FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
続々、たまには…こんなのも…
2010-08-22-Sun  CATEGORY: 『想』―sou―
涙目、第二弾です…。
浮かばない頭と、うろうろする粗大ゴミ。
ひぃぃぃんっっっ。(涙)




仮眠室にて…。

ベッドの中にはウシとウサギとネコがころがっていた。
可愛い耳までついたパジャマにすっぽりと覆われて動く気配すらなく、爆睡中である。
ライオンがやってきても、餌食になるだけの様相だった。

日野「お子様は良く眠っているよな~」
ヒサ「寝ててくれなきゃ困るけどね」
日野「確かに。わめかれても宥めようがないし…」
ヒサ「でも、けっこう、日野って子守に慣れているじゃん」
日野「慣らされたってほうかな。仔猫がすぐなすり寄ってくるし」
ヒサ「よく、パパが怒らないね」
日野「怒らせるかよ。自業自得。原因作ってんの、本人だし」
ヒサ「慕われているんだ(笑)」
日野「ペットショップじゃないから、うち」
ヒサ「慣れなきゃ絶対に預けない保護者だしね」
日野「いーんだか悪いんだか分かんないよ…」

ヒサ「で、日野のストレス解消ってどこになるの?」
日野「ヒサシが言うと意味深にしか聞こえないけど」
ヒサ「参考までに聞いているだけじゃん。”お付き合い”できるかどうか」
日野「遠慮しとく」
ヒサ「えーっ?!この前、それとなく声かけたの、日野のくせにっ。しかも俺の膝で寝てた」
日野「…、それ、マジで聞こえたら、調教されるよ…」(だれにって…えー、…えぇ…。ごにょごにょ…)
ヒサ「頑張れよ」
日野「押し付けんなよっ!!」
ヒサ「俺、部外者なんで。関係ないし」
日野「その割には、なんだよ、この手」
ヒサ「あー、…、自然現象?」
日野「それは股間だろうがっ!!」


神戸「ほぉぉぉぉお。見学しててあげるから」(悪魔)
日野「い、いつのまに……」
神戸「膝枕とかきいてないしっ!!!!」
日野「ただの偶然ですっ」
ヒサ「俺、寝てたんで知りません…」

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
悪魔来たりて・・・
コメント甲斐 | URL | 2010-08-23-Mon 14:58 [編集]
保育所だったのにペットショップに転業?
どっちでもお客様は同じってとこがミソなんですけどね

ヤバイ、ヤバイよ日野ちゃん
いやヤバイのはヒサ?
膝枕ごときだけど隠し事した罰を日野ちゃんに
うちの子にちょっかい出しかけた罰をヒサに
悪魔のお仕置きがーーー
こわー
っというわけで3人で、ですか?
そしてこの後
ヒサにも今まで知らなかった未知の世界への招待状をもらったとかもらわなかったとか!?
Re: 悪魔来たりて・・・
コメントきえ | URL | 2010-08-23-Mon 16:53 [編集]
甲斐様
こんにちは。

> 保育所だったのにペットショップに転業?
> どっちでもお客様は同じってとこがミソなんですけどね

何屋になっても客は変わらないんです(笑)
手間がかかるのも一緒。

> ヤバイ、ヤバイよ日野ちゃん
> いやヤバイのはヒサ?

どっちでしょうね。
でも神戸にすればふたりともまとめて…って(こらしめて)やりたいんでしょうか。

> 悪魔のお仕置きがーーー
> こわー
> っというわけで3人で、ですか?
> そしてこの後
> ヒサにも今まで知らなかった未知の世界への招待状をもらったとかもらわなかったとか!?

なにっΣ( ̄□ ̄;)
3人?!
そうか、とうとうヒサも未知の世界にご招待されちゃうんだ…ぁ。
って、またそれはそれで『膝枕』とはあまりにも差がありすぎると日野から文句が出そうですが。
神戸サン、体格の良い人、好きみたいだし。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.