FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
囁きは今日も明日も 18
2010-10-12-Tue  CATEGORY: 囁きは今日も明日も
R18 性描写があります。閲覧にはご注意ください。

指先で身体のラインを確かめるように肌を撫でれば、くすぐったかったのか「んっ」と身体を捩じらせた。
「その力加減、やだ…」
そうは言われても本心からではなく、感じてしまうからなのだとも理解できる。
そして磯部もその反応を愉しんでいた。
「舐めまわされるのもやだって言われて、じゃあどうやってまこの身体を味わえばいいんだよ」
「舐めまわす…って、この前のはしつこすぎだったじゃん。触るんだったら掴むくらい強く撫でられたほうがじっとしてられる…」
「おもしろくない」
有無を言わせず、両手首を頭上に掴み上げてひとつにまとめ、首筋から鎖骨、胸へと唇を這わせていく。
同時に脇腹を片手で先程のように撫で上げれば、幾度もピクピクと跳ねた。
両手を押さえられている現在、磯部の動きを止めようとすることも出来ずに、噛み殺すような喘ぎ声が磯部の鼓膜に響き、加虐心を煽った。
一人よがっているようで声を上げることに羞恥心を感じるのだろう。
もっとも本当に嫌がられれば、そこまでして弄びたいわけではない。

中條が快感の波に襲われているのは、硬くなった性器を見れば良く分かる。
胸の尖りを舌先だけで突いてから円を描くように舐めて吸いつき、ツンとしてくれば甘噛みをしてやる。
「ぃやぁ…ん…。あぁぁ、んん…」
その声が聞きたくて思わず続けてしまう。
大して弄ったわけでもないもう片方も硬さを増しているのだからおもしろいものだった。
下へと降りていくのに拘束していた手を離し、両脚を抱えて太腿からふくらはぎへと、また舌を伸ばせば、目の前で性器がふるふると震えた。
先端からたらたらと蜜が零れるのも視界に入ってくる。
中條の身体はどこもかしこも触れれば感じるようで、それを見ているだけで磯部も熱くなる自分を抑えきれなくなる。
戦慄く身体を堪能して中心に手を伸ばせば、ぬるりとした液体が掌に包まれた。
「あぁぁぁぁ…」
切ない啼き声が磯部の下半身を直撃してくる。
見上げた中條の表情は瞳にうっすらと涙を湛えていて魅力を引き出しており、とても扇情的だった。
その瞳と強く絡まる。
両手を伸ばしてきた中條に両頬を包まれて引き寄せられ、僅かに上背を持ち上げた中條が磯部の唇にそれを押し当ててきた。
磯部が肌の温かさと質感を味わっていた時、時々はこうして中條も触れたかったのだというのが、切ないほど知れた。
吸われる唇と、吐き出される熱い吐息。
磯部のことを思って耐えて黙っていてくれたのか…。
二人の繋がりはまだ多くはない。
お互いが行為の最中に、どうしたいと熟知しているほど交わりはない。

「まこ…」
背中をシーツに戻してやりながら、自分の身勝手さを思わされた。
小言を言われれば口で封じてやった方が中條には良さそうだ。
「ごめん、俺だけ楽しんでいたみたい…」
抱きすくめ耳元で囁く。中條は小さく首を振った。
「ううん…、よくしてもらった…。たまにはこういうのもいい…」
磯部はもう一度中條と唇を合わせると、今度は深く貪るようなくちづけを交わした。
触れる位置で何度も「愛している…」と囁きながら…。

指を伸ばし触れた中條の蕾はすでに柔らかかった。
たぶん、シャワーを浴びた時に自分で準備してしまっていたのだろう。
中條がどれだけ待ち侘びていたのか痛いほど感じる。
どれだけ早く繋がりたかったかと…。
求めあう間隔が開き過ぎるから、少しでも早く一つになりたいと願う。
潤滑剤で滑りを良くしながら自分の指でまた広げ、中の熱さを知れば磯部も我慢などきかなかった。
それでも傷だけは付けたくないから慎重になる。
「も、いいよ…っん…」
「あぁ…」
滾った磯部の分身からもとろりとした体液がわいていた。
両膝の裏をもちあげ、肉塊を秘部に押し付ける。
ゆっくりと開き奥へと進め、狭さと熱さで零れてしまいそうになる自身を何度も押し殺す。
互いを抱き寄せあいながら全てを挿れ終わった時、苦痛と快楽の狭間を行き来する中條に磯部は一つの提案を口に乗せた。

「まこ、引っ越してくるか?」

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
20話で終わるかなぁ…
ぽちってしていっていただけると励みになります。
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントきえ | URL | 2010-10-12-Tue 07:37 [編集]
ら様
おはようございます。

>(*ノωノ)キャー 磯部さんの告白タイムだぁ~( ´艸`)ムププ そりゃぁ~、まこっちゃん引越してくるって頷くでしょう。。。 ぇ?まだ?(´・ω・`)

いきなり言い出しましたね~。
もうちょっと順序ってものを考えて発言を…とか思っちゃいますが、そこは待ちきれない人間?!
中條のお返事はどうなんでしょう。
コメントありがとうございました。
コメントかや | URL | 2010-10-12-Tue 09:24 [編集]
甘い甘い逢瀬にうるうると浸っておりました。
いいな・・・帰宅したらごはん・・・←そこ?
ごはん食べようか製作者食べようか♪そこはやっぱりカラダから~☆

待ちわびてて準備万端(ノ∀\〃)イヤン♪
引越しのお誘い来たー!
引っ越しちゃう?引っ越しちゃう?
わくわくー♪
Re: タイトルなし
コメントきえ | URL | 2010-10-12-Tue 12:07 [編集]
かやさん
こんにちは~。

> いいな・・・帰宅したらごはん・・・←そこ?
> ごはん食べようか製作者食べようか♪そこはやっぱりカラダから~☆

帰宅したらご飯があるっていいですよね~ぇ。
当然製作者でしょう♪

> 待ちわびてて準備万端(ノ∀\〃)イヤン♪
> 引越しのお誘い来たー!
> 引っ越しちゃう?引っ越しちゃう?
> わくわくー♪

"待ちくたびれている"中條ですから。
そりゃぁもう、手間暇かけさせずに…と優しい心遣いです(←え?)
お誘い来ちゃいました。
こうもずーっと会えないとねぇ。
中條、淋しがっちゃうし。
一人で準備(もしくはそれ以上のこと)してますし。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.