FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
おりひめ様、ひこぼし様
2010-07-06-Tue  CATEGORY: 季節SS
もうすっかり、「シャッター通り」なんて言われる駅前の寂れた商店街。
駅の回りにはオフィスビルばかりが立ち並び、営業しているのは、チェーン店のドラッグストアと、食事処のいくつかの店舗。
「いらっしゃいませ~っ」
今日もランチタイムには元気な声が響く。
オフィスに置かれる機器のメンテナンスを担当するために、社に出社してもほとんど外回り業と一緒で、社屋近くの料理屋など知らないと言って良かった。
向き合ったテーブル席で、お互いの顔をじっくりと眺めた。
過去、嫌というほど見合わせた顔が、口を開く。
「久し振りだな、おまえとメシ、食うの」
「単独で動くどうしなんだから仕方ないっしょ」
「最後にメシ食ったの、いつだっけ」
「ちょうど一年前ですよ。七夕なのに、『織姫』に逢えない~っ!!ってないていたじゃないですか」
「…(恥)。お、…まえ、そういうこと、よく覚えてんね」
「記憶力は良いんです。顧客のトラブル日誌、かたっぱしから読み直すのも面倒だし」
「できる社員だよ…」
「で?今年は『織姫』に逢えるんですか?」
さり気なくその後の経過を尋ねてみれば、少しだけ顔を曇らせた。
…なんだか、マズイ…。聞いてはいけないことを聞いた気分…。

同じ社員とはいっても、なかなか顔を合わせる機会もないし、もちろんプライベートを曝け出すような雰囲気もあまりなかった。
聞くのは女子社員の噂話からで、情報量の多い彼女たちから、誰は既婚者だの、彼女がいるだの、先日どこの客とトラブルを起こしたとか…。
給湯室でコーヒーの一杯も淹れていれば、昨日までのアレコレが嫌でも耳に入ってくる始末だった。

目の前の男は自分の『教育者』と言っていい。
入社してからずっと面倒をみてきてくれた。
いろいろなトラブルの対処法とか、さりげない営業の仕方とか…。
一人立ちしてもう3年がたつ。
思えば、きちんとした『礼』もしていなかったな~と頭を過っていた日々。
なんとなく都合よく社で顔を合わせて、時間がとれるか?「昼食でも?」と誘ったのは自分だった。
でも、行き先を決められなかった…。
誘ったのか誘われたのか…。

「記憶力いいくせに、こういうとこ、一歩たんないよな~」
「普段いないんだから社の回りなんて知らないですよっ(照れ)」
むくれる自分とは対照的に余裕の笑みで返してきた『上司』からは、「おまえのサポート役にはいつだってなってやるよ」と力強い言葉が漏れる。
こんなところでも、まだ『一人立ちできていないのかな…?』とちょっと思う。落ち込む。

食事を待つ間、軽く発してしまった『織姫』事件を、さりげなくかわしてくれたことには、なんとなくほっとした。
振られる話題以外には突っ込んではいけないのかと、少し悟る。
なのに…。
「そういうおまえは、相手とかいないの?」
「へっ?!」
「『へ?!』じゃないよ。彼女はいないのかって話。浮いた噂一つ聞かないからさ。そろそろ『適齢期』だろ?」
周りでも結婚している人間は、月日を追うごとに増えていっているといい。
仕事が忙しいから…と言い訳を立てればそれまでだが、出会う場など、これまでなかったに等しい。
というよりも、なんだろう。
日頃の食事すら、女を誘う気分になれなかった。

「そういうあなたこそ…」といいかけたいのを、先程の『織姫』事件で口を噤む。
なにやら、別れた後なら酷な質問でしかない。

「こんな激務の間で、人にあっている時間があると思いますか~?トラブル発生したら、一秒でも早くメンテしなきゃいけないのに。時間外に呼び出されるオフィス、間違ったら徹夜ですよ」
「ククッ。確かにな。翌日の業務開始までになんとかしろって言われるし」
「そうですよ…。でもうちの機械で会社が動いているのかと思うと、ちょっと嬉しいですね」
目の前で、驚いたような、でもフッと頬を緩ませる姿がある。
「おまえの考え方には、驚かされるな。惹かれる…っていうか…」
「仕事に自信持て、って教えたの、あなたですからね」
「しばらくあっていなかったけど、こうやって本音、聞けるの、やっぱ、いいな…」
「たまには逢えたらいいですね」
「できることなら、毎日がいいんだけどな…」

一年振りの一緒に摂る食事の席で、かつての行動を共にした時を重ねては、「やっぱりまだ『半人前』?」と思ってがっくりときた。
『せめて織姫様がいて、彼を元気にしてくれればなぁ』とも思っていたりする。
「おまえ、今夜暇?」
特別トラブルが発生しなければ、今日は社屋を出る必要もない。定時でも上がれる。
頷けば、静かな笑みが見えた。
「一年振りの再会。何かしようか…」

久し振りに語れる『上司』との席もいいだろう…と、迷いもなく頷いた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

全く意味のない七夕企画。
どっちが攻めタン?受けタン?名前もない…。
(今後?!…まさか二人の行方????)
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントきえ | URL | 2010-07-08-Thu 22:53 [編集]
MO様
こんばんは。

>なんとなく今後を予感させられる二人ですが、違うのかな?今晩次第というところでしょうか?二人にとって、素敵な夜になると良いですね。

完全にコメ、見落としていましたm(__)mすみません。


ふたりにとってどんな夜になるんですかね~。
いっつもいっつも曖昧なものを書いています。
いつか、本編であげたい…(願望)
今後?!…ええ、今後。
かけたらいいんですけど。
(私のことだからどこかでつながる可能性大?!)
コメントありがとうございました。
謎CPのゆくえ
コメントnichika | URL | 2016-07-06-Wed 21:30 [編集]
誰かな?~なんてそれぞれに妄想してねって優しいきえちんの配慮みたいな感じです。
夢のような吐息へコメントの方、ご訪問勝手なファンから楽しんで過ごせますように。と我が身にも叱咤してます。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.