FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
眼差し 59
2011-02-13-Sun  CATEGORY: 眼差し
R18 少しの性描写があります。閲覧にはご注意ください。

数日の間、佐貫とはすれ違いの生活が続いた。
いつ寝ているのかと思うくらいに、成俊が眠った後の帰宅と起きる前の出勤だ。
それでも成俊が作った料理は綺麗に片付けられているのだから、帰ってきているのだと安心する。
会えなければ淋しくなるのが身体というもので…。
最後に意識があって感じた温もりはいつだったのだろうか…。

風呂に入った成俊は、初めて自分の手で後ろの蕾を撫でてみた。
いつも佐貫の指はするりと入ってきてあっという間に柔らかく解してしまう。
だが今、固く閉じた蕾は成俊の指を拒み、上手く快感をもたらしてはくれなかった。
皺の上をこすっただけで身体の中に宿る疼きがある。
浅く埋めた指は佐貫がくれるような気持ち良さとは違いすぎる。
陰茎に指を這わせるのとは全く異なる快感があることを、佐貫と出会ったことで教えられた。
体内に生まれた熱をどうにもできないもどかしさを抱えながら、今日も一人でベッドに潜った。

真夜中過ぎだろうか…。
横向きに眠っていた背中にあたたかな身体が触れた。
そっと包み込まれる行動で佐貫が帰ってきたのだと知れる。
「あ…、おかえり…」
「悪い。起こしたな」
まさか成俊が起きるとは思わなかったのか、抱きしめられた腕がふと緩んだ。
寝返りを打って正面から向き合い、厚い胸板に鼻先を押し付ければ、風呂に入ったばかりなのか、使い慣れたボディソープの香りがした。
成俊は今夜バスルームでとってしまった自分の行動を思い出してかぁぁぁっと熱が溜まっていくのを感じた。
密着した身体は、確実に”疼き”を佐貫に伝えてしまった。

厭らしい身体…と自ら言っているようで、少しの距離をおこうとするのを、背に回された腕に阻まれる。
「どうした?」
分かっていながら聞いてくるところがまた憎たらしい。
「もぅ…」
「ったく…っ…」
甘え強請る素振りを見せたつもりはないが、佐貫にしてみれば同様のことなのか…。
ぐいっと力強く抱きなおされ、下半身に身につけていた唯一の下着をはらりと剥ぎ取られた。
「寝ている成俊を見てはいつもどうしようかと思っていたけど、起きているならかまわないだろ?」
それは佐貫も耐えていた…と受け止めていいのだろうか。
スッと後孔に忍ばされた指がピクリと止まった。
なんだろう?と訝しく思いながら佐貫に視線を投げると、驚いた顔が暗がりの中にある。
「自分で弄ったのか?」
「そ、そんなこと、わかるの???」
焦り、尋ねてみれば、「あぁ、柔らかい」と、普段佐貫が最初から解きほぐす時と違う感触を教えられる。
でも、佐貫がするような”準備”にはならなかったとうちあければ、恥ずかしさに頬を染める成俊とは対照的に、佐貫は申し訳なさそうな表情を浮かべた。
「すまない。待たせたな…」
そう言って組み敷かれると、唇に佐貫のそれが押し当てられる。
久し振りに交わすくちづけはすぐに深いものとなり、成俊をどんどんと追い上げていった。
忙しい佐貫の体を気遣うから、こんな夜中に無理な体力など使わせたくないのに、込み上げてくる熱は治まることを知らない。

「はふっ…、んっ、もぅ…」
自分から擦りつけてしまう股間からは蜜がこぼれ、まだ脱いでいない佐貫の下穿きを汚していった。
成俊が佐貫の衣類に手を掛ければ、脱がせることに協力してくれる。
初めて成俊は、佐貫の雄に触れてみたいと思った。
いつも口淫や手淫で成俊を昂らせてしまう佐貫のように、上手くできるとは思えないが、自分で施してあげた時、佐貫がどんな表情をするのかも見てみたかった。
衣類から放たれた猛々しい雄に手をのばすと、少しびっくりした佐貫だったが、成俊のしたいようにさせてくれる。
つるりとした亀頭から筋を確かめるように陰嚢まで指を滑らせた。
「シテ…もいい…?」
小さな声での問いかけの意味を、佐貫は理解してくれる。
「できるのか?」
「わかんない…。でも、やってみたい…」
「あぁ、もちろん。嫌だと思うならすぐにやめろよ」
成俊が生きてきた世界に、男が男の陰部に触れる、などという考えはなかった。
そのことを佐貫も充分承知しているから、嫌悪感が湧いてもおかしくないと思っている。
佐貫は上体を起こすと、ベットヘッドに背を預けた。
開かれた脚の間に成俊の身体が蹲る。
赤い唇を開き、湿った舌を屹立に這わせると、「ふぅぅぅ」と佐貫から大きな吐息が漏れた。
成俊の後頭部を愛おしそうに撫でてくれる掌がある。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
あれ?終わらなかった…(何、やりだしたんだ、こいつら…)
大丈夫です。リバではありません。

58← →60
関連記事
トラックバック0 コメント7
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
95000ちょうど♪
コメントmiki | URL | 2011-02-13-Sun 15:45 [編集]
2人がイチャ②してる時に95000番踏んじゃいました(^^)ちょっと嬉しかったのでコメしちゃいました。ちょうどを踏んだのは初めてだったので初体験です(違うか)
No title
コメントらぅら | URL | 2011-02-13-Sun 23:21 [編集]
すれ違いはしょうがないね。。。
甘えられる時は思いっきり甘えて、イチャコラして
佐貫を骨抜きにしちゃえ~( ´艸`)ムププ

(・艸・`; ぁ…もうすでになってる?(笑)
待たせたな…待ったよ~
コメント甲斐 | URL | 2011-02-14-Mon 01:09 [編集]
新婚さんですものね
もう待ちくたびれましたとも
自分で準備(のつもりじゃなかったけど)も、しちゃったしー

夜は更けてゆく
Re: 95000ちょうど♪
コメントきえ | URL | 2011-02-14-Mon 07:28 [編集]
miki様
おはようございます。
OH!!!95000!!!
いつのまにそんなにお客様が?!(私が見ていなかった…)

> 2人がイチャ②してる時に95000番踏んじゃいました(^^)ちょっと嬉しかったのでコメしちゃいました。ちょうどを踏んだのは初めてだったので初体験です(違うか)

いつもお越しくださいまして、本当に感謝です。
終わりにする予定が、なんだかイチャコラ始めてしまいました(困った…)
成俊もただいま初体験中(?!)
コメントありがとうございました。
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-02-14-Mon 07:33 [編集]
らぅら様
おはようございます。

> すれ違いはしょうがないね。。。
> 甘えられる時は思いっきり甘えて、イチャコラして
> 佐貫を骨抜きにしちゃえ~( ´艸`)ムププ
>
> (・艸・`; ぁ…もうすでになってる?(笑)

どうしてもお仕事柄勤務時間が複雑で…な佐貫っち。
だから余計に成俊をかまいたいんでしょうね。
その行動に益々甘える成俊です。
そして欲求不満になる…(いい循環だなぁ…笑)
こんなことまでしてもらって佐貫は完全に骨抜きになってます。
コメントありがとうございました。
Re: 待たせたな…待ったよ~
コメントきえ | URL | 2011-02-14-Mon 07:35 [編集]
甲斐様
おはようございます。

> 新婚さんですものね
> もう待ちくたびれましたとも
> 自分で準備(のつもりじゃなかったけど)も、しちゃったしー
> …
> 夜は更けてゆく

成俊は若いから余計(笑)
味を覚えたての中高生みたいになってます。
そう、準備のつもりじゃなかったけど…。
長々とすみませんー。
コメントありがとうございまた。
No title
コメントきえ | URL | 2011-02-14-Mon 14:33 [編集]
k.k様
こんにちは~
レス遅くなりました~すみませんm(__)m

>今のお話での二人にも うちゅう!そして全作品にもkissを!好きですよんわん(笑い)

kissまたもらっちゃった~っ♪
過去登場人物に少しずつ人を追加して繋げてしまううちの話は読みづらいかな~と思ってしまいますが…。
嬉しいです。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.