FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
眼差し 11
2010-12-21-Tue  CATEGORY: 眼差し
渡された封筒から写真を取り出し、視界に入れた時、成俊の手が震えた。
そこに映っていたのは、高音と見知らぬ男がシティホテルに入っていくところだった。
娘の姿がないことを思えば、きっと両親にでも預けて、二人の時間を楽しもうという風にしか見えない。
『浮気の現場』と譲原が言いたがるのが分かった。

「君に黙っていたのは悪かったと思うが、この前から相手側がやけにこちらの提示に従順になり始めたことに疑問を持った。こんな仕事に就いているとね、話し声だけで状況とは見えてくるものなんだよ。こちら側に知られたくない事情が起きたから、現状維持で事なきを得ようとする態度が垣間見え、これ以上引きずったらもっと最悪な条件しか突き付けられないと判断したんだろう。その忙しなさに僕が勝手に興信所に依頼した結果、出たのがこれだった」
高音に不倫相手がいると分かれば、成俊が離婚を言い出したことも不貞があったという理由で覆されるという。
長きに渡り、夫婦生活がなかったこと、これまでの冷めた日々。
起因するものがあると分かれば、完全にこちら側に有利だった。

だが、成俊の精神を苛めたのはそんなことではなかった。
写真に映った男に見覚えはなかったが、面影は見えた。
何枚にもつながって撮られた写真、高音に向かって微笑む表情。
笑った時に下がる目尻や、上唇が膨れているように見える姿は、娘と変わらなかった…。

「う、そだ…」
かろうじて掠れた声が成俊から漏れた。
譲原にしてみれば、不貞を信じたくない夫としか思われていないのかもしれない。
「武田君…」
成俊の心情を察してなのか、優しい声が掛けられるが、成俊の耳には届いていない。
「うそだ…」
幾度も呪文のように呟かれる声と共に、呆然とした成俊の目から訳も分からない涙がこぼれた。
最初から、高音には裏切られていたのだ…。

ずっと、自分の娘だと信じてきた。
自分と似ている部分がどこか分からなかったが、高音に似たところが見えればそれだけで嬉しかった。
歩き始めた時、言葉を覚えた時、常に見てきたのは自分だったはずだ。
何の疑いもなく、自分の子供だと愛情をこめて育ててきた。
それが今、この瞬間に、『父親の勘』というそれだけで、娘は自分の子ではないのだと知らしめられた。
どんな意図で成俊を『父』にしたのかは知らない。
でも、娘と信じて疑わなかった時間を、この瞬間にも裏切られ、自分と離れることで本来の『父』と共に生きようとしている姿に打ちのめされた。


向かいのソファから成俊の隣に移動してきた譲原が、ただ零れていくだけの目にハンカチを当ててくれる。
「許せないのは分かる。だけど、これが表ざたになれば、慰謝料を払うどころかむしろもらう側へと変えられるんだ。これまでの全てが覆る。辛いだろうけれど、『離婚問題』ってこういうことなんだよ」
譲原は知らない…。
娘の莉音(りおん)に会ったことがないのだから、この写真に映った男と繋がりがあるなど、これっぽっちも思ってはいないのだろう。
それが分かった時、譲原はどれほどの戦略を立てるのか…。
高音には何一つ渡してやろうなどという気は、今更起きなかったが、せめて、数年でも自分の娘であった莉音にだけはできることをしてやりたかった。
たとえ、自分の子でなくても、共に生きてきた時間があったのだ…。

成俊はその事実を譲原に伝えることができなかった。
この弁護士は現在戦う戦士だ。
高音の不貞を暴き、いかに成俊に負担をかけず、有利に持っていくかしか考えられていないように思える。
呆然としながら事務所を後にした。
心配そうに見送る譲原から発されたのは、「決して二人で話をしないでくれ」ということだった。
たぶん、きっと、言いようのない口約束を結んでしまう成俊を懸念したのだろう。

成俊は確かめたかったが、マンションに戻る気力も無くしていた。
目にした写真はホテルであって、自宅ではない。
成俊がいない間に、万が一でも見つかることを恐れたのか、きっと二人がマンションに訪れることはないだろう。
現場でも押さえれば何かしら言うことができるかもしれないが、その可能性は薄いし、子供に聞かせたくないことだった。
父親が二人いたなど、誰が聞いて喜ぶ?!

ふらふら、と夜の街を彷徨った。
空を見上げればネオンに隠れて月も星も見えない。
自分が行きつく先はどこなのだろう…。
ふと立ち止まり、方向を失って呆然と空を見上げていれば、ドンッと背後から当たってくる体によろめいた。
「なに、立ち止まってんだ?!オラァっ!!」
チンピラと見紛う男数人に囲まれている状況を、ようやく成俊は知った。
殴られでもするかと思ったのに、見定めるように覗きこんだ顔は欲にまみれている。
「あんた、結構、綺麗どころじゃん」
告げられた意味も分からなかった。
「ぶつかった落とし前、金がなきゃ身体で払ってもらおうかぁ?」
卑下した笑いに、背筋に寒いものが流れる。
身なりからして、とても金を持っているようには見えないはずだ。
そして、彼らが意味する言葉を…、日野の店に通ったことで知ってしまった…。
具体的に何を告げられたわけではないが、男を相手にできる存在があることは日々の中で覚えた。
だからといって、自分が男を相手にできるはずなどない。
恐ろしさに声が震える。
「な、に、いって…」
「いいから、こっち来いよっ!!」
通り過ぎる人は関わりたくないと言わんばかりに素通りしていった。
暴れたら左頬を殴られた。
「大人しくしてりゃぁ、いい気分にしてやるってーのに」
ボソッと耳元で囁かれた言葉に、全身に虫唾が走る。
自分を囲む男は3人しかいなかったが、細身の成俊に逃げ出せるチャンスなどこれっぽっちもなかった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
10← →12
関連記事
トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2010-12-21-Tue 02:00 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: あれあれ?
コメントきえ | URL | 2010-12-21-Tue 06:52 [編集]
S様
おはようございます。
ご指摘感謝です~。
とんでもない勘違いをしていたようでした…(反省)
こ・これは!そ・それは!
コメントけいったん | URL | 2010-12-21-Tue 12:00 [編集]
きえ様、何から書いて いいのか 分からない程の 問題が テンコ盛りーー!
写真は 高音の方で 浮気、子供事と 可哀相では すませられいよ~。
よくぞ ここまで 過酷な状況を...(T▽T)

そんな ドン底な成俊に 貞操の危機が ”+”とは、きえ様は 何て鬼畜で御方で 御座いましょうか。
私は そんな...「貴女が 好きだからッ~(byチャン・ドンゴン風で)」です♪

ヒーロー登場ありかな?(*・・*)ゞbyebye☆
Re: こ・これは!そ・それは!
コメントきえ | URL | 2010-12-21-Tue 13:12 [編集]
けいったん様
こんにちは~。

> きえ様、何から書いて いいのか 分からない程の 問題が テンコ盛りーー!
> 写真は 高音の方で 浮気、子供事と 可哀相では すませられいよ~。
> よくぞ ここまで 過酷な状況を...(T▽T)

テンコ盛り~っ♪
なんかいっぱいかぶさってきちゃいましたね、成俊クン。
不幸は重なる時は重なるんです。きっと…。

> そんな ドン底な成俊に 貞操の危機が ”+”とは、きえ様は 何て鬼畜で御方で 御座いましょうか。
> 私は そんな...「貴女が 好きだからッ~(byチャン・ドンゴン風で)」です♪
>
> ヒーロー登場ありかな?(*・・*)ゞbyebye☆

更に貞操の危機!!
えー、別に私鬼畜でもドSでもないんですけどーぉ。
けいったん様もお気に召してくださっているようですし。
ヒーローですか。ですねぇ。
こういうときの出番を待っている方がきっとその辺を歩いているはずです。
こめとんありがとうございました。
Σ(- -ノ)ノ エェ!?
コメントらぅら | URL | 2010-12-21-Tue 17:21 [編集]
高音にそんな秘密がぁ~Σ((゚д゚ノ)ノ
ってか、成俊 ちゃんと譲原さんに言わないとぉ~。。。(汗

うぉ・・・怖いおにぃさんに連れてかれるぅ~
ここで街をうろうろ(失礼w)しているヒーロー登場かな?( ´艸`)ムププ
Re: Σ(- -ノ)ノ エェ!?
コメントきえ | URL | 2010-12-21-Tue 17:39 [編集]
らぅら様
ご一緒したかしら~、こんばんはー。

> 高音にそんな秘密がぁ~Σ((゚д゚ノ)ノ
> ってか、成俊 ちゃんと譲原さんに言わないとぉ~。。。(汗

言わなきゃいけないところですよね~。
でも成俊としては、まだくすぶるいろーんなことがあるんだと思います。
そこは法律と感情の違いなんでしょう。

> うぉ・・・怖いおにぃさんに連れてかれるぅ~
> ここで街をうろうろ(失礼w)しているヒーロー登場かな?( ´艸`)ムププ

ウロウロしている人…ww
誰だろうねぇ。(←今更…)
えぇ、まぁ、そんな展開ですよ。
私の頭は枯れているので…。
コメントありがとうございました~。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.