FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
眼差し 54
2011-02-08-Tue  CATEGORY: 眼差し
R18 それとなく性描写があります。閲覧にはご注意ください。

成俊の疼きをまるで無視したように、佐貫は「先に出るが、成俊はどうする?」と寝そべっていた体を起こされた。
一日の疲れを癒すように温まった身体が離れていくことに一抹の淋しさを覚えるものの、これまで忙しかった身に無理をさせようとは思えない。
本当はもっと煽られて昂られて我も忘れたい…などと、とても口に出せるものではなく、硬くなり始める雄の熱を逃がす為にも、「俺はもう少し温まる…」と強がりな言葉がこぼれた。
「そうか。逆上せるなよ」
佐貫の膝から前へとずらされ、ざぶっと湯の波がたつことで佐貫が浴槽を出るのが分かる。
振り返り、彼の体を見てしまえば、更に自分だけが欲情していくようで、膝を抱えたまま俯いた。
視界の端に、軽くシャワーを浴びている姿が見え、やがて、カシャという音と共に気配がバスルームから消えた。

「ふぅぅぅぅ…」
耐えていたような長い吐息が漏れる。
曇りガラス一枚、挟んだ先にはまだタオルで水滴を拭う佐貫の姿が見える。
成俊はそっと昂りかけた股間に手を当ててみた。
まだ芯は通っていないが、先程までの佐貫との行為を思い出すと嫌でも硬くなっていくのが分かる。

いつから自分はこんなに、はしたなくなってしまったのだろう…。
妻との冷めた生活の中、1カ月も2カ月も性欲の吐き出しなど放置してばかりだったのに、今は火が付いたようにどんどんと燃えさかって広がっていく。
今さっき、佐貫と交じりあったばかりだというのに…。

佐貫が脱衣所を出ていくもの音を待って、湯船の中で自身を扱いた。
バスルールの中の声はどうしたって響く。
唇を噛んで声を抑えながら、目を閉じて佐貫の動作を思い浮かべた。
佐貫の指の動きと、拙い成俊の指の動きは全く快感の与え方が違うが、彼の動きを再現しようと蠢く指に、新たな興奮が宿って成俊を現実の世界から遠のかせていく。

「ふっっ、はぁぁぁぁっ…」
自身を擦り取り、絶頂を迎えるまでがあっという間だった。
白湯の中に白濁の液が広がるのを見つめて、息を乱しながら、とてつもなく恥ずかしいことをしてしまった気分に陥った。
こんな淫乱な姿を見られたら、呆れられるだろうか…。
一緒のベッドに潜るのはいつものことだ。
成俊は今の自慰行為で、今夜、何もなくとも諦められると思った。
何よりも、忙しくまともな睡眠もとれなかった佐貫のことを知っているから、ゆっくりと寝かせてあげたい思いに溢れた。
この熱は、またいつか、別の機会に慰めてもらえばいい…。

風呂の栓を抜いて立ち上がる。浮遊する液体などとても見せられたものではない。
成俊もシャワーを浴びて浴室を後にし、今となっては定番となってしまった寝間着と言うか…、下着と佐貫のTシャツを着こんだだけの姿で寝室に向かった。
ぼんやりと寝室を照らす、ダウンライトの明りを落とした部屋の中で、佐貫はすでに横になっていた。
眠っているのだろうか…とそっと近付けば、「逆上せなかったか?」と静かな声が寝室に響いた。
「うん…」
「いつもこんなに長湯か?」
一緒にいる時に浴室に入ることは滅多になかった。
まだ日が浅い二人の生活に、知らないことはたくさんある。
「そうじゃないけど…」
ベッドの中に誘い込まれながら、先程の自慰行為を見られていたような後ろめたさを抱えて、成俊の言葉は曖昧に誤魔化された。
佐貫の横に並んでみれば、佐貫が全裸でいることに気付かされる。
「あ…」
服を着てここまで来てしまったことが、佐貫を待たせていたようにも感じて、余計に申し訳なさが募った。
だが今更となっては、ここで脱ぐのも、いかにも「してくれ」と強請っているようで恥ずかしさが込み上げる。
佐貫はこんな姿で現れた成俊に、特に不満もないようだったが…。
「さ、佐貫さん、疲れてない?!マッサージしてあげようか?!」
何故こんな台詞が出てしまったのだろうか…。
佐貫の肌に触れたいと思いながら、出た口実がこの程度の言葉だ。
「なんだ?突然」
もちろん、訝しげに視線を投げられるのだが、恥ずかしさから咄嗟の言い訳はしどろもどろな返しにしかならない。
「だって、ここのところずっと働き詰めだったし…。どこか凝ってるかな…と思って…」
いかにも佐貫の体を気遣っているのだと言えば嫌味が返ってくる。
それも、決して成俊を責めない口調で…、
「人をジジイ扱いしやがって」
「そ、そんなこと…」
苦笑される態度に慌てて弁解するものの、佐貫は成俊の申し出を有り難くいただく、という反応に出た。

「じゃあ頼むか…。デスクワークが増えたせいか、どうも肩と腰にくる…」
歳をとったな…とぼそり続けられたが、目の前にある身体は鍛え上げられすぎていて、とても今の年齢を感じさせなかった。
うつ伏せに寝転んだ佐貫が腕を枕にして目を閉じた。
言い出した手前、どれだけおぼつかないとしても佐貫の肌に触らなければいけない。
身体を起こした成俊は、佐貫の腰を跨いで座り、見よう見真似のような指使いで佐貫の肩を揉み、背骨を押して腰まで辿り着いた。
どう、動かしたらいいのだろう…と悩みながら進めていくうちに、佐貫から静かな眠りの吐息が零れているのを知った。
拙い動きでありながら、気持ち良さを覚えてくれたのだろうか…。

確かに淋しさもあったが、安心して眠ってくれる姿には成俊も癒されるものがある。
普段自分では触れることのない項にそっと唇を寄せてみた。
それから筋肉質な肩骨や背筋へと指と唇を這わせてみる。
女の体を抱いたことはあっても、男の体にこうして顔を寄せるのは初めてのことだった。
硬い身体は決して抱き心地がいいというものではないだろうが、自分の為に身体を張ってくれていることを知るだけに愛しい。
幾度も肌の上に掌や唇、舌先を這わせているうちに、どうにも止まらない熱がまた股間を襲ってくる。
先程放ったばかりだというのに、我慢できずに佐貫の肌を視界に入れながら屹立したものに指を絡めれば、「ぬちゅっ」と淫猥な音が静かな寝室に響いた。

「あ、ふぅ…」
声を上げそうになって慌てて片手で口元を押さえる。
この場ではもう抑えきれないのは自身が良く知ることだった。
『トイレにでも行こう…』
佐貫の睡眠を邪魔しないためにも、この浅ましい身体を見せないためにも…。
そっと佐貫の体から降りて、ベッドを抜け出そうとする。

「どこに行く気だ?」
ベッドを降りようとして不意に絡め取られた身体があっという間に反転し、気付いたら佐貫の腕の下に組み敷かれていた。
キョトンと見上げる先に、獲物を手にしたと、弱肉強食の世界が広がる。
柔道の技を身につけているとはいえ、寝技が得意技だとは聞いたこともなかった…。

エサを両手で掴んだ肉食獣は成俊に覆いかぶさり、喉元の肉を食いちぎって我のものとしそうな雰囲気すらあった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

凄い中途半端なとこで区切ったかなぁ…。
このエチはいつまで続くんだろー????

53← →55
関連記事
トラックバック0 コメント7
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
s様
コメントきえ | URL | 2011-02-08-Tue 07:26 [編集]
おはようございます。
こんな朝早くからのご来店とコメント感謝です~。

>やっぱり~!。素直になれば良いのですよ、成俊君(先生の気分?ちょっと違うな。おせっかいなおばさんかな(^^ゞ )。
>佐貫にどっぷりと甘えなさい。青春?を取り戻しなさい。まだ始まったばかりだよ。

青春?!今から(爆)
そうね~、成俊、学生結婚だったもんね。
やりたいときにヤりたいことをやるのが一番いい!!
佐貫は絶対に甘やかしてくれるし、オネダリすればいいのに…。
ハイ、これからです。(生活が?えちが???)
コメントありがとうございました。
R・・・新婚だからなぁ
コメントけいったん | URL | 2011-02-08-Tue 09:52 [編集]
私も 佐貫の体に 触りた~い...タッチヾ(*・ω・*)
引き締まって固いけど 弾力がある鍛えた体って いいですよね~♪
だが 決して マッチョが好きでは ありません!NONONO(^3^)b゛

淋しいセルフな行為は、一回で 十分でしょ!
成俊、佐貫が復活(?)したみたいだから 良かった(o´・ω-)b ネッ♪byebye☆
Re: R・・・新婚だからなぁ
コメントきえ | URL | 2011-02-08-Tue 11:40 [編集]
けいったん様
こんにちは~
『新婚さんいらっしゃーい~♪』

> 私も 佐貫の体に 触りた~い...タッチヾ(*・ω・*)
> 引き締まって固いけど 弾力がある鍛えた体って いいですよね~♪
> だが 決して マッチョが好きでは ありません!NONONO(^3^)b゛

タッチはエッチです(`・ω・´)ノ
引きしまった体にきっと成俊も感嘆の息を漏らしていることでしょう。
マッチョまではいかないなぁ、佐貫…(ヤバい、けいったん様の好みに進んでいく…)

> 淋しいセルフな行為は、一回で 十分でしょ!
> 成俊、佐貫が復活(?)したみたいだから 良かった(o´・ω-)b ネッ♪byebye☆

セルフは一度だけでね。
そんなことさせる佐貫も罪人ですよ。
一人淋しかったとばらしてしまえ、成俊(///∇//)
可愛がってもらうんだよ~(…って、その続き書かなきゃいけないの、私じゃん…汗汗)
コメントありがとうございしました。
(*ノωノ)
コメントらぅら | URL | 2011-02-08-Tue 17:45 [編集]
成俊ってば、まだ遠慮?があるんですかねぇ~?
照れなのか?δ(・ω・`)ウーン…

まぁ、佐貫も復活したようですし(爆)
あまぁ~い感じでまたラブラブしちゃってぇ~(笑)( ´艸`)ムププ
いつまで続いてもどんと来いです
コメント甲斐 | URL | 2011-02-09-Wed 01:05 [編集]
こういた行為に慣れていない成俊さんです
初々しい
お風呂で終わり?
ベッドでも続き?
パジャマ着るべき?
と、あせあせしてる成俊さんがいますね
苦肉の策でマッサージでしたか・・・
Re: (*ノωノ)
コメントきえ | URL | 2011-02-09-Wed 06:54 [編集]
らぅら様
こちらにもありがとうございます。

> 成俊ってば、まだ遠慮?があるんですかねぇ~?
> 照れなのか?δ(・ω・`)ウーン…
>
> まぁ、佐貫も復活したようですし(爆)
> あまぁ~い感じでまたラブラブしちゃってぇ~(笑)( ´艸`)ムププ

照れているんだと思います。
思いが通じちゃったら恥じらいが出て大胆になれなくなった…。
佐貫、そのまま寝たら読者様に襲われちゃうからね(笑)
起こしました。
思いっきりらぶらぶしてます。
コメントありがとうございました。
Re: いつまで続いてもどんと来いです
コメントきえ | URL | 2011-02-09-Wed 07:06 [編集]
甲斐様
おはようございます。

> こういた行為に慣れていない成俊さんです
> 初々しい
> お風呂で終わり?
> ベッドでも続き?
> パジャマ着るべき?
> と、あせあせしてる成俊さんがいますね
> 苦肉の策でマッサージでしたか・・・

色々悩める10代のオトメのようです。
これまでいっぱいたくさんのことを経験してるはずなのに…。
そしてマッサージ?!
気遣いは良かったんだけど墓穴掘りましたね(笑)
はい、まだ少しえち続きます(えちらしいかどうか分かんないけど…)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.