆は強まったことでしょう。
えぇ、またそのうち(例のごとく)ちょこちょこと登場するかと思います。
読了ありがとうございました。

6←


【おまけ】

成俊「そういえば、光也、好きなおもちゃってあったの?」
佐貫「"おもちゃ"?!」
成俊「栗本さんが"オモチャ、与えないでね"って言ってたじゃん」
佐貫「…あぁ…」(口ごもる)
成俊「光也が遊んでいるところなんて見たことないから知らなかった」
佐貫「……」(無言)
成俊「うちにそれらしいものってあったっけ???」
佐貫「……」(無言)
成俊「ねぇ、何で黙ってるの?」
佐貫「思いだすからその話はするな」
成俊「どうして?教えたくないもの?何なの?それ」(しつこい)
佐貫「…成俊だからだ…」
成俊「…………」(いっぱい考えを巡らせて『激しい運動』の意味がようやく分かった)

成俊「ばっ…っ、ばか…(////) 何、言って、…こんなときに…」
栗本の思考はどうなっているんだ…と慌てふためく。
そんな成俊も可愛いと思っている佐貫。

関連記事
トラックバック0 コメント12
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントヨッシ | URL | 2011-02-22-Tue 10:44 [編集]
始まりからどうなるのかと心配しましたが、落ち着くところに落ち着いたようで良かった~お二人ともお幸せに♪

またいつか2人が登場するのを楽しみにしてます!
完結 お疲れ様でした m(uωu`*m)
コメントけいったん | URL | 2011-02-22-Tue 13:42 [編集]
最後の「おまけ」が いいですね~♪
初心な成俊と 寛容な光也の これからの生活が 垣間見えました!
絆が深まった二人に 永遠に幸あれ☆彡
(o'д')ノ☆゚*。Congratu★lations。*゚☆ヽ('д'o)

きえ様、素敵な作品の後に 詩を置いて頂き ありがとう御座いました┏○ペコ
これからも 益々のご活躍を 応援させて下さいね(^^)ゞbyebye☆
コメントかすり | URL | 2011-02-22-Tue 14:30 [編集]
お疲れ様です!緊張感ある始まりにハラハラしてましたが無事に収まって胸を撫で下ろしました(*^_^*)
スピンオフも期待していいのでしょうか? (●´mn`)
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-02-22-Tue 17:05 [編集]
ヨッシ様間
こんにちは。

> 始まりからどうなるのかと心配しましたが、落ち着くところに落ち着いたようで良かった~お二人ともお幸せに♪
>
> またいつか2人が登場するのを楽しみにしてます!

騒がしい(?)二人でした。
何かと問題を起こす(問題がなかったら話にならないけど…)人たちですが、無事収まりました。
完結して良かったです。
そのうち、ちびっこ広場みたいなところに出てくると思いますよ~。
コメントありがとうございました。
Re: 完結 お疲れ様でした m(uωu`*m)
コメントきえ | URL | 2011-02-22-Tue 17:10 [編集]
けいったん様
こんにちは。

> 最後の「おまけ」が いいですね~♪
> 初心な成俊と 寛容な光也の これからの生活が 垣間見えました!
> 絆が深まった二人に 永遠に幸あれ☆彡
> (o'д')ノ☆゚*。Congratu★lations。*゚☆ヽ('д'o)

いつまでもいちゃこらしていることと思います。
栗本「だから釘刺したのにぃぃぃ」
と陰ながら見守っているかと…。
今まで以上に固い絆で結ばれたようですね。

> きえ様、素敵な作品の後に 詩を置いて頂き ありがとう御座いました┏○ペコ
> これからも 益々のご活躍を 応援させて下さいね(^^)ゞbyebye☆

こちらこそ華を添えてくださいまして感激の嵐でした。
駄文にいつもお付き合い感謝です。
コメントありがとうございました。
Re: タイトルなし
コメントきえ | URL | 2011-02-22-Tue 17:15 [編集]
かすり様
こんにちは。

> お疲れ様です!緊張感ある始まりにハラハラしてましたが無事に収まって胸を撫で下ろしました(*^_^*)
> スピンオフも期待していいのでしょうか? (●´mn`)

完結してこちらもホッとしました。
スピンオフ?!(とは、えーと、影の立役者:例の二人でしょうか…ボソボソ)
私も書きたいものは山ほどあるのに、何といっても脳みそと手がカメの歩みなので…。
はい(`・ω・´)ノがんばります。
コメントありがとうございました。
No title
コメントらぅら | URL | 2011-02-22-Tue 20:39 [編集]
番外編の完結お疲れ様でした。

最初はどうなることやらと思いましたが、やっぱり最後はラブラブいちゃこら?の終了って佐貫と成俊らしいです(笑)
おまけに爆笑してしまいましたが、より一層の絆が深まって、きっと幸せが訪れるはずですよね♪


そういえば・・・
最初の頃にまこっちゃんが登場してましたが、スルーしてしまって(~▽~;) アハッ
佐貫~、まこっちゃんに紹介しなくていいのか。。。
って、まぁ情報通のまこっちゃんはもう知っていると思うけどぉ~。。。

安住さんのお家にて、一通りの紹介のあと。。。
まこ:「みっちゃん!!紹介するのが遅いぃ~!!」
佐貫:「・・・あぁ、わるい。。。」(全然悪いとは思っていない(爆))
なり:「・・・・・・・・(アワワ)」

こんな感じの紹介かなと妄想してみましたぁ~( ´艸`)ムププ


今度登場するのはあの3人組とですかね?
それとも、安住さん達同級生の集まりの時かな?
どっちも?!(爆)
そちらも楽しみにしてます♪
オモチャ!?
コメント甲斐 | URL | 2011-02-23-Wed 00:52 [編集]
やっと帰れましたね、二人のお家に
もう二度と泣かせないでよね、佐貫さん
『ベッドの中』以外では。。。

激しい運動?
ドクターストップはいつまでだろう
果たして許可下りるまで待てるのか心配です
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-02-23-Wed 07:08 [編集]
らぅら様
おはようございます。

> 最初はどうなることやらと思いましたが、やっぱり最後はラブラブいちゃこら?の終了って佐貫と成俊らしいです(笑)
> おまけに爆笑してしまいましたが、より一層の絆が深まって、きっと幸せが訪れるはずですよね♪

ハピエ終了ですから~。
こいつらも見事バカップルの仲間入り♪

> そういえば・・・
> 最初の頃にまこっちゃんが登場してましたが、スルーしてしまって(~▽~;) アハッ
> 佐貫~、まこっちゃんに紹介しなくていいのか。。。
> って、まぁ情報通のまこっちゃんはもう知っていると思うけどぉ~。。。

そう、さりげなく出しておいて紹介文書くのを忘れたという失態.....(;__)/|
『眼差し』から半年も経っているんだから当然知っていますよね(汗)

> 安住さんのお家にて、一通りの紹介のあと。。。
> まこ:「みっちゃん!!紹介するのが遅いぃ~!!」
> 佐貫:「・・・あぁ、わるい。。。」(全然悪いとは思っていない(爆))
> なり:「・・・・・・・・(アワワ)」

まこ「二人して若い子に手ぇ出してぇ。享のこと『犯罪だ』って言ってたの、どこの誰だっけ???」
佐貫「言った覚えがねぇなぁ」
まこ「あー、やだやだ。呆けまで始まったよ。成俊クン、こんなオヤジやめておいた方がいいよ」
佐貫「お前だって同い年のくせに」
安住「子供たちの前でみっともない口喧嘩、やめてくれるかな」
なり:一葉「…こ、こども…???」

おまけ付けてみました(笑)

> 今度登場するのはあの3人組とですかね?
> それとも、安住さん達同級生の集まりの時かな?

どうでしょうかねぇ…。
コメントありがとうございました。
Re: オモチャ!?
コメントきえ | URL | 2011-02-23-Wed 07:17 [編集]
甲斐様
おはようございます。

> やっと帰れましたね、二人のお家に
> もう二度と泣かせないでよね、佐貫さん
> 『ベッドの中』以外では。。。

ようやくご帰還でーす。ホッとしましたね。二人とも。
そうそう、ベッドの中だけでいっぱい啼くがいい、成俊。
いっぱいうるうる目を見せて更に佐貫を煽れば良い。

> 激しい運動?
> ドクターストップはいつまでだろう
> 果たして許可下りるまで待てるのか心配です

少しはお灸でも据えてやろうか…的考えの医師でしょうか。
いっぱい心配させられたのに、平然といちゃいちゃしているし。
たぶん、きっと、成俊のほうが律儀に守っていることと思います。
(栗本にあれこれと言いくるめられて信じるんだ)
そんで、無意識に成俊に「…まだダメ…???」と聞かれて栗本は「あー、もーいーよっ」と許可を出すんでしょう(←策士だw)
コメントありがとうございました。
No title
コメントきえ | URL | 2011-02-23-Wed 11:49 [編集]
s様
こんにちは。

>心と魂 完結おめでとうございます~!&お疲れ様でしたm(__)m。どんどんお仲間が増えていくのがとても楽しみですよ。こんどは、あのカップルとこのカップルが一緒になんて妄想の世界に嵌まりそうです(もう嵌まってるかも?きっとどっぷり嵌まってます、はい。)

暗い話がようやく終わりました。
カップル増えて、絡みも増えて…。
私の頭の中も結構大変なことになっていますが…。
嵌っていますか?キャラを可愛がってもらえて嬉しい限りです。
s様の妄想の世界を裏切らないものを書けたらな―と思います。
コメントありがとうございました。
No title
コメントきえ | URL | 2011-02-24-Thu 11:58 [編集]
MO様
こちらにもありがとうございます。

>お互いに やっと手に入れた幸せで穏やかな生活は、常に危険が隣り合わせで、いつ最愛の相手を失うかもしれない、あるいはどんなに悲しませるかもしれないことを、二人が強く自覚するきっかけになりましたね。今後は更にお互いを大切にしあうことでしょう。魂が呼び合う二人ですからね♪

佐貫がいかに厳しい世界にいるのかをまざまざと知る結果となりました。
そんな中でも"共にいられる"と信じようとする成俊は健気な子です。
今まで以上に、一緒にいられる時間を大事に、またお互いのことを思いやるようになると思います。
きっと奇跡は二度三度と起こる…?!
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.