FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
【観潮楼企画】 ~指先が触れた時~ 5
2010-08-11-Wed  CATEGORY: 観潮楼
この作品は、【観潮楼】「夏―心を焦がす恋―」参加作品です。


R18 性描写があります。閲覧にはご注意ください。


膝の上に寝そべった睦に両手で腰をがっしりと抱え込まれ、股間に顔を埋めたまま布越しに息を吹きかけてきたり鼻先で擦ってきたりする。布の中にわざと流し込まれる熱い息がこもって、さらに与えられるもどかしい刺激に安里自身が反応するのは時間の問題だった。
安里は睦の顔を上げさせようと手をかけ、必死で止めようとした。
「む、睦、まって…っ!!こんなところで、何考えて…っ!!」
屋外で…なんて冗談じゃない!と安里は焦った。
力で押さえこまれたら安里では敵わないのは嫌というほど知っているから恐怖に近かったのかもしれない。
「むつ…っ!!」
「安里が上手なキスで俺を誘ったのが悪い」
「仕掛けたのはおまえだろっ!」
堂々と責任転嫁してくるところがまた生意気だ。
顔をあげずに話されるものだから、唇の動きが余計に微妙な刺激に変わった。
「むつみぃぃっ」
「あんまり大声出すと、麓まで聞こえるよ」
そんなことを言われて途端に抵抗の力が緩んでしまう。
空気は澄んでいるし、騒音がないから確かに物音は響く。
集落からは離れているとはいえ、この近辺まで農作業をしにくる人間はいるだろう。
ここまで登ってこない、というだけで、近くを人が行き来する可能性は充分に考えられた。

安里が黙ってしまうと、ジジジ…と下腹部から音がした。
睦が歯で噛んでズボンのファスナーを下ろしてしまったのだ。
「睦っ!!バカヤローっ!!何考えてんだよっ!!!!」
後頭部を立て続けに5、6発叩けば、睦は顔を上げたが、全く懲りている様子は見られなかった。
「ってーなー。何って、安里を気持ち良くしてあげることに決まってんじゃん」
「必要ないっ!!」
「でも、もうこんなになってる」
力をつけ始めたモノが下着を押し上げて、開かれたファスナーの間から見えていた。
先程まで睦の頭部で隠れていたが、改めて視界に入ってきた光景に安里は目を覆いたくなった。
一度覚えた『放出の快楽』は確実に安里を虜にした夏だった。

「安里がほしい…」
こういう時の睦はいつも獲物を狙う獣のような射る瞳を向けてくる。
そんな表情もこの夏まで安里は知らなかった。
片手を腰から離した睦が安里自身を布の中から取り出してしまえば、触れる空気にゾクリとする。
間髪入れずに睦の口腔に収められ、急所を人質に取られた安里は身動きをとる術を失ってしまった。
まだ完全に勃起していたわけではないが、みるみる間に熱を蓄えていく。
卑猥な姿を上から見下ろしている、というのも感性を研ぎ澄ませるのか。
唾液と先走りで濡れそぼった頃、仰向けにされた安里は抗う気力もなくなっていた。
急いたように下半身の衣類を剥ぎ取られ、脚を開いたその奥を、睦はさらに貪り始める。
「あ…、んっ…っ」

太陽の下に晒した身体が、太陽にも睦にも焦がされていくようだった。

溢れてくる先走りを何度も指に絡めながらじんわりと後孔を解していく。
張り詰めたまま待たされている時間が長くて、思わず自分の手が伸びてしまいそうになるのを、シートを掴むことで必死にこらえていた。
「まだキツイかな…。でも俺もちょっと限界だよ…」
身体を起こした睦が穿いていた短パンと下着を一緒に下ろしてしまえば、身体の中で唯一陽に焼けていない箇所が見えた。
その中心で凶暴なほど反り立ったモノも陽の下でてらてらと光っていた。
安里の窄まりに押し当て、先端を馴染ませるようにグリグリと回しながら押し付けてくる。
浅く入れては引くことを何度か繰り返しているのは柔らかさの確認なのか…。
我慢がきかなくなりそうで、乱れた呼吸の中から安里が声をかけた。
「む、つ…」
次の瞬間、一気に最奥まで貫かれた。
「あぁ――っっ!!」
仰け反り上がりそうになる腰を強い力で掴まれる。
「あ、さ…、待たせ過ぎ…」
呼吸を荒くした睦に責められて、何の事だか考える余裕もない。
汗で滑る脚を抱えなおされて、すぐにでも動こうとする睦に「ま…て…」と、かろうじて口をパクパクすることで訴えれば、「これ以上待てるかよっ」と即答された。
安里が焦らしていたとでも言いたそうだった。
それでも性急な動きにならずにいてくれるのは思いやりなのだと思う。
ゆっくりとした抽挿を続けながら、安里自身からぷくりと浮いてくるしずくを伸ばすように親指の先を先端に押し当てられた。じんとした痛みが快感に変わっていく。
「むつ…、も、…」
「うん…」
獲物を仕留めたという鋭い眼光を放ちながら、安里の手をとる。
身体をたたまれるような体勢で睦の首に両腕を回した。汗で滑って離れてしまいそうで必死に縋りつく。
「安里が好き…」
「…」
くちづけを受け取りながら、安里の中にあるものが本当に恋なのか、まだ安里には分からなかった。

夏恋

なら様より「夏―心を焦がす恋―」をお借りしてきました。
無断転写はご遠慮ください。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
睦って・・・
コメントけいったん | URL | 2010-08-11-Wed 17:18 [編集]
睦って 安里の前では 欲求に素直な餓えた獣ですよねー。 安里の何が 睦を そこまで惹き付けるのでしょうか、教えて欲しい。

元気だけがとりえの私が 夏風邪でダウン...きえ様も 気をつけて下さいね♪ (//0//)...ボォ~byebye☆
No title
コメント甲斐 | URL | 2010-08-11-Wed 19:05 [編集]
むっちゃん
大人ぶってるけどこんなとこで我慢できないなんて
やっぱり子供ですよね
ってか野獣?
麓まで聞こえちゃうよだなんて言われちゃうと
安里くんは声抑えるのに必死だし
ほんとに誰も見てないのかな~って心配だよ
Re: 睦って・・・
コメントきえ | URL | 2010-08-11-Wed 19:35 [編集]
けいったん様
こんばんは。
お体大丈夫ですか?
こんな駄文を読んでいるともっと胎教(じゃない、体調)に影響を及ぼしますよ。

> 睦って 安里の前では 欲求に素直な餓えた獣ですよねー。 安里の何が 睦を そこまで惹き付けるのでしょうか、教えて欲しい。

そ、そだっ!!
それを書き忘れていたっ!!(汗)
た、たぶん、人当たりの良いとこ…?面倒見が良いとこ…?(コメ欄で書くな、あほっって感じです…)

どうかお大事に~。
コメントありがとうございました。
Re: No title
コメントきえ | URL | 2010-08-11-Wed 19:38 [編集]
甲斐様
こんばんは~。
一日に何度もありがとうございます。

> むっちゃん
> 大人ぶってるけどこんなとこで我慢できないなんて
> やっぱり子供ですよね
> ってか野獣?

そこはまだまだお子ちゃまなんですよ。
がまんできなくてがっつく。
でも一応、控え目…(どこがじゃ?! by安里)

> 麓まで聞こえちゃうよだなんて言われちゃうと
> 安里くんは声抑えるのに必死だし
> ほんとに誰も見てないのかな~って心配だよ

い、一応、えちはここで終わりますので、誰にも見られなかった…ってことで…。(冷汗)
まだお付き合い2年目。
すでに身体堕ち(うちの定番コース)に嵌った安里でした。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.