FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
一番近いもの 16
2010-07-28-Wed  CATEGORY: 一番近いもの
鳥羽も一度は見たことのある顔だと分かったらしい。
とはいえ、詳しいことは何も説明していないし、鳥羽の中でどういう存在として大希がいるのかは疑問だ。
「あ…」
海斗は心の中が急速に冷えていくような感覚を覚えた。
先程まで感じていた高揚感のようなものが大希の顔を見た途端に吹っ飛んだのだ。
大希に対して言い訳をするべきなのだろうが、それすらも思い浮かばない。
気を使ったらしい鳥羽が、「払っておくから」とレジを進んだ。
「ま、待って…」
思わず呼び止めてしまった海斗に、鳥羽は「いいから」と大希に向かわせようとする。
呼び止めたのは、言い訳の言葉すら紡ぎだせない状況に助けを求めたところもあった。
もちろん気付くはずもないだろうし、大希に知られるわけにもいかない。
鳥羽に誤解されている、と不安が駆け巡った。
実際、『誤解』ではないのだが…。何故そんな風に思ってしまうのだろう。

大希に腕を引かれ、一度売り場の中に戻される。
「誰?友達?」
大希には怒っている様子は見られなかった。
交友関係まで全て把握しているほど、これまでの付き合いは深いものではなかったけど、この先は変わるのだろうか。
「隣の家の人…。今日、またみんなで集まろうって話になって…。買い出しに…」
「ふーん。ご近所様と仲良くやってんだ。まぁ、この前の『御礼』もあるしな。海斗のこと、守ってくれたっていう意味では俺も後で挨拶でもさせてもらうかな」
「い、いいよ、別にそんな…」
そもそもの原因は、あの日の朝に大希との逢瀬を知った松島の怒りを買って事件にまで発展してしまったわけだが…。
それにあの時は大希と付き合っていたわけでもなんでもない。
何より、改まって『付き合っている』ということを鳥羽に知られたくない気持ちが湧いている。

「あんま、飲み過ぎるなよ。部屋に戻ったら電話でもメールでもちょうだい」
海斗の癖のある髪をさり気なく撫でられた。
普段、こうしてスキンシップを取ることもなかったから驚いてもいたのだが、鳥羽に見られているのではないかという焦りもあった。
大希との付き合い方が、全くこれまでと変わっていることを再確認させられた気分だ。
「…ん、…うん……」
気が重かった。
告白されて、安易に返事をしてしまったことを今更ながらに後悔している自分がいる。
それを伝えたら、大希とはもう元通りには戻れないのだろう。

大希の前で、鳥羽に並ぶのも躊躇いがある。
どこかに立ち去ってくれればいいのに、と思いながら、大希は海斗の行動を見守っているようだった。
すでに会計も済み、レジ袋へと商品を詰め込んでいる鳥羽が、時折チラリとこちらを見ていた。
大希に「また…」と声をかけ、先程までとは打って変わって、ぎこちない動きで鳥羽の横に戻った。
「もういいの?今日、会合するって話してなかったの?」
「ん…、…」
逐一報告するような間柄ではなかった。
恋人と思っているのだろう、鳥羽にしてみれば、海斗と大希のやりとりには不思議なものでも浮かぶのだろうか。
「なんだったらもう少し話してくる?駐車場で待っててやるよ」
「い、いいよ…。気温、高いし、傷んじゃうから早く帰ったほうが…」
鳥羽と会話をしているところを、これ以上大希に見られたくない…、なんだろう、これは…『焦燥』…?
同時に鳥羽にも大希との接触を見られたくなかった。
自然と、鳥羽に伸ばそうとした腕に気付いて、ハッと引っ込める。
たった数日しか過ごしていないのに、鳥羽とはさりげなく触れ合うことが当たり前になっていることに気付いた。
大希とは、違和感が生まれるというのに…。

ビニール袋を手にした鳥羽が、後方を振り返って、まだこちらに視線を送っている大希に、小さく頭を下げた。
当然のこと、といえば当然のことなのに、朝から燻っていた『後ろめたさ』がまた心を占領していく。
大希はニコリと笑って手を振ってくれたけど…。

車に乗り込んでからもいつもと変わらない鳥羽の明るさがなんとなく心苦しかった。
ものすごくイケナイ事をしている気分に陥った。
それが大希に対してなのだ…と思おうとするのに、正面からまともに顔を見られない鳥羽に何故か必要のない言い訳の言葉を必死で探している。
無意味なのに…。
みんなでワイワイと楽しめると、踊るような気持ちがあったのに、今ではすっかり萎んでしまっている。
今更断るわけにもいかず、海斗はあまり飲まずに、早々に退散しようと思っていた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

近いんだか近くないんだか…
もう、誰が誰と?!的な状況ですよね…。
半分(15話)過ぎたし、そろそろ何かの動きが欲しいわたくしなのですが…。
あいかわらず、カメ並みのすすみかたなのでしょうか…。

そして、60000hit様がすぐそこにっ!!
早いですっ!!早すぎですよっ!!(こっちはカメじゃない)
確か、今月の頭に5万とか言っていたはずが…。
一周年(6月末)に4万だか5万だかといっていただけに、その数字の恐ろしさに身悶えしました。
別に60000にこだわりはないので、59999とか60001とか、ニアピンも受け付けますので。
(書けるかどうかはともかく……、つーか、いつも受けつけ中じゃんっっ!!)
ハイ…。リク、いただいていながら答えていないものもたくさんあるんですよね…(反省)
半年くらい過ぎているんじゃないでしょうか。
英人と、ママの実家、(暮田家)、その確執もようやく書こうかなと思い始めました。(夏休み企画ってことで?!)
たまには榛名パパも出そうか。
すみません。
書こうとすると、どうしても、何故かこのシリーズ…。
関連記事
トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントmiki | URL | 2010-07-28-Wed 00:27 [編集]
う~ん、複雑ですね。やっぱり海斗は鳥羽の事を…、なのでしょうか?そして、鳥羽は海斗の事をただのお隣さんと見ているのか?等々、気になる所が一杯なのでこれからが楽しみです(^^)
では暑いですが、お体気をつけて下さいね
Re: No title
コメントきえ | URL | 2010-07-28-Wed 07:20 [編集]
miki様
おはようございます。

> う~ん、複雑ですね。やっぱり海斗は鳥羽の事を…、なのでしょうか?そして、鳥羽は海斗の事をただのお隣さんと見ているのか?等々、気になる所が一杯なのでこれからが楽しみです(^^)
> では暑いですが、お体気をつけて下さいね

複雑ですかね~?
海斗と鳥羽の関係、どうなっちゃうんでしょ。
というか、海斗は自分の気持ちをはっきり知る時がくるんでしょうか…。
気になるところ、一杯ですか~?
楽しんでいただけたら嬉しいです。
miki様もご自愛くださいませ。
コメントありがとうございました。
60000超えましたね
コメント甲斐 | URL | 2010-07-28-Wed 09:35 [編集]
海斗くん鳥羽さんに知られたくないとか罪悪感って感情は何??
単に隣人に個人的なことを隠したいだけじゃない気がする。

オーーー
一晩明けたら6万超えてるぅぅぅぅーーーー
☆.。.:*・おめでとうございます☆.。.:*・

記念のSSも楽しみです。
英人くんと暮田家の確執には興味あります。
それとニューヨークのパパとのふれあいも見てみたい。
愛しい息子ですから。
ずっと我慢してきたこのが爆発しそう。
守ってあげたい&構いたいと思わせる英人くんですから放っておけませんよ。
夏のクルーズもいいですよね、
豪華客船とかゴージャスなキャビンのヨットとか。
Re: 60000超えましたね
コメントきえ | URL | 2010-07-28-Wed 13:52 [編集]
甲斐様
こんにちは~
60000超えちゃいました~。
なんでしょう、この早さは…。(びっくり)

> 海斗くん鳥羽さんに知られたくないとか罪悪感って感情は何??
> 単に隣人に個人的なことを隠したいだけじゃない気がする。

どこまで突っ込んだお付き合いになる『隣人』さんなのでしょうか。
海斗、なんだかヤキモキしはじめちゃいましたね。

> 記念のSSも楽しみです。
> 英人くんと暮田家の確執には興味あります。
> それとニューヨークのパパとのふれあいも見てみたい。
> 愛しい息子ですから。

記念SSとなるかなぁ。
人様からあれこれつのっておきながらなかなか書けないでいるんです…(ごめんなさい)
暮田家とニューヨークパパのことは随分前から考えていたんです。
何より、本編に戻れず、いつまでたっても『園児』のままでいる私の頭の中を改造しないとなりません。
楽しいお話にはならないでしょうね。
コメントありがとうございました。
海斗くん・・・(_ _||)
コメントけいったん | URL | 2010-07-28-Wed 15:04 [編集]
恋愛に御無沙汰になってしまうと 自分の感情に 鈍感になるのかな? これは 私も 気を付けないと・・・ 安易に 大希に返事をした海斗は もう後悔し始めてるし。
海斗の想いが これからどうなるのか じっくりと 楽しんで いきたいです♪ ではまた(^o^)/byebye...☆
Re: 海斗くん・・・(_ _||)
コメントきえ | URL | 2010-07-28-Wed 16:19 [編集]
けいったん様
こんにちは~。
身体の関係から入っちゃった海斗は、その気持ちよさを失いたくない、安直な理由で大希とのお付き合いを進めてしまいましたが…。
向ける思いに『恋愛』がないことを知って早速後悔しています。
2人の男が同時に目の前に現れたことで色々な感情が錯綜していることに気付きましたね。

> 恋愛に御無沙汰になってしまうと 自分の感情に 鈍感になるのかな? これは 私も 気を付けないと・・・

私もすっかり恋愛はご無沙汰です…。ってあっちゃだめかな…。

>海斗の想いが これからどうなるのか じっくりと 楽しんで いきたいです♪ ではまた(^o^)/byebye...☆

こんな稚拙なものにお付き合いくださいましてありがたいかぎりです。
海斗、どういう反応を示すようになるのか。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.