FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
眼差し 1
2010-12-10-Fri  CATEGORY: 眼差し
武田成俊(たけだ なりとし)はビルの中にひっそりと造られたバーに立ち寄った。
中堅のインテリアショップで販売員の仕事に就いている。
インテリアショップ、と名前は良いが、要するに『家具屋』で、生活に必要な細々としたものまであり、食品以外の全般を扱っていた。
5階建ての自社ビルの中にショールームを備えた売り場は、土日に限らず、結構な来客があって賑やかだ。
常に喧噪の中にいるような人間にとって、勤め帰りで寄ったせいか、初めて入ったバーはあまりにも静かで面食らったくらいだ。

一見、外からはバーがあるようには見えないただの雑居ビルの3F。
旧知の人物から「働いている」と連絡を貰わなければ知ることもなかったような場所。
思わず恐る恐るドアを開けてしまった。
まだ新しいはずなのに、趣がある空間だった。
オーク材で囲まれた店内は照明が落とされ、所々に絵画が飾られており、落ち着いた雰囲気を漂わせている。
店に入れば、すぐにカウンターの奥に立った黒いベストのバーテンダーが気づいた。
同時に「いらっしゃいませ」の掛け声よりも先に「久し振り」と口端を上げただけの笑みを向けられる。
成俊の後ろに続く人間がいないことで、一人だと思ったのか、カウンターの空いている席を視線だけで促された。
26歳という歳にはなっているが、正直、こういった年齢層の高そうな店に来たこともなく、どうしたらいいのか分からずに戸惑った成俊には有り難かった。

『贅沢』とは無縁な生活だ。
成俊には同じ年の妻と5歳になる娘がいた。
同じ大学で知り合い、学生中に身ごもった妻の高音(たかね)はそれを理由に大学をやめてしまった。
成俊も学業どころではなく、働いて『家族』を支えたかったのだが、ようやく認めてくれた両家の親から卒業することを厳しく言い渡され、その間、高音の家で世話になってきた。
そんな身分で飲み歩く、などできるはずもない。
就職してからも、若い成俊の給料など高が知れていて、家族を養うことの厳しさを嫌というほど教えられていた。
今着ているスーツだって、何年ものだ?と聞きたくなるくらいヨレてきている。
そうは感じさせないのは、成俊の作りの良さか。
細身の身体と、割りに頭が小さいので、170センチしかない実際の身長よりも背が高く見られた。
大きな黒眼と紅い唇に先に視線が行くせいかもしれない。
それらのすべてが、控え目な華やかさを放っている。

高校時代を共に過ごしたバーテンダーの日野尚治(ひの しょうじ)が、温かなおしぼりとコースターをさりげない仕草で置いた。
「ここ、すぐ分かった?」
「あ、あぁ、一応、地図もらってたし…」
改めて店内を見回せば、長いカウンター席の奥のほうに4人の客が座っているだけで、テーブル席には誰もいなかった。
もしかして、閑古鳥が鳴いている店か?と些か不安に思う成俊だったが、今日が平日であることを思えばこんな日もあるのか…と納得できた。
くるりと首を巡らせていた成俊の行動に心意を見透かされたようにクスリと笑われる。
「うち、看板出してないから常連がほとんど。何飲む?おまかせでいい?」
確かに分かりづらかったな…と通ってきた道を振り返った。

日野はさすがに昔からの知り合いだけあって成俊の懐事情を良く知っている。
成俊も日野の家庭環境を見聞きしてきた。
日野は高校を卒業してすぐに働き出してしまったから疎遠になりつつあったが、自分の不手際というか、高音が妊娠したことで連絡を密に交わしたのが日野だった。
その頃、すでに接客業に就いていた日野は、当時から話を聞くのが上手かった気がする。
一気に状況が悪くなった成俊を宥め勇気づけ励ましてくれたのは、いつもこのバーテンダーだ。
ただ、ゲイバーで働き出したと聞いた時には、さすがに驚愕したし、人ごとながら将来の心配もした。
しかし当の本人は「働いているだけ」と開き直っていたし、ひたむきに生きる人間模様になにやら思うものがあったらしい。
実際誘われてその店に行ったこともあった。
日野には悪かったが、少ない金で飲ませてくれる貴重な店だった。
何より、話相手になってくれる。
あからさまに何かをする店ではなかったし、あえて好奇の目で見なければ、単に男同士が飲んでいる光景なのだと、成俊も思えるようになった。

そんな日野から『自分の店を持った』と連絡が来た時には、ただ驚くだけだった。
自分と同じ年でありながら、すでに起業したと知らされれば積んできた経験の差を堂々と告げられているようでショックもあった。
慌てて詳しく話を聞いてみれば「雇われオーナーみたいなもん」とあっさり返され、更には「奢ってやるから飲みに来いよ」と声をかけられて現在に至っている。
すぐにでも来たかったのだが、子供を保育園に預けてから働き出した高音や子供のことを思うとなかなか実現しなかった。
今日こそは…なんて思っている時に限って、子供が熱を出した、とか、上司に誘われたとか予定が重なる。

シェイカーを振る日野に視線を投げながら、また店内を見回し、以前の店とは全く趣向の違う雰囲気に、『とうとう日野もゲイバー、卒業か』と内心で安堵のため息をついていた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
スミマセン…m(__;)m リーマン物が書きたかったらしいです…。
(正確にはあっちが詰まっているんですけど…。内緒ってことで。(←オイ) こっちが詰まるのも時間の問題か?!)
ポチパチでがんばりますっ!!

→2
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントかや | URL | 2010-12-10-Fri 21:33 [編集]
続きが気になる出だしですね~。
バーテンダーっていいなあ。
次々にお話が出てくるので、スゴイなーと感心してます。
きえさんの頭の中、のぞいてみたいです(笑)
Re: No title
コメントきえ | URL | 2010-12-10-Fri 22:09 [編集]
かや様
こんばんは。
覗かれたら困る頭です(←脳みそカラッポ)

> 続きが気になる出だしですね~。
> バーテンダーっていいなあ。
> 次々にお話が出てくるので、スゴイなーと感心してます。
> きえさんの頭の中、のぞいてみたいです(笑)

バーテンダー日野っちは『淋しい夜~』に出てきた人です。
でもあまり関係持たせたくないから知らない人が読んでも進んでいけるようにしたいです。
一つの話も完結できず、放ったらかしのようで心苦しいんですよね。
頭の中、のぞかれたらエロしか残っていなかったりして…?!
(かやちんじゃないしー)←ハイッ?

ちょっと濃く長くなる話かもしれませんが、(なんてったって見切り発車)お付き合いくださればと思います。
コメントありがとうございました。
またまた
コメントちー | URL | 2016-11-12-Sat 02:01 [編集]
成くんに会いに来てしまいました。きえちんには不思議がられたっけ。なんでこの子?(笑)ってさ。
すごくご無沙汰してましてごめんなさい。
去年の今頃、猫が虹の橋を渡ってしまいました。
辛くて淋しい毎日だったけど、まだ弟猫がいるから何とかなってます。きえちんに、会ったかな?
きえちんにコメント貰えないと知りつつコメント書いちゃう。
丘のみなさんは、元気かな?風邪、引かないでね。
お久しぶりです♪
コメントさえ | URL | 2016-12-04-Sun 17:07 [編集]
ちーちゃんの書き込み見て成くん読み返しました~(*^_^*)
最近はお話書く方が減ってしまって淋しいです。
きえちんが書いてた頃は、他にも沢山の方が書いていて読みに行ってたけど…。
でも、コメ書いたのはきえちんのとこだけでした。


ちーちゃんの猫さんは今頃きえちんと戯れているのではないでしょうか?あっちは賑やかかな?

皆さんお元気でしょうか?
寒くなってきたので風邪引かないようにね~♪
トラックバック
TB*URL
<< 2018/12 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2018 BLの丘. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。