FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
大掃除の日
2010-12-31-Fri  CATEGORY: 『想』―sou―
何で突発的に思いつくんだ~????っていう、超くだらないものです。
昼ご飯時に慌てて書いてみた。


年末も押し迫ってきたが、千城と英人の愛の巣に『大掃除』という体験はない。
日々やってくるヘルパーと特別に増員された清掃業者が半日という短時間で隅々まで綺麗にしていった。
清掃中は千城と外に出歩いていたが、戻ってきていつも以上にピカピカにされた室内に少しばかりの抵抗が生まれる。
「寝室まで見られるの、恥ずかしくない?」
「何故?汚れたものをそのまま晒しているわけじゃない。シーツなどはクリーニングに出しているだろう」
それもどうかと思うが、英人に残された体力で洗濯などできるはずもなかった。
千城は何の臆面もなく、”汚れもの”を人に手渡す。
そんなものを見られて何と思われているのか…、英人は不安になりはするものの、榛名家の人間(特に百合子)にとっては”当然”のことであって、自分の考えがおかしいのだとすり替えられている。
まぁ、千城が英人に『掃除』などさせたくない心理も分かりはするのだが…。(体力ないの、英人)
「明日は本邸に行かなければならないんだ。今日くらいゆっくりしよう」
冬の日差しだというのに、まだ明るい夕刻、英人は断ることもできず、バスルームへと誘われた。

榛名家の元旦の夜、参照です。
雛鳥の巣立ち 18

**************************************************************************

年末の事務所は28日を持って休業としていた。
大掃除などする場所もないだろうというくらいに普段から整理された部屋をおまけ程度に片付けた。
大晦日の日は、安住は朝からキッチンに立ちっぱなしでいる。
すっかり手持無沙汰となった一葉は玄関掃除と洗車をしてくる、と外に出て行った。
自動車メーカーにかつて勤めていたから…というわけではないが、車には愛着がある。
とはいえ、冬の水は冷たくもあり、手袋をしているとはいえど、跳ね返る水の冷たさにぶるっと震えた。
でも今日はいい天気だったから、太陽に当たって輝きを増していく車体を見るのは嬉しいことだった。
よく動き回ったせいか、ウィンドゥブレーカーの中で肌はしっとりと汗をかいているくらいだ。
一葉の車と安住の車の2台を洗い終えると、お昼の時間を過ぎていた。
夢中になっていたことを、呼びに来た安住に指摘されて気付いたくらいだ。
「一葉、服までびしょびしょになって…。そのままじゃ風邪ひいちゃうよ。すぐお風呂沸かしてあげる」
とび跳ねた水のせいか、汗をかいたからか、ふと動きを止めればヒンヤリとした空気で身体が冷やされるのが分かった。
小道具を片付け、家の中に戻れば温かい空気と美味しそうな匂いが充満していた。
「享利さん、何を作っていたの?」
お湯を溜め始めている水音が聞こえる中、バスルームへと引っ張られていった一葉は、ずっとキッチンに立っていた安住の行動を尋ねた。
「おせち料理の準備をね」
なんなく答えられてしまって思いっきり戸惑う。
おせち料理なんて、スーパーで買ってくるもので過ごした(無い年もあった)一葉だ。
「作るの?!作れるんだっ!!」
「うん。素材が分かるもののほうが一葉の体には良いはずだよ」
驚きに呆けていた一葉はいつの間にか安住の手によって衣類を剥がされていた。
「あ、あの…」
「お湯が溜まるまでにはまだ時間がかかっちゃうから。二人で入って体積を増やした方が早くあたたまれるよ」
全然違う意味で身体が温まりそうだ…と一葉は思ったが、言葉になどできるはずがなかった。

**********************************************************************

「もぅやだぁ…」
マンションの部屋の中に悲痛な那智の声が響き渡る。
太陽が傾きかけた昼過ぎ、引っ張り出したのはいいが収集が付かなくなった衣類や雑誌、小物類に囲まれて掃除前よりも汚くなった部屋に投げやりな態度で文句をぶつけられる。
「那智が掃除しようっていったんじゃん」
年中無休の会社に勤める久志だったが、交代制の休みの中、珍しく大晦日と元旦の休日をもぎとっていた。
那智は30日から年末年始の休暇に入る予定だったが、突然の異常事態に30日の午前中を休日出勤させられていた。
それでも年末らしいことを何かしたかった那智は『明日大掃除』を提案したのだが、30日の午後には到底片付けられるものではなく、31日の朝から久志を引っ張り出したものの、やっぱり整理整頓がつかなかった。
「だってぇ…」
「捨てる、捨てないは後で考えよう。とにかく、これら、片付けないと…」
既存の整理棚と段ボール箱を取り出した久志が、目的別ごとに”収納”を始めていく。
決して”取り出しやすい”形ではないが、狭いスペースに器用に物を詰め込んでいく姿は感心せざるを得ない。
「あのねー。俺の仕事なんだと思ってんの?狭いトラックにいかに多くの荷物を詰め込むか、なんですけど…」
運送会社で扱う荷物量は半端ないらしい。
実際現場に降りることは稀らしいが、そちらで培った知識、というか技はこんなところで活かされるのか…。
あっという間に片付けられた部屋に感心しきれば、風呂掃除までしている久志がいる。
「那智~。一年の垢は俺がおとしてやるから~」
聞きたくない…聞きたくない言葉が今頭を過った…と冷汗をかいた。
きっと久志は那智の後片付けを手伝うことで弱みを一つ握ったのだ…。
元旦まで休みとなった今、大人しく言うことをきいてくれる久志ではないだろう。
「ヒ、ヒサ。明日初詣、一緒に行こうよ。一緒に行ける日、明日しかないし…」
なんとか体力の限界に挑戦されたくない那智は目まぐるしく頭を働かせた。
「あー。もちろんいくよ。でも除夜の鐘聞くまでまだ時間あるし。そしたら出掛けてさー。寒い暗い夜空の下で那智、抱っこできるのもいいじゃん。帰ってきたら冷えた身体、一日かけて温めてやるし」
那智と久志の”初詣”の時間が大幅に狂っていることを今更ながらに知った。
体力の限界は、今夜ではなく、明日やってくるらしい…。
思えば那智は、5日までやすみなのだ…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

大掃除しながら思いついた自分がバカみたい…。
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2010-12-31-Fri 15:19 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
コメントらぅら | URL | 2010-12-31-Fri 20:06 [編集]
今年の更新はないと思っていたら。。。
更新されてるぅ~゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

お子様達の大晦日ですね♪
私は一葉と同じで洗車してました。。。(´_`。)
洗車って結構疲れるんだけど。。。
一葉・・・大丈夫かなぁ~? いろいろと(笑)
Re: きえさん偉い!
コメントきえ | URL | 2010-12-31-Fri 21:54 [編集]
Rさん、こんばんはー。

> 大掃除したんだ!
> 私は換気扇くらいしかできなかった。
> また来年もよろしくお願いします!

形ばかりしましたよー。
途中でなげましたけど。
こちらこそいろいろお手数おかけした1年でした。
どうぞまた来年も宜しくです。
コメントありがとうございました。
Re: No title
コメントきえ | URL | 2010-12-31-Fri 22:32 [編集]
らぅら様
こんばんはー。

> 今年の更新はないと思っていたら。。。
> 更新されてるぅ~゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

すいません。突発的に思い浮かんで速攻で書きあげました。
所要時間15分くらい?!

> お子様達の大晦日ですね♪
> 私は一葉と同じで洗車してました。。。(´_`。)
> 洗車って結構疲れるんだけど。。。
> 一葉・・・大丈夫かなぁ~? いろいろと(笑)

らぅら様も洗車していらしたのですね。
私は機械洗車しかしません(←いばり)
一葉、大丈夫だと思いますよ。
安住がきっとマッサージとかいろいろ(笑)
今回パスルーム編でまとめてみました(←どこが?!)
最後までお付き合いありがとうございます。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.