FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
秋の夜長に想像したもの1:誠一 【観潮楼:秋の作品】
2010-10-02-Sat  CATEGORY: 観潮楼
観潮楼に参加の作品です。

秋彦の身体は目を瞠るほど白くて綺麗だった。
幼稚園から小学校、中学、高校と共に過ごした。
はじめてこの身体を抱きたいと思ったのは何歳の時だろう。
まだ精通もなく射精も知らない、幼いころだった。
男が男を抱けるのだと知ったのも同じころかもしれない。
とにかく、秋彦を誰かに譲る気はなかった。
近付いてくる女も男も、全部散らした。

『ゆずらない』…

何年にもわたって思ったことだ。

「誠(せい)ちゃん」
今日も秋彦は誠一のあとを追いかけてくる。
落ち葉が舞う高校生の3年にもなって秋彦が一人で帰れないのには理由があった。

中学生の時、ショタに憧れた中年男に乱暴をされたのだ。
秋彦の成長は遅かったから、その時はまだ下生えもなかった。
公園の植木の陰で、かわいい性器を舐めまわされた。
反応の一つもなかった秋彦に『不感症』とひどい言葉を投げかけて中年男は立ち去ったらしい。
秋彦は女を相手にするのも怯えた。
勃たないと、またけなされるのが嫌らしい。
もちろん、女相手のセックスなんてさせたくなかったが…。

俺はどこまで我慢すればいいのだろう…。
誠一は日に日にそんなことを思い重ねていた。
秋彦が性に対して敏感であり、臆病なのは分かっている。
かといって、健全な男子高校生が、目の前のオカズを黙って見ているのも限界がある。
過去のあんな、ナントカがあったせいで、秋彦には男女という区切りが無かった。
男でも女でもやりたい時にはやれるという知識がある。
だからといって性の対象として見ているというのも憚られる。

幼馴染として信頼をしてくれている秋彦に、欲望の目を向けるのは心苦しさがあった。
隣に立った秋彦をいつ、抱きしめてしまうだろうか…と今日も葛藤を続ける。
「あき…」
「なあに?」
小首を傾げた態度の奥、淫らな映像が脳裏に湧いた。

「せいちゃん…」
あぁ、この声だけで一度イけそうだ…。
想像は自由だろう?と勝手な事を思っていたが…。
浮かんだものは早々頭から離れなかった。

『あき…、その顔は犯罪だよ』…

誠一は胸の奥で思った。
そして想像していたのは、何年後かの自分たち。

2010あきエチ
chobon様より絵をお借りしました。
お持ち帰りはご遠慮ください。

観潮楼秋バナー
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ポチパチ遠慮なく叩いてやってください。
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントkikyou | URL | 2010-10-02-Sat 15:44 [編集]
おお!余韻を残す終わり方ですねぇ。

今回のcyobonさんの絵は私には難しい物ばかりで・・・
読み専になりそうです。

何年後・・・誠一の想像が現実になるのでしょうね?
いや、現実にしましょう(笑)

短い中にもいろいろな物語が見え隠れします。

又の機会を楽しみにしています♪
Re: タイトルなし
コメントきえ | URL | 2010-10-02-Sat 16:12 [編集]
OH!!kikyou様っ!!
こんなところまでわざわざいらしてくださってっ…(ーー;)汗汗…

> 今回のcyobonさんの絵は私には難しい物ばかりで・・・
> 読み専になりそうです。
私も秋企画は難しい課題だなぁとおもっていました。
なのに、何故か書いちゃった…。

> 何年後・・・誠一の想像が現実になるのでしょうね?
> いや、現実にしましょう(笑)
>
> 短い中にもいろいろな物語が見え隠れします。

数年後にはやらしい関係が見せられればいいなぁと思うんですけど。
(数年後なんて待っていられない読者様がいっぱいいるとみた)
理想と想像と妄想は現実になるんでょうか。
コメントありがとうございました。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2010-10-03-Sun 00:45 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメントきえ | URL | 2010-10-03-Sun 11:08 [編集]
a様
こんにちは。

> 第一回目から引き込まれてしまいました。

え?!
一話完結の予定だったんですけど…(ヤバイ、なんか、書かないと…)
(てか、こんな終わらせ方をした私の責任か…)

> これから2人がどのようになるのか、
> ひーちゃん達みんなの旅館のお話と同じくらいとても楽しみです。
> (ちーちゃんとひーちゃんのラブラブな時間があれば嬉しいです。なんて)
> 秋彦くん可愛いです^^

高校生の秋、どうするんでしょう、あのふたりは。

ひーちゃんたちの珍道中もままごとで終わりにする予定だったのにお泊りになっちゃったし。
ラブラブとはちょっとかけ離れるかもしれないです。
(いや、どこかでそんな時間も作りましょうか…)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.