FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
『ヤギ牧場』前夜祭
2010-06-29-Tue  CATEGORY: 『想』―sou―
明日はいよいよみんなでヤギ牧場(正確には動物園)に行く日だった。
英人はどうか晴れますように、と祈りを込めててるてる坊主を作った。南の窓側に3個も並んでいる。(一葉と那智の分らしい)
こんなのを作るのは何年振りだろう。それすら楽しいと思う。
「英人、今夜は早く休もう。明日寝不足では体力を消耗するだけだぞ」
千城が、お風呂が沸いたと呼びに来る。
お弁当は本邸の料理人たちが作ってくれて明朝ここに届けてくれることになっていた。
汚してもいいように何着もの着替えなどの用意は全て終わってリュックサックに詰められている。
「忘れ物、ないかな~?」
「何度確認すれば気が済むんだ。俺が全部見てある。心配はない」
「みんなで広場でサッカーをするためのボールとかも持った?」
「あぁ、大丈夫だ。旅行会社にバスに積んでくるよう言ってある」
『遠足』と言った英人のために、徹底的に千城は演出をした。
野崎に「現地集合」と散々言われたのに、結局観光バスを手配させた。
折れたのは宮原の我が儘もあったらしい。(使えるやつだ、と内心で思っている)
集合場所は『想―sou―』である。
「旅行会社の人、忘れないよね?」
「忘れたら野崎に買いに行かせる。それより、ほら」
千城はしびれを切らして英人を抱え上げた。
「早く寝よう」と言われても、興奮して眠れそうにない…と英人は思った。
時間はまだ早い。
千城に心地よい疲れをもらおうか…。(そんなことをしている場合かよ、ひーちゃん…)


キッチンに豊富にある食材に、一葉は驚いていた。明日のお弁当の材料らしい。それらがどんな形になるのか、さっぱり想像できない。夕食を作りながら、安住は同時に下ごしらえもしているようだ。
「何ができるの?」
「それは明日のお楽しみにしようね。楽しみは一つでも多いほうがいいでしょ」
「なんだかみんなやってもらっちゃってすみません」
「いいんだよ。僕も楽しいから。一葉、先にお風呂に入っておいで」
どうやら安住は下ごしらえの現場すら一葉から隠したいらしい。
「ゆっくり入って疲れをとっておくんだよ」
一葉は背中を押されて、キッチンを後にした。
再び戻った時には、夕食が並べられていて、あれだけあった食材はどこに消えてしまったのだろう…。
相変わらず、安住の手際の良さには感心する。
食事をしながらの会話は当然明日のことである。
「ヤギのえさやり、なんて誰でもできるのかなぁ」
「大人しい動物だから大丈夫だよ。それより、ポケットの中とかにいろいろ入れていて食べられたりしないようにね。榛名さん、柵の中にまで入れるようにかけあってくれたそうだから」
「え?近付くの?」
「怖かったら入らなければいいんだよ」
「そっかー」
でもやっぱり未体験なことに少し不安な一葉である。


お弁当は一葉の分と一緒に安住が作ってくれると言っていた。
忙しく働く那智とヒサに、わざわざ負担を負うことはないという心優しい言葉に甘えた。
というより、お弁当らしいお弁当など二人とも作れなかったのだが…。
周りをみれば、どんな豪華なお弁当が並ぶのかと想像し、恥を晒すようなものだとも思う。
夜も遅くになってベッドに潜り込んだ二人は、大人しく並んで横になっていた。
「なんだか緊張する~」
「え、別に、普通の休日と思えばいいじゃん。千城さんも英人さんも単純に楽しみたいみたいだし」
「ヒサは関係ないからいいけどさー」
「今から行くの、やめますなんて言う方がひんしゅくものだろ」
「それもそうなんだけどー」
英人と一緒に遊んでやってくれ、などと頼まれて断れるわけもない。
英人は無邪気な性格のようだし、慣れれば那智でも普通に話すことができた。
何も知らずに出会ってしまえば仲良くなれるのは分かる。
でも付いて回ってくる『背後』が気になる。
確かに千城も野崎も立場をわきまえた大人で、那智に気を使わせるような言動は極端に減らしていた。
ヒサのように開き直れる性格だったらいいのに…。
「あーっ、ヒサっ!明日こそは絶対に余計なこと、言わないでよ。もう、俺らの恥晒ししているみたい」
「ひっでー言い方。親しくなるための自己紹介って言えよ」
「紹介できるようなもの、何もないよ…」
「秘書はともかく、他の4人は何聞いても答えてくれるよ」
「そういうことも聞かないでよ……」
っていうか、秘書…。影の番人にどんな失礼なことを聞いたわけ…????
いくら宮原さんが答えたって…。
バーテンダーが頼みの綱かも…。同じ年とは思えなかったけど、一番頼りになりそうである。


バーのカウンターの中で日野がまだガサゴソとやっていた。
明日のこともあるので今日は早目の閉店だった。
「ショウってば何してんの?」
「今日の余った食品、詰め込んでんの」
「まさかそれが明日のお弁当っ?!」
「でも結構見栄えいいだろ」
比較的大きめの密閉容器に色とりどりの食品が並んでいた。
もともと店で出しているものだけに食材は良いものを利用しているところがあるから分かりはするのだが…。
「ホント器用だよね。残り物には見えない」
「並べ方…かな。ちょっとした技?」
「さようでございますか。ハイハイ。どうせ僕はできませんよ」
「不思議だよな~。仕事であれだけ『美』やら『技術』やらって関わってんのに」
「それ、褒め言葉でもなんでもないよ」
「褒めてるよ。長流の芸術性の高さは」
日野の口から直接的に評価されることなど滅多にないから、神戸は珍しく気恥ずかしさに覆われた。
「『ヤギ牧場』なんて…って思っているところもあったけど、たまにはいいかも」
「弁当が?褒め言葉が?」
「両方(*^^*)」
「頼むからあの3人をけしかけるようなことはしないでくれよ」
「僕が言わなくったって、自然と話が出るよ」
ショウだって一緒に愉しめばいいのに…と内心で思う神戸である。


野崎の家に立ち寄ってみた真夜中。(野崎のおうちはごく普通(?)の一軒家です。築15年?20年?でも一人暮らし。設定はできているんですけど書く機会がない…(これも書く機会があればいつか…))
まだ電気がついているところをみれば起きているのだろう。
「こんな夜中まで何してんの?」
なにやらバタバタとキッチンで動き回っている背後に声をかけた。
「あ、なた、何、こっちに帰ってきているんですかっ?!」(旦那でも呼ぶ台詞か~?!)
「どうせ明日同伴なんだからいいじゃん」
ボウルをもった野崎を背中から抱き締めれば、邪魔だと小突かれる。
「何?ホントに弁当とか作ってたの?今日美琴さん、何時に帰って来たわけ?!」
野崎の帰りが早い時間とは言えないのはすでに承知している。
そんな時間から作業を始めた…というのだろうか。
「貴方が作れと言い出したんでしょ?!」
「そうだけどさ…。だからってこんな時間まで頑張ることないのに。卵焼きとタコさんウィンナーが入っていればよかったのに」
つっけんどんに言われ、後ろめたさはあっても、目の前に広がる食品の多さに、自分のためにここまでしてくれる愛情が感じられとても嬉しいかった。
抵抗されてもグリグリとその身体を自分へと寄せる。
「そんなもの、人前で出せますかっ」
「ホント、プライド高いよね…」
「もう終わりますからお風呂へどうぞ」
「終わるのなら待ってる。っていうか、一緒に片付けた方が早いじゃん」
「まさか…」
「うん、一緒に入ろ」
「このボウルを頭からかけられたくなかったら、お一人で入浴されてください」
照れ…もあるんだろうけど、たぶん、そうやって、寝る時間がどんどんと減るのが嫌なんだろうな…。
野崎の次の行動が理解できるから、今日は残念だけど…と大人しく引き下がることにした。
やっぱり無理はさせたくないから…。
(えぇ、でも翌朝には玉子焼きとタコさんウィンナーありましたよヽ(▽ ̄ ))

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ヤバイ、やっぱり半分に区切るべきだった…。長い…。『ヤギ牧場前夜祭』???こんなものはどうでもいい?!当日編『バスの中』から始まるんですけど…え?もう飛ばして『ヤギ牧場』…?バスの中で添乗員が…(誰?)あ、その前に『待機編』が…。もうどうでもいいのばかり書き上がる…。
関連記事
トラックバック0 コメント8
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ひーちゃん大丈夫かなぁ?
コメントさえ | URL | 2010-06-29-Tue 00:24 [編集]
心地よい疲れなんていってられないんじゃないのかなぁ?
きっと楽しい遠足を欠席するはめになるよ~!!
って心配しちゃいます。
絶対ちーは手加減しなさそうだもん。

みんな準備に余念がありませんね。
お弁当はみこっちゃんのが気になるなぁ。

明日晴れますように・・・。

きえ様
1周年おめでとうございますv-254
ますます素敵なブログになりますようにv-238
ささやかなプレゼントをご用意いたしました。
あとで、覗いてみてください♪
すらすら…
コメントかよん | URL | 2010-06-29-Tue 01:39 [編集]
きえ様 めっちゃ楽しんでませんか?遠足前夜の ワクワクが 伝わって来ます。私も気になるのは みこっちゃんのお弁当です。ほんと健気ですよね。一番食べてみたいのは 安住さんのお弁当かな?頭の良い人は 料理の手際がよいって 本当ですね。
Re: ひーちゃん大丈夫かなぁ?
コメントきえ | URL | 2010-06-29-Tue 06:49 [編集]
さえ様
おはようございます。

> 心地よい疲れなんていってられないんじゃないのかなぁ?
> きっと楽しい遠足を欠席するはめになるよ~!!
> って心配しちゃいます。
> 絶対ちーは手加減しなさそうだもん。

そうです、明日欠席する羽目になりますよね。
のんきだな~ひーちゃんは。
事情はよーく分かっているちーだから手加減はしてくれると思いますけど…。
朝もちゃんと起こしてくれると思いますけど…。

> みんな準備に余念がありませんね。
> お弁当はみこっちゃんのが気になるなぁ。

ひーちゃんに限らず、みなさん楽しみにしているんですね。(あ、もちろん読者様も?!)
プライド高いみこっちゃん、どんなお弁当を作ったのでしょうか。
(でもタコさんウィンナーなんだ…)

> 1周年おめでとうございますv-254

ありがとうございま~す。
行ってきました。
そんでもってもらってきちゃいました(ルン♪)
お許しいただけるなら別宅に飾ろうと思います。
コメントありがとうございました。
Re: すらすら…
コメントきえ | URL | 2010-06-29-Tue 06:52 [編集]
かよん様
おはようございます。

> きえ様 めっちゃ楽しんでませんか?遠足前夜の ワクワクが 伝わって来ます。私も気になるのは みこっちゃんのお弁当です。ほんと健気ですよね。一番食べてみたいのは 安住さんのお弁当かな?頭の良い人は 料理の手際がよいって 本当ですね。

書き始めましたらスラスラといっちゃいましたね。
というか、描写がないからラクなんです。
会話だけ書いていればいいので。
たぶん『ヤギ牧場』は会話だけになると思います。(というか、こんな番外をupしていていいのか…????)
きっとみんな豪華絢爛なお弁当が出来上がるのでしょうね。
『ヤギ牧場』じゃなくて『お弁当披露会』になりそうな…(汗)
コメントありがとうございました。
どうぞ
コメントさえ | URL | 2010-06-29-Tue 07:30 [編集]
良かったら飾ってくださいまし♪
遠足の前の日って興奮して眠れないのよね
コメント甲斐 | URL | 2010-06-29-Tue 12:04 [編集]
それぞれの美味しそうなお弁当の仕上がりが楽しみですね。恋人の好きな物とかリクエストがたっぷり詰まったおいしいものなんだろうなぁ。

野崎さんの築うん十年の一戸建て、すごく合ってる。そういう所に住んでそう。ゴミ集積場の掃除当番とかまじめにやってそうだし。

旅行会社ってどこを使うんだろう、榛名さんのグループ企業かな?いいとこ知ってるから紹介してあげればよかったです。カウンターに雅臣さんっていう素敵なお兄さんがいて…。
Re: 遠足の前の日って興奮して眠れないのよね
コメントきえ | URL | 2010-06-29-Tue 14:37 [編集]
甲斐様
こちらにもどうもです。
眠れないみなさんですね~、いろんな意味で。

> それぞれの美味しそうなお弁当の仕上がりが楽しみですね。恋人の好きな物とかリクエストがたっぷり詰まったおいしいものなんだろうなぁ。

好物だらけのお弁当ではないでしょうか。
それらを見て、きっと『ヤギ牧場』で、「へー、こういうの好みなんだ~」と学習する日野氏だと思います。(また気遣いが一歩アップ)

> 野崎さんの築うん十年の一戸建て、すごく合ってる。そういう所に住んでそう。ゴミ集積場の掃除当番とかまじめにやってそうだし。

一戸建てに何故一人暮らしなのか…とか私の脳内にはすでにできあがっているんです。
地区の班長とか、完璧にこなしているんでしょうね。
ご近所の人も頼りっぱなし?!
(うち、回ってこなくていいな~とか?)

> 旅行会社ってどこを使うんだろう、榛名さんのグループ企業かな?いいとこ知ってるから紹介してあげればよかったです。カウンターに雅臣さんっていう素敵なお兄さんがいて…。

榛名グループの中にも旅行会社はありますね。
でも手配したのは野崎ですから。
鼻の下伸ばしっぱなしの社長を早々お見せするでしょうか…。
コメントありがとうございました。
Re: どうぞ
コメントきえ | URL | 2010-06-29-Tue 14:38 [編集]
さえちゃん、こんにちは。
すっかりコメ見落としていましたm(__)m

> 良かったら飾ってくださいまし♪
は~い。喜んで飾らせていただきま~すヽ(^o^)丿
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.