FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
一番近いもの 50
2010-09-24-Fri  CATEGORY: 一番近いもの
性に対して明け透けで寛容だった海斗は、どちらかといえば求められるほうが多かった。
ここ最近は大希と付き合っていたせいか、貪欲な彼に誘われることばかりだったから、海斗から声をかけたことなど稀だ。
まして、父との関係を知った今となれば、鳥羽のなかで、どれほど大希が『いい加減な存在』だったかを知られたことになる。
それは父に逢えなかったことの淋しさと鳥羽には捉えられているようで、彼の中では今でも『トップは父』と思われている部分が見え隠れした。
ナニを求めるのは、尚更卑しい自分を晒すようで、海斗には鳥羽に強請ることができなかった。
聖人君子ではあるまいし、それなりに快感を浴びてきた体を眠らせることは、半ば拷問に近い。

ある週末の夜、有馬が「飲み会に誘われた」と夕食の準備もせず(実際には帰ってきてもいない)に出掛けてしまった。
メールでその連絡を受けた海斗は、それならば当然鳥羽も一緒だろうと、コンビニに寄ろうかたまには贅沢にデパ地下で数種類のおかずを買おうかと帰社時間を前に頭を巡らせる。
有馬の料理に慣れてしまうと、それに準ずるものを…と考えてしまうのだ。
これはある意味、問題だった。
たとえ鳥羽と付き合うと宣言したとはいえ、今では有馬の存在を切り離せなくなっている。
たぶん、これは、鳥羽も同じのような気がするのだが…。
完全に”家政婦扱い”は申し訳ないな、と思うのだが、何せ有馬が嫌がらないのだから性質が悪い。

駅近くのデパ地下に向かおうとした海斗の携帯が、着信音を鳴らす。
聞きなれた曲は鳥羽が勝手に指定したものだった。
『海斗~ぉ、夕飯ないって蓮から連絡いった~ぁ?たまには外でメシ食おうぜ』
「え?おまえ、一緒なんじゃないの?!」
『合コンなんか、誰が行くかよ』

“飲み会”と称されたものが、”出会いの場”と耳にして、はぁ…と妙に納得していたりする。
有馬の『お持ち帰りコース』はこういったところで用意されるのか、と漠然と頷いていた。

デパ地下での買い物をやめた海斗の足取りは心なしか浮足立っていた。
アパート近くの駅から一つ手前の駅で降りて、改札をくぐるとすでに到着していた鳥羽が立っていた。
学生、であるはずなのに、私服姿で待ち人を待つ姿は人目を充分に惹いて、歳を誤魔化している。
何人かの女性が視線を送り、しっかりと無視をきめこんでいる姿もなんとなく凛々しい。

「鳥羽…」
海斗が背後から声をかければ、ムスッとしていた表情が一変に綻んだ。
「早かった!!」
「ん。駅に向かうところだったから…」
この笑顔を見られるだけでほわんとなれる自分を、少し不思議だと思う。
これまで待ち合わせをしても、ヤルことが目的だった海斗は、相手を待たせて悦ばれていた。
初めて待たせたことを申し訳ないと思った。
自然と向けられる笑顔がとても新鮮だった。

「高校の時の後輩がバイトで勤めているレストランがあるんだ。イタリアンの店なんだけど、海斗、大丈夫だよね?」
食へのこだわりのなさは、これまでの食生活で充分に知られている。
改めて聞かれることにはどんな高級店かと訝しんでしまうくらいだった。
それをわかったように鳥羽が「へーき、へーき、フツーの店」と海斗の手を引く。
仕事帰りの海斗は一応スーツもネクタイも身につけていたから、多少の場所なら入れる。
一方鳥羽は、相変わらずな、TシャツにGパンといったいでたちだった。
それだけでも落ち着けるのだから本当に不思議だ。

昔ながらの長屋と間違うような建物の中に、目的の店はあった。
外観からは『イタリア料理店』とはまず分からない。

「お洒落な店を知っているんだね」
嫌味を込めたつもりはないが、鳥羽にはちくりと刺さったようだ。
「俺が誰かを連れて入るのって、初めてだから」

外観とは全く異なって、店内は明るく、カジュアルな雰囲気が漂っていた。
一応カウンター席もあったが、4名が座れる可動式のテーブルが整然と並んでいる。
その半数はすでに埋まっていた。
入店するなり、にこりと出迎えた黒服の男性に挨拶をされ、親しげに鳥羽と話す姿をみれば、これが『後輩』なのか…と海斗の頬も綻んだ。
学生のアルバイトにしては、随分としっくりと馴染んでいるなぁなどと思いながら店内を見渡す。

途端に、海斗の体が固まった。
席に案内されようにも動かない海斗に、「海斗?」と鳥羽の声がかけられたが、耳に届いてもいなかった。

奥まった席に見える姿は…花巻だ…。
そして、背を向ける人物は…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
50話越えたよ~ぉ(>_<)
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
見っかっちゃった!
コメントけいったん | URL | 2010-09-24-Fri 17:29 [編集]
花巻と... エヘへ 誰って 言うのも 白々しいですよね♪
でも まだ こっちに 居たんだ! へぇ~ 海斗母は 大丈夫なの?
これは 面白い流れです(*><*)...キャッ...byebye☆

きえ様、勝手に コメってるんで お返事は いいですからねー♪
コメントかや | URL | 2010-09-24-Fri 21:31 [編集]
おろ、こんなところでハチ合わせとは!
バレちゃったのか、それとも、花巻さんに何か探ってると思われたか?どうなっちゃうんでしょうか・・・。

コメント甲斐 | URL | 2010-09-24-Fri 23:21 [編集]
花巻さんといえばお相手は彼ですか
そうだとしたら海斗くん複雑かも~
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.