FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
心と魂 4
2011-02-19-Sat  CATEGORY: 眼差し
忙しい生活の中で、休日が合った日、佐貫は「温泉にでも行こうか」と誘ってくれた。
「オヤジくさい」と突っぱねてしまったが、内心は二人出掛けられることが嬉しくて仕方なかった。
表立って歩ける日は早々ない。

賑わっていない温泉街はことさら二人を温かく迎えてくれたように感じた。
部屋に付いた湯気の立つ露天風呂で互いの肌を探り合う。
布団の中で睦まじく体温を確かめ合った。
そばにいること…、今、ここにいることが当たり前で普通で、永遠に続くものだと思える。
疲れた身体を湯の中で抱きしめられ、逆上せた、と成俊は全てを委ね、身を預けた。

波際に作った砂の城のようだ…。
ひとつの波が押し寄せただけで、作った城は脆くも崩れ去った。
二人を護ったはずの城壁さえ、藻屑となって消える。

「みつや…」
不安の中で呟いた言葉に返事があった。
『あぁ、どうした…?』
いつものように動じない力強い包容力が成俊をくるむ。
“あぁ、すべては嘘だったんだ…”
風呂の中で抱かれた腕を思い出す。
どんな時でさえ成俊を護り勇気づけてくれる者…。
うなじを滑る太い指。
肌を撫でる掠れた唇…。
「みつ…」
喉を震わせた声は、いつもであれば唇が降り注いで塞がれた。
今は、返ってくるものはなかった。
掌に握ったはずの肌もない。
否応なく覚醒させられる意識と共に、視界に入れた光景の中、”安堵”は一つもなかった。

「み、つ…?」
目を覚ますと、自分を診ていてくれたのだと分かる男の姿が視界に入ってきた。
30代とおぼしき、白衣を着た彼が安心したように微笑んだ。
「気付いたかな。もうすぐ点滴も終わるからね」

この数日、寝泊まりしていた部屋に、成俊は寝かされていた。
普段であればいるはずの栗本の姿もなく、不安だけが成俊を襲ってくる。
「みつ、…光也は…?」
「大丈夫だよ。今、栗本さんが診てくれている」
「意識は…?」
「それは…。今は君が元気になろう」
曖昧に濁された言葉は、決して気を許せない状態にあるのだと嫌でも知らせた。
一瞬だけでも成俊の手を握ってくれた力は幻だったのだろうか…。
「行く…」
点滴など受けている時ではない、と、上体を起こすと、急な動きに頭に痛みが走って目の前が真っ暗になった。
「成俊君っ」
慌てて支えられて横にされる。
もう、どれほど流したのか分からない涙が、また成俊の頬を濡らした。
「や…だ…、…やぁだ…、光也…」
「大丈夫だよ。大丈夫だから…」
宥めてくれる指が涙を拭ってくれるが、涙は止まることがない。
気休めにしかならない言葉を信じることなどできなかった。
今こうしている間にも、佐貫の温もりを二度と感じられなくなるような気がして心がざわざわと騒ぎ出す。
「行きたい…。お願いだから…」
「これが終わるまであと少しだから」
間もなく終わる点滴のパックに視線を流し、成俊を落ち着かせようとしていた。
…この一瞬が怖い…。

『ナリトシ…』
鼓膜の中で響く声…。
脳髄に沁みて決して忘れることのない音声が幾度も木霊する。

待てない…と駄々をこねる成俊だったが、看護師と思われる男性は成俊を部屋から連れ出してはくれなかった。
心臓の鼓動が跳ねっぱなしでいるところに、走ってきたと分かる栗本の姿が飛び込んできた。
「成俊君!!」

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
3← →5
関連記事
トラックバック0 コメント11
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
わ~ん
コメントさえ | URL | 2011-02-19-Sat 17:51 [編集]
佐貫早く目覚めて~!
成くんの神経がもたないよ~(;_;)
私も。。。
きえちゃん、更新お疲れさまで~す。
Σ(;´ω`)!! ナニィ
コメントらぅら | URL | 2011-02-19-Sat 20:23 [編集]
いつの間に温泉にぃ~。。。
びっくりだ!!(笑)

成俊、まずは自分の体調を整えないと。
佐貫は必ず目を覚ますからぁ~。

きえさん♪
この続きが気になるけど、更新は無理しないで下さいね♪
コメントかすり | URL | 2011-02-19-Sat 20:35 [編集]
うわっうわっ!温泉旅行にすごく反応してしまいましたよ!

佐貫さ~~ん 成君をこれ以上泣かせちゃイヤ~(ノд<。)゜。
佐貫、゚。*★ガ ン (o`・ω・)o バ レ★*。゚
コメントけいったん | URL | 2011-02-19-Sat 22:04 [編集]
佐貫は 絶対に ナルを置いては逝かない。絶対に!
でも 早く 目覚めないと ナルがぁーー。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

きえ様、駄詩なのに 公開なんて滅相にもない事です。ほんと恐縮です。 スィマセン ○┓ペコ

毎土・日曜日は 新サイト探索の旅に出てますので、月曜日まで またね。 (^^)ゞbyebye☆
頑張って、佐貫さん
コメント甲斐 | URL | 2011-02-20-Sun 01:42 [編集]
成俊さんにとって佐貫さんはかけがえのない存在なのだとよくわかります
決して手放したくはない、離れたくはない相手と出会ったのは幸せですが
失うことの恐怖や悲しみをも知ることになったのだと思います
佐貫さんには『離れない、守る』といった言葉がウソにならないように戻ってきて欲しいです
Re: わ~ん
コメントきえ | URL | 2011-02-20-Sun 06:17 [編集]
さえちゃん、おはよーです。

> 佐貫早く目覚めて~!
> 成くんの神経がもたないよ~(;_;)
> 私も。。。
> きえちゃん、更新お疲れさまで~す。

成俊も精一杯のところで生きていました。
ずっと張りつめていた神経がプツリと切れちゃったんですね。
えぇ、もう大丈夫です(笑)
コメントありがとうございました。
Re: Σ(;´ω`)!! ナニィ
コメントきえ | URL | 2011-02-20-Sun 06:20 [編集]
らぅら様
おはようございます。

> いつの間に温泉にぃ~。。。
> びっくりだ!!(笑)

いつの間にか…(笑)
誰にも内緒でお忍び旅行に出かけていたらしいです(爆)

> 成俊、まずは自分の体調を整えないと。
> 佐貫は必ず目を覚ますからぁ~。
>
> きえさん♪
> この続きが気になるけど、更新は無理しないで下さいね♪

はーい。さっき、今日分upしてきました。
佐貫と成俊、ようやくご対面でーす。
コメントありがとうございました。
Re: タイトルなし
コメントきえ | URL | 2011-02-20-Sun 06:22 [編集]
かすり様
おはようございます。

> うわっうわっ!温泉旅行にすごく反応してしまいましたよ!

過去の話の一つ、ということで出したんですけど…。
らぶらぶな時間があったんだよ~って…(書いた方が良かったかな…)

> 佐貫さ~~ん 成君をこれ以上泣かせちゃイヤ~(ノд<。)゜。

佐貫ってば、どこまでも成俊を泣かせ続けますね。
いくら泣き顔が好きだからって(ちがうっ)
もういい加減、泣かないように配慮してやってください(←私が言うか?!)
コメントありがとうございました。
Re: 佐貫、゚。*★ガ ン (o`・ω・)o バ レ★*。゚
コメントきえ | URL | 2011-02-20-Sun 06:25 [編集]
けいったん様
おはようございます。

> 佐貫は 絶対に ナルを置いては逝かない。絶対に!
> でも 早く 目覚めないと ナルがぁーー。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

皆様に声援頂いたので、佐貫、目覚めました(upした)

> きえ様、駄詩なのに 公開なんて滅相にもない事です。ほんと恐縮です。 スィマセン ○┓ペコ

何をおっしゃるのですか(〃▽〃)
あんなにすばらしいものを頂けるなんて…。
是非とも大々的に披露しないと。

> 毎土・日曜日は 新サイト探索の旅に出てますので、月曜日まで またね。 (^^)ゞbyebye☆

探索の旅、楽しんでくださいね~。
コメントありがとうございました。
Re: 頑張って、佐貫さん
コメントきえ | URL | 2011-02-20-Sun 06:29 [編集]
甲斐様
おはようございます。

> 成俊さんにとって佐貫さんはかけがえのない存在なのだとよくわかります
> 決して手放したくはない、離れたくはない相手と出会ったのは幸せですが
> 失うことの恐怖や悲しみをも知ることになったのだと思います
> 佐貫さんには『離れない、守る』といった言葉がウソにならないように戻ってきて欲しいです

ようやく出会えた伴侶だからこそ、いなくなってしまうことの恐怖が浮かぶのでしょう。
もう一人ぼっちは嫌だと、甘やかされたから余計にぬるま湯を欲しがるんだと思います。
雁字搦めの中で生きてきた成俊。
ここまで成俊を変えてしまった責任はとっていただかないとね~ぇ。
コメントありがとうございました。
No title
コメントきえ | URL | 2011-02-20-Sun 06:33 [編集]
s様
おはようございます。

>更新があるかも?と、淡い期待を胸にお邪魔したのですが、ラッキーでした(-^〇^-) 最初は、えっ~と思いながら読み進んで、やっぱり…、まだなんだ。と、思い直して、最後の栗本さんの成ちんを呼ぶ声声が聞こえるなんて妄想ですね。続きが気になりすぎです(^。^;)

続き、書いてきましたよ!!
夢の中で振り返った話…でしたね。
幸せな時間を満喫していただけに、辛い展開となった今。
今があるからこそ、余計に絆も強くなるのではないかな~と思います。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.