FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
眼差し 24
2011-01-10-Mon  CATEGORY: 眼差し
結局、成俊は佐貫を具体的な意味を持って誘うなどということはできなかった。
佐貫の風呂上がりの普段着姿に幾らか視線を走らせたものの、それだけで、平静を保とうとする佐貫に何も言えず合わせた結果だった。
もともと『女』相手の成俊に、情を向けるのが間違いだと悟っている佐貫の態度も知れた。
隙間を開けて隣に座った佐貫は、自然な態度で自ら缶ビールをあおっていた。
『全てを忘れろ』と囁かれた昨夜の言葉が脳裏を横切る。
クスリの関係上、ただ抱いただけだと言われているようで物悲しかった。
佐貫にとって、簡単に忘れられる出来事でも、成俊にとっては初めての体験と蝕まれた精神を、そう簡単に忘れられるはずもない。

アルコールに慣れない身体は、あっという間にふらつくほどの酔いを回らせた。
ソファにもたれた成俊の体を気遣うように、佐貫の指が頬を撫で、首筋を這った。
その瞬間に、どくりと血が熱を持って流れていく。
「はっぁ…っ…」
無意識に晒した吐息が佐貫をびくつかせた。

「もう、寝ろ。俺はここでいいから」
まるで成俊を拒絶されているようだ。
促される言葉に成俊は尚更心細くなった。
佐貫にとっての安住(あんじゅう)の地を奪っているようで心苦しくなる。
「俺が、こっちで…。佐貫さん、ちゃんと寝てください…」
昨夜だって、成俊を手にかけたことでまともな睡眠などとっていないのだろう。
綺麗に洗われた身体が全てをものがたっているようだった。
ささやかな抵抗を佐貫は受け入れない。
「俺はどんな場所でも寝ることに慣れている。今はおまえがゆっくり眠れることに意味があるだろう」
「じゃあ、傍に居て…」

佐貫の目が一瞬見開かれるのを見た。
単に身体の温もりを感じるだけの存在はとうに超えている。
その意味を、分からない佐貫ではないし、知らずに漏らしたと言えるような立場ではない成俊だった。
焼けつくような身体の繋がりを知っている。
身体を繋げる、その意味の深さを知り、また求める。
嫌悪もない、願う独占欲。
本当はずっとそばに居てほしい。
一時的な何かではなく、ずっと頼れる…、何もかもを受け止めてくれる存在であってほしい。
我が儘な願いがかなうはずもないのは百も承知していた。
『どんな場所でも眠れる…』と言い放った佐貫に、では『自分の隣でも平然とできるのか』と問いかけたいくらいだった。
自分だけを求めてほしい。
何故そう思うのか、求めるのか、まだはっきりとしない成俊に、大きな戸惑いを宿した瞳が向けられる。
それを見るのが、辛かった…。
やはり、佐貫にとって、自分の立場はもどかしく邪魔なのだろう。

「ナリトシ…。おまえは今自分が何を口走っているのか分かっているのか?」
静かに問われる口調に迷いもなく頷く。
昨夜の自分がクスリに犯されていたとしても、安らぎを感じられたのは事実だったし、今日一日ももっと溺れたい渦の中にいた。
間違った道に進んでいるのかもしれない。
それを正そうとしてくれているのかもしれない。
男同士の関係が世に受け入れられない、差別的なものを纏うのだとは、自ら生きてきた世界の中でそれとなく知っていた。
何故肯定できたのか、自身でも分からないくらいだ。
ただ、日野が迷いもなく進む道、佐貫が受け止めてくれる優しさに嫌悪も羞恥もなくなる。
むしろ、決して揺るがない世界を見せられているようで、その世界に惹かれた。
男と女、男と男…。違いは何なのだろう。
後ろめたさがあるから余計に嘘いつわりのない空間を共有できる気がする。
共に持った秘密。
どちらかが綻びを見せれば生活に支障が出るのかもしれない。
そんな危険を冒してまで手に入れたいと思った存在は、確かなほど心を揺すり食い込んでくる。

静かな空気を纏った雰囲気のなか、そっと伸びてきた佐貫の掌が成俊の頬を包んだ。
…後悔しない…。
身じろぐこともせずに掌に頬をすりよせた。
甘えたい…守ってほしい…傍にいて…。
全ての願いが、一瞬の行動に出る。

何もかもを悟った佐貫の行動は止まらなかった。
昨夜とは違う、宥めるだけではなく襲ってくる肉食の匂いが漂っていた。
初めて触れた唇の温かさ…。
口付けを施してくれた行為に愛情の意味を知った。

たった2日。成り行きだけの行為。
だけど今、本当の意味で佐貫に堕ちている自身を知るのだ。
これを浮気と呼ばなかったらなんと言うのだろう。
ただ、この瞬間、何もかもを投げ打てる自分を知った。
どんな財産もいらない。
…求めたのは…心…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
書けるときは書ける。
2000文字書くのが辛いなぁ。
こんなのでもいいかしら。

23← →25
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントmiki | URL | 2011-01-10-Mon 16:27 [編集]
成俊と佐貫お互いの気持ちがこれできちんとわかり合ったのでしょうか。成俊はこれから大変な事があるけど、佐貫に支えてもらえたら大丈夫ですよね(^^)
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-01-10-Mon 17:25 [編集]
miki様
こんばんは。

> 成俊と佐貫お互いの気持ちがこれできちんとわかり合ったのでしょうか。成俊はこれから大変な事があるけど、佐貫に支えてもらえたら大丈夫ですよね(^^)

分かりあえたんでしょうか…。
成俊の今後のことも、佐貫が支えてくれたら一番なんですけど…。
第一に解決しないといけない問題を抱えて…えーと…。
焦れ焦れで本当にごめんなさい。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.