FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
白い色 1
2010-10-18-Mon  CATEGORY: 白い色
事務所の中にはスチールデスクが整然と並べられていた。
向かい合わせになるように、8席の塊が4列ある。
しかし、間隔は非常に広い。
半分ほどのデスクの上にはノートパソコンが置かれていて、空席が目立つ中、バラバラと人が座っていた。
手前は受付を兼ねた女子社員が2人、雑務をこなしている。
朝の事務所はやりとりをする会話や鳴る電話などで何かと騒がしかった。
射水美祢(いみず みね)が務める会社では、事務所はこの一室だけだった。
営業や総務、経理までもが同じ場所にあるために話の通りが非情に良い。

美祢は『営業事務』という仕事についていた。
男にしては細い線で、身長もそれほど高くない。
課は違うが、同期の谷口桃子(たにぐち ももこ)がピンヒールでも履けば並ぶか越えられるか…といった具合だ。
さらさらとしたストレートの髪が、俯いた時に顔にかかってくれば、パッと見た時の横顔は女の子のようではっきりいって気に入ってはいなかった。
「髪を短く切りたい」と、行きつけの美容師に相談しても「似合わないからやめておけ」と実行されたことはなかった。
だからいつも美容師の『おまかせ』で髪形が決まっている。
普通、「それならば他の店へ…」と思うものなのだが、美祢には、それを実行した中学時代に自分の希望するようにカットしてもらって、級友に酷く笑われたことがある。
想像するものと、実際に出来上がったものは似ても似つかわなく、あの時に自分のセンスのなさを知りトラウマともなった。
臆病風がふいて、つい、『行きつけ』へと足が向いてしまうのだ。
そして困ったことに、その美容師は、どうやっても美祢を『可愛い系』へと持って行きたがる。
おかげで、28歳になった今でも社員から「女の子」扱いされていた。

この会社には事務所と併設して、二つの大きな工場をもっていた。
製造しているものは豆腐や油揚げ、おからなどといった大豆加工食品で、その昔、町の豆腐屋から始まったという。
今では中堅の企業にまで上り詰めていて、たった数年の間に、従業員は倍になっていた。
美祢が就職した時は、2つ目の工場とこの事務所が増築されていた時だった。
ベテラン事務員にとっても、『新たなスタート』の時だったのだ。

美祢はこの工場の近所で生まれ育ったから、小さい頃から会社を見ていた。
ここに就職できたのは、父と社長が同窓生であり、また社長の息子国分寺大翔(こくぶんじ ひろと)と美祢も同級生だったから、という、裏方事情大アリのコネのおかげだった。
社長と聞けば、一線を画しそうなのに、元々商売堅気の強かった人だから従業員に対しても横柄な態度を見せることはない。
社長室というものを持ちながら、普段いるのはこの事務所だったし、みんなともざっくばらんな会話を愉しむ。
特に美祢は幼い頃から知っていた、ということもあって、しょっちゅう「あの頃はあーだった」などと話題に出されて赤面する。
そのたびに「社長…」と言いかけるところを、「おじさん…」などと呼んでしまって、従業員の中でも少し特殊な扱いだった。

営業事務といっても、一人の営業社員に対して事務員が一人付けられているようなもので、美祢の今の担当は目梨辰乃(めなし たつの)という、35歳の男性社員だった。
髪は短めに切りそろえられ、それでも後ろに撫でつけている姿には爽やかさがあった。
顔のパーツが揃っているせいか、優しげな印象を持たせているが、仕事に関しては厳しい。
目梨が担当する顧客に関しては美祢に全てといっていいくらい回されてくるし、迅速に対応できる能力を求められている。
当然目梨のスケジュールも先まで把握していたから、社員から聞かれることもしばしばだ。

「美祢ちゃん、F店に持って行く見積書の原案、作っておいて。商品名、これね。金額は入れなくていいから。あと、S社のバイヤーにアポ取れないか聞いておいて。連絡はメールで。再来週の日曜日、新規オープン店のヘルプに呼ばれたから1日だめね。それから…」
矢継ぎ早に連絡事項を告げられて慌ててメモを取り、確認をする。
言うことを言えば慌てたように事務所を後にしていった。
今日は朝から数軒の打ち合わせがあったから、ゆっくりもしていられないらしい。

ちょうど美祢の隣に席を置く菊間貴宏(きくま たかひろ)が、朝のコーヒーを淹れて戻ってきた。
「あれ?目梨さん、もう行っちゃったの?はい、美祢の分」
「ありがと」
菊間は美祢とは全く正反対の男くさいタイプだった。
180センチはあるだろう長身を持ち機敏な動きを見せる。
粗野な振る舞いを見せる時もあるが、顔の造作の良さにはぐらかされ、だが根本的には人情味があって人に気を回すのがうまい。
基本的に社員に対しての『お茶係』はいないので、個人的に好きなように淹れている。
朝、菊間が美祢の分までコーヒーを淹れてくるのは日課と言って良かった。

菊間は30歳になるが、中途入社での採用だったため、美祢から見ると後輩にあたった。
しかし、ご丁寧な敬語をお互い使っていたのは最初の1週間だけだった。
美祢が持っていた仕事を半分以上振り分けるということもあって、また営業部の中で男性事務員は自分たちだけだったからとりわけ仲が良い。
美祢は受け取ったカップを手にしながら、大きな溜め息を一つついた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
説明だけで長くなってしまいました…。
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントきえ | URL | 2010-10-19-Tue 12:09 [編集]
ら様
こんにちは。

>新作始まりましたねぇ~♪どういうお話の展開になるか楽しみです^^

やっと始められました。
って、きっとまた詰まって途中で切れてしまうんでしょうけど…。
なるべく定期的に進めていきたいと思います。
楽しみにしていただいているようで嬉しいです。
コメントありがとうございました。
No title
コメントきえ | URL | 2010-10-19-Tue 12:15 [編集]
MO様
こちらにもありがとうございます。

>新しいお話、ありがとうございます。あちこちに良い男がいるみたいで、どんな展開になるんでしょう?更新を楽しみにしています♪

またいっぱい出てきちゃいましたね…。
いい男揃い。
こんなとこで働きたいわぁ。
仕事なんかしてないんだろうなぁ、きっと。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.