FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
白い色 32
2010-11-18-Thu  CATEGORY: 白い色
今でこそ『付き合う』という形で収まったから良いようなものの、友達付き合いを続けていた間柄では問題発言になりかねないのではないかと美祢は思った。
だけどそれだけ心配されていたのかと捉えてしまえば嬉しさの塊でしかない。
単純なものだ、と呟いたことを大翔には言わなかったが…。

相変わらず、昼食を菊間と摂る日々は続いていた。
たまに大翔が同席するが、工場の流れの関係で休憩時間が決まっているわけでもなく、昼間のうちに顔を合わせることは稀と言っていい。
「美祢の分だけでも負担だったのに。俺さー、すっげープレッシャーなんだけど」
菊間と二人、社員食堂の隅にある4人掛けの席を陣取りながら、ここ最近、幾度となく繰り返した話題がまた口をつく。
「貴宏さんの素質を買われたってことじゃん。『主任』って適任だと思うよ」
新入社員の入社を前に、早々と新年度の辞令が発表されていた。
思い立ったら即実行の社長には、時期というものがない。
正式には来年度から、ということなのだが、心構えはしておけ、という心遣いらしい。
菊間は『主任』という役職を割り当てられた。
美祢は新入社員が入ってきてから、本格的な引き継ぎ作業を行うことになるが、その期間は開店するまでのかなり長いものだった。

「新店の準備ってどうなってるの?」
今日も菊間は天ぷら定食の他にミニラーメンを食べている。
ズズッとすすりあげながら向かいに座る美祢に視線を投げてきた。
「まだわからない。でも出店場所は決まったみたいだよ。新しく住宅団地ができるじゃない。あの辺りの一画、押さえたみたい」
「また、『求人募集』出ていたよな。調理師だっけ?」
「うん、あと『管理栄養士』か、『栄養士』とかって言ってたかな」
「新店用だろ?」
「商品だけでなく、お惣菜も販売する計画みたい。どうしても定番料理として使われやすいからさ。調理例を出して物珍しさも加えて意識を惹こうっていう考えらしい」
「なんだか、規模がどんどんデカくなってないか?」
単純に自社製品を並べる、くらいかと思っていたが、いかに売り上げを取っていくかの発想は、自分たちとは違っているようだった。
美祢がそっと声のトーンを落とす。
軽く腰を上げて顔を近付け、内緒話をしようとする仕草を見慣れていた菊間が、同じように身を乗り出した。
「内緒だけど。社長、もう一つ工場作る気でいるよ」
「はあ?!」
内緒話のはずなのに、菊間から上がった驚嘆の声に、咄嗟に美祢が人差し指を口元に当てて「シーっ」という態度を見せる。
「目梨さん、遠方にも販売店、探しているんだよね。配送ルートさえ確保できればって言ってくれているところもあるらしくて…。ただ遠くなればなるほどある程度の数を見込まないと運送費でやられちゃうじゃん。今の生産能力じゃ余裕がないし」
「だからって、新工場…って、そこにかかる建設費とかさ…」
今度ばかりは菊間も声を下げた。
「回収できる見込みがあるからって思っているんじゃないの?今だって追加注文来た時、結構、いっぱいいっぱいじゃない」
売り出しなどの広告が入れば、その分注文数が増えるわけで、かといって、一日に製造できる量など決まっている。
製造日や賞味期限といった、『日付』に追われる食品なだけに、作り置きなどできるものでもない。
大翔からの悲鳴を、美祢は何度も聞いていた。
大翔は現場に居る分、製造できる限界を良く知っている。
しかし、自分の会社が、求められるものに答えられる能力を持つとは、社員にとっても喜ばしいことだった。

「目梨さんが持つ取引先、ほとんど(東御)麻央(まお)ちゃんに明け渡すらしいよ」
「それって、俺の負担も増えるってことじゃん…」
「だから頑張って。『主任』」
「はぁぁぁ…」
食欲を失いそうなほどの溜め息が菊間から漏れた。
これまでの顧客を譲ることで、新しい取引先と新入社員と、二人三脚で進めていける余裕を、目梨は持つのだろう。

「美祢~っ!!」
突然湧いた機嫌の悪そうな声に、美祢が箸を取り落としそうになる。
バタバタと近付いてきた大翔が、かつ丼とうどんが乗ったトレイを美祢の隣に置いた。
「今、貴宏さんとちゅーしようとしてただろっ?!」
「はいっ?!」
「してませんからっ!!」
美祢と菊間から咄嗟に疑問と否定の言葉が放たれる。
“内緒話”が即、そっちに直結する頭をなんとかしてやりたいと思う。
菊間は、駆の苦労が、少しは分かる気がした。
だがやっぱり、そうなるよう容認してきた駆を恨んだ。
嫉妬の対象など、ごめんである。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2010-11-18-Thu 08:25 [編集]
大翔くんにしたら、
美祢をかわいい後輩や気の合う同僚と見る目も
ライバルだったりつけ狙う奴に見えちゃうんでしょう
そんなことも多そうだからしっかり管理しとかないとね
それにしても、菊間くんも仕事以外にも苦労が絶えない
No title
コメントかや | URL | 2010-11-18-Thu 09:49 [編集]
あれだけ、美弥ちゃんが誰とくっついてもいい、って言ってたくせに、いざ、「自分のもの」になったら、焼きもち焼きまくりですか?
つまり、今までも焼いてたって事でしょ~(*´∀`)無自覚にでも。タガが外れてるねえ。
今までの人の分まで上乗せされちゃ、菊間さんも、たまんないわね(笑)
気苦労が絶えない運命なのね☆
Re: No title
コメントきえ | URL | 2010-11-18-Thu 10:54 [編集]
甲斐様
こんにちは。

> 大翔くんにしたら、
> 美祢をかわいい後輩や気の合う同僚と見る目も
> ライバルだったりつけ狙う奴に見えちゃうんでしょう

美祢も意外と無意識に人に近づいていきますからね。
慣れた人間は特に。
大翔の妄想も困ったもんですが。

> そんなことも多そうだからしっかり管理しとかないとね
> それにしても、菊間くんも仕事以外にも苦労が絶えない

菊間も大変です。
けど、その辺は菊間だけにうまーく取り成してしまうと思います。
ある意味、目の前からいなくなってくれて清々するかも?!
コメントありがとうございました。
Re: No title
コメントきえ | URL | 2010-11-18-Thu 10:58 [編集]
かや様
こんにちは。

> あれだけ、美弥ちゃんが誰とくっついてもいい、って言ってたくせに、いざ、「自分のもの」になったら、焼きもち焼きまくりですか?

そのようです(笑)
自分のものになったとわかったら容赦ない。

> つまり、今までも焼いてたって事でしょ~(*´∀`)無自覚にでも。タガが外れてるねえ。
> 今までの人の分まで上乗せされちゃ、菊間さんも、たまんないわね(笑)
> 気苦労が絶えない運命なのね☆

今までも『自分が一番』って思っていた部分はありましたからね~。
無自覚でも。
菊間、苦労絶えないです。
けど大丈夫。きっと彼の人間性なら(?!)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.