FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
一番近いもの 15
2010-07-27-Tue  CATEGORY: 一番近いもの
朝帰りすることに対して言い訳する必要もないのだが…。
アパートの階段を上がりかけ、下りてくる人物に目を止めた。
狭い階段で擦れ違う隣人に、言いようのない戸惑いが湧きあがってくる。
「こんにちは」
日曜日の昼にも近い時間、爽やかな笑顔を向ける鳥羽に、後ろめたさが募った。
顔を見られることがひどく恥ずかしい。
疾しいことをしてきた気分だった。
「こんにちは」と小さく返したものの、立ち話もする気になれず、海斗は咄嗟に階段を駆け上がろうとしていた。
早く逃げたい…、そんな感情に埋め尽くされる。
まともに顔を見ることもなく、俯いた海斗の腕を、鳥羽が掴んだ。
「今夜、花巻さんちにお邪魔することにしたんだ。海斗、時間とれる?」
「こ、今夜…?!」
鳥羽は海斗の動揺など気にした様子もないのか、いつもと変わらない態度で話を始めた。
それが、悲しいような、安堵したような複雑な思いとなり、また突然の誘いには、気恥ずかしさと嬉しさがごっちゃ混ぜになって海斗を襲ってきた。

みんなで食事を一緒にとったのは、この前の1度きりだった。
一人では淋しいだけの食事も、皆でワイワイと囲むものは楽しかった。
大希と一緒に過ごす時間とも違っている。
友人同士で語るものとも違うし、まだ見知らぬ人物の新しい部分を知っていく新鮮味もあるからだろうか。
「もう誰かと約束しちゃった?」
暗に大希とのことを言われているのだと思って咄嗟に首を振っていた。
付き合っているわけだし、誤解でも何でもないのだから堂々としていていいはずなのに、やはり後ろめたさがついて回ってくる。
大希とは違って、海斗にはまだ『身体だけの関係』の位置から抜け出せていない。

「べつに…」
海斗が答えれば鳥羽が嬉しそうに笑顔を浮かべて、思わずドキリとした。
「じゃあ海斗、参加決定ね。夕方6時からっていう話になっているけど、行く前に声、かけるよ」
「あ、うん…。あ、ねぇ、何か持っていくものって…」
鳥羽と花巻たちの間でどんな話がなされているのか皆目見当もつかない海斗は、立ち去ってしまいそうになる鳥羽を慌てて引き止めた。
前回も突然のことに何も用意していなかったし、さすがに先に話をもらっていて手ぶらというわけにもいかない。
「蓮が何か料理するって言ってたけど。夕方、酒とか買い出しに行くから、海斗も行く?」
「有馬も一緒?」
「蓮はたぶん料理しているよ。時間ギリギリになってドタバタするの、嫌いな奴だし」
二人揃って出掛けるのなら邪魔になるような気もしたが、鳥羽が一人だと聞けばどこか安心する。
海斗は便乗させてもらうことにした。

鳥羽と別れて部屋で寛いでいたのだが、どうにも落ち着きがなかったりしている。
そわそわしている、というのが正しい。
以前にも、大希と待ち合わせをしていることに、こんな気分になったことがあったが、悦びを与えてもらう体に対しての期待があったからで、今は原因すらつかめなかった。
隣の部屋から何やらバタバタと生活の音が聞こえて、在宅しているのだな…と分かることに笑みがこぼれていた。

夕方も4時を回った頃、鳥羽がチャイムを鳴らして、海斗はいそいそと玄関に立った。
有馬が料理をしているのだろう。換気扇を通して香ばしい匂いが漂っていた。
「花巻さんが『酒は用意しました』って。あとは飲み食いしたいものを持ってきてくれればいいからって」
「ホントに?なんか、俺、何もしない人みたいじゃん…」
「何気に花巻さん、楽しみで仕方ないって感じなんだよ。あの人、いい大人なのに、可愛いとこあるよね」
一回り以上も違う大人に向かって随分な言いようだな、と思いながら、海斗もクスクスと笑った。
鳥羽が持つミニバンに乗せられて、大型のスーパーに向かった。
幾つものテナントが入っているところで、惣菜などの種類の豊富さに選ぶのが大変なくらいだ。
鳥羽とあーだこーだ言い合いながら籠の中に色々と入れていく。
他愛もない会話なのに、掛け合いがとても楽しいものだった。
鳥羽だって充分子供みたいな性格を持ち合わせているし、逆に海斗の似たような部分も指摘されて不貞腐れもした。
結果、鳥羽の好みのものばかりが詰め込まれたカゴになってしまって、レジに並んだとき、どちらがいくら払うかでもめていた所を、背後から突然「海斗?」と声をかけられた。
聞きなれた声である。
今朝別れたばかりの大希が、不思議な光景を見るかのように、海斗と隣に立つ鳥羽を交互に見比べていた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
買い出しも楽しそう
コメント甲斐 | URL | 2010-07-27-Tue 09:33 [編集]
なんだかいろいろとお疲れな海斗くんに
気のいい隣人たちとの楽しいひと時を過ごしてほしいと思ってたのに
気を使う相手の登場ですね
大希ってば、本気の相手には押して押して押しまくるタイプなのかな
それとも、海斗の気持ちが自分に向いてこない焦り?
朝別れたのに夜も?ってのはシツコイと思うが…

Re: 買い出しも楽しそう
コメントきえ | URL | 2010-07-27-Tue 11:31 [編集]
甲斐様
こんにちは~。
疲れている海斗クンなんですけど。
お誘いに乗っちゃって買い出しです♪。

> 大希ってば、本気の相手には押して押して押しまくるタイプなのかな
> それとも、海斗の気持ちが自分に向いてこない焦り?
> 朝別れたのに夜も?ってのはシツコイと思うが…

大希に会っちゃったのはホントの偶然なんですけどね。
本気になったらどういう行動にでるのか、海斗もまだ知りません。が、あんな男みたいに危険はないです。
大事に守られる、それが分かるから海斗もあまえすがるのでしょうか。
シツコイとは私も思いますが…。
他の男と一緒にいることで大希も焦りを感じるのかもしれません。
まだ先が長いですが、どうか、お楽しみ頂ければなぁと思います。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.