FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
眼差し 13
2010-12-24-Fri  CATEGORY: 眼差し
佐貫は、チラッと見ただけの車のナンバーと、逃げた男たちの特徴をどこかに連絡していた。
成俊は泣いたことだけで体温が上がっているのではない、身体の奥からせり上がってくるような熱さを感じた。
この、湧きあがってくる熱は何だろう…。
ドクドクと体の中心へと集まってくる気がする。
初めて触れた男の身体が、見た目以上に逞しいのを、布越しの筋肉の硬さで知った。
ただ触れている…、それだけのことなのに、そこから広がっていく熱さ…。
「あ…っ…」
泣き声とは違う反応に、佐貫の覗きこんでくる表情が見える。
涙目で見上げた先の顔は少し歪んでいた。
そんな成俊に、佐貫は一瞬怪訝な顔色を浮かべた。
しかし、すぐに状況を理解したように成俊の背をさすった。
「”その手”のモノを入れられたのか…。この辺で出回っているクスリは想像がつく。あんたには無縁だろうが『催淫剤』っていうのがあるんだよ」

佐貫は成俊の持った反応でそれとなく気付いたようだった。
そんな薬物の存在など、これまで生きてきた人生では全く知ることのない話であり、成俊自身佐貫から何を告げられているのか理解に苦しんだ。
ただ、襲ってくる”興奮”はもう逃しようがなくなっている。
「近くに車を停めてある。とりあえず、…うちが一番近いな…」
何やら頭を巡らせていた佐貫だが、すぐ答えを出すと成俊を促した。
どうなるのかと脅える成俊に、佐貫の自宅に向かうのだと説明されれば頷く以外のことができるはずもない。
道端での惨めなやりとりをこれ以上人目に晒すのも嫌だった。

クスリのせいなのか、先程まで心の中に燻っていたものが一時的にも消えていく。
悩むよりも今は身体をどうにかしたい方へと気が向いてしまっていた。
自分が壊れていくような恐ろしさがあるのに、何もかも投げ打ってしまいたい自棄もある。

抱え上げられるようにして連れ去られたコインパーキングの中で、助手席に横にされ離れていきそうになる人肌に無意味に縋ろうとする。
手を伸ばせば、納得したような、そして諦めたような切なげな顔が見えた。
「すぐ、家に着く」
その”すぐ”がもどかしい。
なんなのだろう、この感覚は…。

辿り着いたところは見栄えの良いマンションだった。
日野の家もそれなりに良かったが、こちらは”家族”が暮らすような『広さ』がある。
安らぎがあるような空間の作りの良さに反応するのは父親だったからなのか…。
全身から力が抜けた成俊はただもたれかかるように佐貫に支えられて部屋へと辿り着いた。
身体は火が付いたように熱くなっていて、しかも肌をすべる布の感触まで敏感に感じ取るくらいだ。
ソファに座らせられて、「ラクにしたほうがいい」と上着とネクタイをとられた。
だけど、触れてくる指の動きに信じられないほど身体が反応し戦慄いた。
「な、なに、これ…、…俺、へん…」
自分の体のことを佐貫に言って理解してもらえるはずなどないのに、洩れた声に佐貫の視線が成俊の全身に走らされる。
下半身には、自分の意思とは関係なく硬さを持ち始めた性器の存在があった。
「う…そ、…や、だ、…おかし…ぃ…」
羞恥であるはずなのに、そんなことにまで興奮した性欲が生まれる。
「クスリのせいだ。切れるまではちょっと辛いだろうが…」
「はぁ…ぁあぁぁ…」
だがあっという間に性器は大きく成長し、衣類の中に閉じ込められている窮屈感を味わう。
「ど、どうしよ……」
セックスレスな生活の中、自慰をすることも多々ありはしたが、佐貫が状況を理解している中で、トイレに籠るのも嫌だ。
「あぁぁぁ…」
恥ずかしいと分かりながら股間を抑えれば、それがまた新たな刺激となってしまった。

「出した方がラクになれるだろ」
隣に座った佐貫の、淡々と告げられる言葉の中には同情も込められているのだろうか…。
幼い子を宥めるように髪を撫でられ、その手が頬に触れる。
人肌の温かさに、掌に頬を寄せようとして思いとどまった。
「や…」
今触れられたら、もっと淫らになってしまうようで怖い…。
「ベッド、使うか?俺は出ていってやるから」
蔑むわけでもなく、当然のことと言ってくれる潔さには感服するが、そんなことになったらこの先どんな目で見られるのかとも思う。
ただでさえ、先程わぁわぁと泣き喚いて恥を晒しているのだ。
プルプルと首を振れば、「意外と強情だな」とクスリと笑われた。
だが佐貫は立ち上がると、ひょいと成俊を抱きあげてしまった。
「吐き出したい時は全部吐き出すのが一番良い」
佐貫の言葉は、身体のことも精神のことも言われているようで、成俊はまたグズグズと崩れていく自分を感じた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
クリスマスなのにまた暗い話に…
表記が曖昧でしたね。前話に『享利』という名前が出てきましたが、安住のことです。
安住享利(あずみ きょうり) 佐貫光也(さぬき みつや) 譲原望(ゆずはら のぞむ) いつのか分からないけど同級生です。

12← →14
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
成俊が グズグズ~
コメントけいったん | URL | 2010-12-24-Fri 19:33 [編集]
もう 心も 体も 泣きすぎた顔も グズグズ~ グチャグチャ~(T▽T)

市民の味方の刑事さん、どうか 小市民の成俊に 助けの手を 差し伸べて~
で そのまま ムフフフな 関係になっても いいよ~♪
(^^)ゞbyebye☆
あれまw
コメントらぅら | URL | 2010-12-24-Fri 20:02 [編集]
いきなりお持ち帰りですか?(*ノωノ)
(佐貫はそういう気でお持ち帰りして訳ではないですがw)

成俊~、このまま甘えてしまえ~( ´艸`)ムププ
Re: 成俊が グズグズ~
コメントきえ | URL | 2010-12-24-Fri 20:24 [編集]
けいったん様
こんばんは~。

> もう 心も 体も 泣きすぎた顔も グズグズ~ グチャグチャ~(T▽T)
>
> 市民の味方の刑事さん、どうか 小市民の成俊に 助けの手を 差し伸べて~
> で そのまま ムフフフな 関係になっても いいよ~♪
> (^^)ゞbyebye☆

ぐちゃぐちゃーな成俊でーす。
小市民…。うん、この子は間違いなく小市民。
どんな手を差し伸べてくれるんだか…。
ムフフフな関係ですか。
どうなるんでしょうね。
コメントありがとうございました。
で、刑事さん、逮捕しちゃうのかなぁ。
Re: あれまw
コメントきえ | URL | 2010-12-24-Fri 20:29 [編集]
らぅら様
こんばんは~

> いきなりお持ち帰りですか?(*ノωノ)
> (佐貫はそういう気でお持ち帰りして訳ではないですがw)
>
> 成俊~、このまま甘えてしまえ~( ´艸`)ムププ

いきなりお持ち帰りしちゃいました♪
その気ではない佐貫…のはずなんですけどね。
成俊は今一番弱りに弱っている状態なので。
佐貫の存在は色々な意味で大きいと思います。
なるべくサクサクっと続きが書けたらいいのに…。
(焦らす、待たせる、想像させる…)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.