FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
秋の遠足 2
2010-10-01-Fri  CATEGORY: 『想』―sou―
一応、『バーベキュー』である。
形の良い松茸に神戸は『良いいろ~』と興奮し、霜降り和牛が飛び出せば宮原が目を見開いた。
お子様3人が作る「ゲテモノのようなカレー」には誰も見向きもせず、あまりの反応の無さにぶうたれて鍋は放ったらかしにされ、何故か日野が焦げないようにとかき回している始末である。(野菜を放り込めば後はどうでもいいお子様たちのようである。)
飯盒の米は日野が用意しただけあって絶妙な加減で炊きあがっていた。

宮原「んっまっ!!」
野崎「瑛佑、お肉ばかり食べていないでください」
神戸「いいじゃん。精力つけないと今夜持たないよ」
日野「たける~っ!!」
野崎「帰る予定なのですが…」
千城「あいつらも疲れているんだ。一泊くらいできる場所があるだろう」
安住「そうですね。温泉にでも浸かって疲れを癒すのも良いかも」
日野「なんか、おじさん発言だよ」
野崎「安住弁護士に対して失礼過ぎですっ!!」
日野「あ、すみません…」
安住「いえいえ。いいんですよ。一葉も汗を流したいよね」
一葉「(汗なんかかいていないけど…頷いておく)…はい…」
千城「決まりだ。おい、添乗員」
龍太「はいっ!」(←いたのか、こいつ…)
千城「宿を手配しろ」
龍太「や、や、宿?!…雅臣さん、この辺で眼鏡にかなうものは…????」
雅臣「すぐ連絡する」
アンテナ線が張り巡らされた雅臣にとってはお安いご用だった。
何と言っても金額に上限がない。
5分と経たずに、10名分の個室を手配した雅臣に、ご満悦な千城がカレーに手を伸ばした。

千城「せっかく英人が作ってくれたんだ」
神戸「なんかさぁ。形がいびつじゃない?」
安住「がんばったんだよね」
一葉 英人 那智 「うんっ!!!」
日野「てか、じゃがいも大き過ぎてまだ生じゃない?」(一葉をちらり)
一葉「に、にんじんだって…」(那智をちらり)
那智「たまねぎだってそのまんまじゃん」
英人「玉ねぎは生だって食べられるもん」
日野「まるごと突っ込んでどうすんだよっ!!」

霜降り和牛とご飯で食事を終えたい日野だった…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
なんだか人気があったようなのでお泊りになるらしいです。
ポチってしていってくれると嬉しいのですが…

→3
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
わ~い♪
コメントさえ | URL | 2010-10-01-Fri 14:52 [編集]
お泊まりだ~♪
さすが、ちーちゃん!
カレーは豪快なものが出来上がったのね~。
皮を向くだけであんなに大騒ぎなんだ。
日野お母さん大変だ。
豪華なんだバーベキューにヨダレがでそう。
Re: わ~い♪
コメントきえ | URL | 2010-10-01-Fri 16:59 [編集]
さえちゃん
こんにちは~♪

> お泊まりだ~♪
> さすが、ちーちゃん!

なんでも願いは叶えちゃうんです。
ってか、自分の欲望?!

> カレーは豪快なものが出来上がったのね~。
> 皮を向くだけであんなに大騒ぎなんだ。
> 日野お母さん大変だ。
> 豪華なんだバーベキューにヨダレがでそう。

バーベキューの品が揃っているのにカレーを作ったところはナゾです。
やりたい放題のお子様。
包丁も握ったことがないのに頑張ったらしい…。
豪華なバーベキュー、私も参加したかったです。
皆様の期待を頂いて、お泊り編になりました。
(不定期で延々と続きそうなちびっこたちです…)
コメントありがとうございました。
コメントきえ | URL | 2010-10-02-Sat 04:15 [編集]
ら様
こんばんわ。(なのかおはようございますなのか…)

>子供達、お野菜丸ごといれちゃったんだ(爆) なんだかんだ言いながら日野っちはあれこれやっちゃうんですね(笑) この後のお泊りもいろいろありそうですね^^

もう、なんでもアリなお子様です。
日野っちの苦労が忍ばれます。
何を言っても日野は優しいんですよね。
お泊り編にしちゃいましたけどどんな珍道中がくりひろげられることやら。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.