FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
【観潮楼】冬企画参加作品:贈り物
2010-12-02-Thu  CATEGORY: 観潮楼
BL・KANCHOROU(観潮楼)季節企画の、冬企画「冬のたからもの」に参加する品でございます。
イラスト、二次加工、お好きに~と思っております。
観潮楼冬バナー




クリスマスソングが鳴り響く頃、年の終わりを実感する。
それと共に淋しさも胸を襲った。
社会人になり、付き合っていたのは上司だった。
2年と月日を共に過ごすことができないうちに、突然命じられた上司の転勤。それも海外だった。
追いかけようかと思ったが、自分に残された道は『退職』しかない。
上司はそれを止めた。

「おまえの事は愛しい。だけど、今ここで、道を踏み外すな」

嫌われたのかと思った…。
あまりの淋しさにボロボロと泣いた。
「いつでも遊びにくればいい」
何度も囁かれたが、自分の行く先と受け止めてくれる場所はあるのだろうか。
迎え入れてもらえないような恐怖を抱えて、一度も彼の住む地には足を向けられなかった。
あれから3年。
同じ会社にいるから、動向は把握できる。
彼は離れた地でも実績を上げている。
聞こえてくる噂話だけでも、努力している姿が見えて心強かった。
自分の姿も気にかけてもらいたくて、頑張っていたと思う。

クリスマスイブの日。
転勤の話を聞かされたのも、この日だった。
まるで刻みつけるかのように、この日を狙ってくれた。
おかげで、忘れることができなくなった…。

会社帰りの夜の街角には、最後の売り上げを取りたい仮装したサンタクロースが道に溢れていた。
それはケーキだったり、雑貨だったり、ささやかな贈り物でも喜んでもらえるのだと言いたげに財布のひもを緩ませようとしていた。
イチゴがたっぷりと乗った円形型のケーキにふと視線が降りる。
一人で食べるのには無理があるのに、何故か惹かれた。

…『おまえ、イチゴみたい。ほら、すぐ紅くなるし』…
…『からかわないでくださいよぉ。だったらあなたはミカンだ。すっぱいし』…
…『俺、すっぱくないし。だったらイチゴだって変わんない』…
…『すっぱい?甘い方がいいのに…』…
…『ばーか、おまえ、充分、あまいってーの』…

最後のほのぼのとした会話がいつまでも耳にこびりついている。
あのあと、すっぱい現実を知らされた。
ついていくことも許されなかった。
それは、今の会社を辞めることも許されなかったように感じる。
まだどこかで繋がっていたい…。

自分のことを、『甘いイチゴ』と例えてくれたヒト…。

もっと甘えたかった。
もっと甘やかしてほしかった。
もっと甘えてもらいたかった…。

忘れられない1年がまた終わる…。
流れた月日の重さも感じる。

何気なしに手にしたケーキを、サンタクロースが万遍の笑みで会計してくれた。

「おまえ、それ、誰と食べるの?」
ふいに聞こえたとげがあるような懐かしい声に振り返る。
この何年も、社内を回る回覧物でしか目にしたことのない人物が、背後にいた。
「な…?」
「俺、戻ってくるって言った。待っていろとも言った。絶対におまえを俺の傍に寄せるからって」
悲しさの中で聞き逃してしまった台詞だ。
会社を辞めさせなかったのも、努力をさせたのも、全てはこの人…。
「なん、で、今、ここに…?」
「迎えに来たんだよ。俺はサンタクロースだからな」
伸ばされた手がクリスマスケーキを取る。
もう片方の手が、頬に触れた。
溢れそうになる涙を必死でこらえた。
「おまえ、来年度から異動。俺の下に呼んだから」
突然のプレゼントに堪えたはずの涙が零れ落ちた。
試練を与えるのも感動をくれるのもこの人だった。

「おまえは俺にとって、公私ともに『宝』になってくれたよ。離れて、余計に愛おしさが増した。おまえがいなかったらおれはここまで努力もしなかった…。おまえを手に入れるためなら、どんなことだってしようと思った…」
ただのヒモや、飼いならしたペットのような存在にしないために、発破をかけてくれたのだと改めて知る。
共に並んで生きていく世界を、思い描いていた『上司』に言葉が告げなかった。
「俺とは嫌か?」
静かに問われた声に、ただ首を横に振るしかない。
「会いたかった…」
引き寄せられた胸の中、忘れられない温もりを感じて、捨てられたのではない現実を知って、ただ泣き崩れた。
この温もりを、もう、手放したくはない…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック0 コメント7
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2010-12-02-Thu 18:47 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
コメントかや | URL | 2010-12-02-Thu 23:00 [編集]
いいお話ですね!
帰って来たのかと思ったら「呼び寄せた」んですね~(☆☆)
上昇志向の恋愛はいいなあ~。
Re: No title
コメントきえ | URL | 2010-12-03-Fri 07:48 [編集]
かや様
おはようございます。

> いいお話ですね!
> 帰って来たのかと思ったら「呼び寄せた」んですね~(☆☆)
> 上昇志向の恋愛はいいなあ~。

呼びました~。
今度こそ、連れていくって感じです。
頑張って働いたご褒美ですね。
コメントありがとうございました。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2010-12-12-Sun 13:50 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
コメントきえ | URL | 2010-12-12-Sun 17:04 [編集]
秘コメ様
こんにちは。

> はじめまして!
> クリスマスのジ~~ンとくるお話にうっとりです!
> サンタさんが迎えに来るなんて
> なんてロマンチック!!
> 来年度からの異動でどんな社内恋愛が繰り広げられるんでしょうvv
> ご馳走様でした~!

ようこそいらっしゃいました。
駄文にお付き合いくださいまして感謝です。
プレゼントを持ってきたんだか引き取りに来たんだか…って曖昧でした(汗)
社内恋愛、とはいえ、職場では厳しかったりする上司なんでしょうね。
飴とムチ、使い分けるような…。
コメントありがとうございました。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2010-12-16-Thu 09:40 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 読みに来ましたw
コメントきえ | URL | 2010-12-16-Thu 10:42 [編集]
秘コメ様
こんにちは~。

> チャットさせて頂いたご縁でw読みに来ましたよ。

ありがとうございます~ぅ。

> 意外に年齢も近く.。ooO(゚ペ/)/ひゃ
> と驚くばかり・・・

私も驚きました。
でも腐に年齢は関係ありませんから(笑

> 名前。無いですね(笑)
> 読み切りでアタシもパパッと出せればいいのに~
> いつも、ぐだぐだになってしまう。
> 困ったモノです(笑)
> 他のも拝見させて下さい~読み切りでショートの話が苦手なんで、
> 参考にさせて下さい。せんぱ~い♪
> サンタな上司さま格好いい!
> 情熱は冷めずなんですね。
> ではまた!

他の作家様を参考にされてくださーい。
お目汚しですので、うちは…(汗)
サンタの上司、お褒め頂いて嬉しい限りです。
サクッと書ければいいな~っていうのは私も思うところです。
(私もダラダラ続ける性質なので…)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2020/02 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


Copyright © 2020 BLの丘. all rights reserved.