FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
一番近いもの 30
2010-08-24-Tue  CATEGORY: 一番近いもの
その後も有馬はこまめにガーゼを取り替えて冷やしてくれたが、しばらくたつと、一か所だけぷっくりと水疱ができてしまった。
指の爪の大きさにも満たないくらいのものだったが、それを見るなり、有馬は表情を険しくして、「痕にならなければいいけど」と心配していた。
水疱を潰さないように、と器用に丸めたガーゼで周りを保護してから包帯を巻かれる。
「また後で様子をみてあげるから」
たかだか火傷くらいで…と海斗は甘く考えていたが、人によってはシミのように残って消えるまでに何年もかかる人がいる、と聞けば有馬が心配する気持ちも分かるような気がした。
だけど、そうやって有馬に責任を感じてほしくもなかった。

「今夜、泊まっていく?」
「すぐ隣なのに?」
有馬に問われて海斗は先程のキスを思い出した。
もちろん、こんな状態で何をするわけではないのは分かっていたが、人恋しいと思っていた海斗に、追い打ちをかけるように傷ができてしまったことは余計に精神を不安定にさせるだけでしかない。
有馬はその辺りも理解しているのだろう。
「一人にさせるとどんどんと落ち込んでいきそうだから」
当たっているだけに返す言葉もない。
素直に頷くのもなんだか悔しかったが、有馬には誤魔化しきれないという気持ちも湧いた。
「ん…」
今更隠すこともないか、と海斗が開き直れば、伸びてきた手が「いーこいーこ」と言うように頭を撫でた。
もう、隣人、というよりも家族のようになっている。

有馬と隣り合って眠ることに、不思議と抵抗はなかった。
すでに一度、熱を出した時に迎えた朝があったからだろうか。
危害がないと分かるからだろうか。
壁に寄せられたベッドの、壁側に海斗は押し込まれ、すぐ横で横向きになった有馬が「つぶさないようにね」と水疱のことを気遣った。
そっと握られた手首は、『固定しておく』意味もあるようだ。
この調子では、また有馬は充分な睡眠が取れないのではないかと思ってしまう。
「大丈夫だから」
海斗は、心配しすぎ、と有馬をたしなめてみたが、意味がないのは充分なほど承知していた。
そう、有馬は何事にも徹底している。

久し振りに感じる人肌のような気がした。
誰かが傍にいる。たったそれだけのことが海斗を安心させた。
鳥羽も最近ではあからさまに抱きついてきたりすることはない。
海斗の中でそれは淋しさに直結していたが、触れられれば触れられるだけ、悲しさを募らせるだけだ。
軽く見られているようで抵抗がある。
だが、反対に、触れたくもなくなったのかという思いも湧いていた。
…『汚らわしい』…そう言われているようで…。

猫が丸くなるように、くるっと有馬にくっついた海斗を、有馬は黙って包んでくれるだけだった。
明らかな『添い寝』。
時折、宥めるように、有馬の唇が海斗の髪をくすぐった。

「なんか、俺、初めて有馬とキスするように思えなかった…」
目を閉じたままぽつりと呟けば、有馬が幾度か髪を撫でた後で、「初めてじゃないし」と返してきた。
海斗は意味が分からなく、「え?」と思わず聞き直してしまう。
「覚えていたとはちょっとびっくり。あの時の海斗さん、だいぶうなされていたし。最初は水を飲ませる為だけだったんだけど」
「はぁ?!何、いつ?!」
「この前の、夏バテと夏風邪とで倒れた時だよ」
「有馬、そんなこと、したの?!」
「水分補給は必要なの。点滴があるわけでもないしさ」
「それが、何?!」
何がどうなったら『キス』に変わるのか海斗は理解できなかった。
有馬の説明を聞く限り、『医療行為』だったのだろう、とは思うが…。
クスリと笑う有馬の雰囲気が空気越しに伝わってきた。
「あの時も精神的に少しやられていたんじゃない?何かに縋りたいみたいな印象だった」

今となっては、海斗よりも海斗のことを知っている人間なのではないかと思ってしまう。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2010-08-24-Tue 00:29 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鳥羽より有馬...
コメントけいったん | URL | 2010-08-24-Tue 02:55 [編集]
海斗には 有馬の方が 鳥羽より 壁も無くなり 遠慮しないで接する事が 出来るみたいですね。
でも 有馬が どう思って 海斗に接してるか いまいち 分かり辛い。愛情はあるけど それが どんな種類の愛情か・・・
以外に 鳥羽より有馬の方が キーパーソンなの(?0?)...byebye☆
Re: No title
コメントきえ | URL | 2010-08-24-Tue 06:55 [編集]
a様
おはようございます。

> こちらのお話の展開もとっても楽しみです。
> 海斗君と2人のお隣さんとの微妙な距離にドキドキしています。

ドキドキしますか~???
今更ながらに、もうちょっと展開のあるものにすればよかった…と後悔しております。
遠回りしすぎ…って感じで…。

> 素直でピュアな海斗が好きですし
> 何処か謎めいていて大人の雰囲気を醸し出している
> 有馬も気になっております^^(笑)

有馬は完全に謎の人物になっちゃいましたね(笑)
スれていそうなのに、まだ無垢な部分を持ち合わせた海斗はご近所様に可愛がられていますが…。
どうなっていくのやら
コメントありがとうございました。
Re: 鳥羽より有馬...
コメントきえ | URL | 2010-08-24-Tue 07:02 [編集]
けいったん様
おはようございます。

> 海斗には 有馬の方が 鳥羽より 壁も無くなり 遠慮しないで接する事が 出来るみたいですね。

鳥羽とは微妙なへだたりができちゃっています。
かつて、海斗が怒鳴っちゃったことが原因なんですけど、それもあって有馬の方が素で付き合えるようになってしまったのか。
海斗が想うものもあるんでしょうけど。

> でも 有馬が どう思って 海斗に接してるか いまいち 分かり辛い。愛情はあるけど それが どんな種類の愛情か・・・
> 以外に 鳥羽より有馬の方が キーパーソンなの(?0?)...byebye☆

有馬の気持ち、分かりづらくてすみません。
近所の可愛いお兄さん的存在でしょうか。
海斗も感じ取っているから一緒に寝たりとかできるんでしょう。(キスは挨拶程度かな)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.