FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
一番近いもの 55
2010-09-30-Thu  CATEGORY: 一番近いもの
海斗は起き上がろうかどうしようかと悩んだ。
いくら肉体関係のアレコレを知っていたとしても、情事の後では顔を合わせづらい。
躊躇う海斗を思うかのように、確信を突いた質問を鳥羽が口に乗せた。
「花巻さんは?」
「彼ならすでに仕事に…」
「いつからこんなこと?……」
聞こえたのはそこまでだった。
カシャンと玄関のドアが閉まる音がして、鳥羽が外に出たことが分かる。
海斗に聞かせたくなかったからなのか、二人の会話は海斗の耳に届くことはなかった。

無理を押して起き上がろうにも、酷使された腰は砕けて足にも力が入らない。
ドタンっとベッドの下に転がり落ちるのが精一杯といったところだろうか。
「くそっ!」
二人が何を話しているのか分からない苛立ちか、父が去っていく最後の名残か、鳥羽が嫌悪を示してしまうのではないかという焦りか…。
焦燥にかられる海斗を完全に無視して、部屋の外で小さな会話が繰り広げられているようだった。

どうにか衣類を身につけた頃、鳥羽が戻ってきた。
父から渡された地元の和菓子屋の紙袋を手に…。

「何してんの?まだ寝てていいっていったじゃん」
「とうさんは…?」
「まだこだわるの?もう帰ったよ。この後の飛行機に乗るんだって。夕方までには帰らなきゃって」
「花巻さんは…?」
「……」
冷めた口調の鳥羽に違和感が漂った。
この沈黙は何だろう。
海斗の知らない、何かを、鳥羽が知ったのは確かだった。
意味が理解できずに鳥羽ににじり寄る。
「とうさん、何で花巻さんのこと知ってたの?!何で俺に会わないで帰るの?!」
「海斗っ!!花巻さんとは同郷の知り合いだったんだって。中学だか高校だかの先輩後輩だったらしくて、偶然出会ったって…。海斗は今日は疲れているからって。また後で来るって…。余計な心配かけたくないって…」
その言葉を全て鵜呑みにして信じろというのだろうか…。
今までの父なら有無を言わずに飛び込んできたことだろう。
一人の男が隔たりを作る。
手に入れたものと失うもの。
一番近い存在はどれなのだろう…。

捨てられた感じが強い海斗に、鳥羽が強い腕を持って抱きしめてきた。
「海斗…」
温かな抱擁が海斗を包みこんでいく。
「あの人にはあの人の人生がある。認めてやれよ。海斗には俺が傍にいるから」

父と母の別れがすぐそばにあることを知った。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
あと何話かで最終回です。(←またあてにならないことを…)
関連記事
トラックバック0 コメント9
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント甲斐 | URL | 2010-09-30-Thu 09:26 [編集]
お父さんと花巻さんの間にも複雑な過去があるのでしょうね
好きでいながら別れてそれぞれ他の人と結婚までして

離婚するのかな
確かに愛する人と出会って好きなヒトのそばにいる喜びや安心感を知った今では
おとうさんがそれを求めることを止められない
でも複雑ですよね
父親依存・・・
コメントけいったん | URL | 2010-09-30-Thu 09:57 [編集]
海斗の 父親への 依存は 過去の事もあって 固執に近いものが。
親子で これからも 繋がっていられると 思っていたのに もし その繋がりも 無くなってしまったら 海斗は どうなるのだろう?

鳥羽は 今まで以上に 頑張らなくては・・・
耐えられるか 海斗、堪えられるか 鳥羽...(yy)...byebye☆

コメントかや | URL | 2010-09-30-Thu 11:39 [編集]
お父さんにも、過去に何かがあったようですね。
好きな人がいるなら、その人と一緒になりたいですものね・・・。
でも、海斗くんのために待ってくれた・・・?
別れてしまったら、海斗くんとは赤の他人になってしまいますよねー。

抜けてしまった穴を鳥羽が埋められるかな。
Re: タイトルなし
コメントきえ | URL | 2010-09-30-Thu 11:57 [編集]
甲斐様
こんにちは。

> お父さんと花巻さんの間にも複雑な過去があるのでしょうね
> 好きでいながら別れてそれぞれ他の人と結婚までして

何かあったみたいですねぇ。
あまり複雑化したくなかったんですけど。
海斗とバイバイは最初から考えていたことなので…。
結婚も意味があったんだと思います。(たぶん)

> 離婚するのかな
> 確かに愛する人と出会って好きなヒトのそばにいる喜びや安心感を知った今では
> おとうさんがそれを求めることを止められない
> でも複雑ですよね

海斗にしてみれば、一番長くそばにいた父ですからね。
そして色々なことを教えてくれた人ですからね。
思うことはいっぱいあると思います。
コメントありがとうございました。
Re: 父親依存・・・
コメントきえ | URL | 2010-09-30-Thu 12:02 [編集]
けいったん様
こんにちは。
父親依存症の海斗です。

> 海斗の 父親への 依存は 過去の事もあって 固執に近いものが。
> 親子で これからも 繋がっていられると 思っていたのに もし その繋がりも 無くなってしまったら 海斗は どうなるのだろう?

どうなるんでしょうかね~ぇ。
鳥羽にしてみればせいせいした感があるのか?!
そんなにひどいことは言いませんが…。

> 鳥羽は 今まで以上に 頑張らなくては・・・
> 耐えられるか 海斗、堪えられるか 鳥羽...(yy)...byebye☆

越えられるのかなぁ鳥羽っち。
大きなパパの背中を見て過ごした海斗ですからね。
並ぶのは大変だと思いますよ。
頑張っていただきましょう。
コメントありがとうございました。
Re: タイトルなし
コメントきえ | URL | 2010-09-30-Thu 12:10 [編集]
かや様
こんにちは。

> お父さんにも、過去に何かがあったようですね。

パパも複雑な人生を歩んできたようです。

> 好きな人がいるなら、その人と一緒になりたいですものね・・・。
> でも、海斗くんのために待ってくれた・・・?
> 別れてしまったら、海斗くんとは赤の他人になってしまいますよねー。

海斗のためだったのか自分のためだったのかは定かではありませんが(←オイ)、パパと恋人は子離れの時を待っていたようですね。
その時を迎えたら、今までとは同じではいられない、変わりゆく人間模様なんでしょうか。
もともと血のつながりのない親子でしたからね。
鳥羽がどこまで頑張れるか。
コメントありがとうございました。
淋しいのでしょうね
コメントさえ | URL | 2010-09-30-Thu 16:40 [編集]
海斗は捨てられるのがものすご~く怖くて、淋しいのでしょうね。
でも、鳥羽っちが全力で守ってくれるはず!
がんばれ鳥羽っち!
そして海斗パパはやっぱり海斗ママと別れるのかなぁ。
Re: 淋しいのでしょうね
コメントきえ | URL | 2010-09-30-Thu 16:54 [編集]
さえちゃん
こちらにもありがとうございます。

> 海斗は捨てられるのがものすご~く怖くて、淋しいのでしょうね。
> でも、鳥羽っちが全力で守ってくれるはず!

海斗の深層心理みたいなものでしょうか。
分かってはいても離れるのが辛い。
パパに依存していた部分が大きいから尚更離れがたいのかも。

> がんばれ鳥羽っち!
> そして海斗パパはやっぱり海斗ママと別れるのかなぁ。

あと2話で完結します。
ようやく書ききった…。
パパとママのその後はまぁご想像の通りなんですけど…。
鳥羽も頑張って海斗を守ってくれると思います。
コメントありがとうございました。
コメントきえ | URL | 2010-10-01-Fri 01:36 [編集]
I様(で良かったかしら????)
こんばんは。

>初めまして。 
一番近いもの、においての、心理描写や人物像などとても苦労されていることと思われます。が、複雑であるからこそ、次に期待しちゃいます。 ありきたりですが、頑張ってくださいネ。

複雑すぎちゃって困りました…。
私には書けなかった模様…って感じです。
こんな駄文にお付き合いくださる方がいて本当にありがたいです。
コメントまで残していただきまして感謝です。
ありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.