FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
想―sou― 一夜物語 17
2010-06-26-Sat  CATEGORY: 『想』―sou―
「付き合っているっていうことを知っているだけだよ。余分なことは話さなくていいの…」
那智が小声で高柳を責めるが、全員が聞き耳を立てている今、筒抜けといっていい。
「いや、だって那智が…」
「少しは俺の立場、考えてよ…」
そんなことを言ったって、今来たばかりの高柳は詳細は何も伝えられていない。
特に和んだ雰囲気の中では、すぐに馴染んでしまう性格だし、会社ではしょっちゅうセクハラまがいの会話が繰り広げられているらしく、恋愛に関する話題に抵抗など持っていない。
「この店で『立場』なんかどうだっていいってさっきも言ったじゃない。そんなことより、なんで7年もかかっちゃったの?そこのところきちんと話してくれないことのほうがヤバイ立場になるよ」
「脅してんなよ…」
バーテンダーに小突かれても、興味津々の神戸が大人しく引き下がるはずがなかった。
千城のことを散々に言いつつもやっぱり『似た者同士』なのだ…。
一葉も、それとなく付き合うまでの過程を聞いてはいても、『親友だったんだけど、見方が変わっちゃった』くらいにしか話してくれず、何やら奥の深そうな話にドキドキとワクワクが重なった。
もちろん、那智には悪いが…。

高柳が那智を見ると、すでに那智は諦めたようだった。
ただ、那智は高柳の目に、『余計なことは言うな』と瞳だけで訴えていた。
「あー、いやー、……もともと親友として付き合いはあったんですよ。そのあいだ、俺の片想いだった…っていうだけで」
「7年も黙ってたの?!そばにいるのによく耐えられたね」
「ずっと那智は『男はだめなんだ』って思っていたから。告白して嫌われるくらいなら親友でいいやって思っていたし」
自分の感情をこんなにストレートに口にできる高柳を、一葉は改めて感心した。
躊躇いや照れとかはあまり感じられずに、平気で神戸と会話を成り立たせている。
それに、一葉以上にこの店に訪れているから神戸とも面識はあるし、性格も承知しているのだろう。
皆に聞かせる話…というより、神戸と話をしているというかんじなのだろうか。

「それがなんでこうなっちゃったわけ?」
初めて高柳が躊躇いを見せた。
そこが起点だったのだとは一葉も理解した。
高柳は何故かちらりと一葉を見た。
「ん?」と再度神戸に首を傾げられて高柳は迷いを振り切ったようだ。
「あ、ずみさん…?」
誰に問うているのかというような疑問形の台詞に、一葉が「えぇっ?!」と声を上げて、咄嗟に安住を振り返った。
これには安住もぱちくりと睫毛を瞬かせていた。
面白いようにみんなの視線が高柳から安住へと移動する。
「ヒサってば何言ってんのっ!!だから、あれはっ…っ」
顔を真っ赤にした那智が、何度も高柳の鍛えられた腕を叩いた。
一葉の頭の中はもう真っ白だ。

「安住さん…、て、…仔猫キラーなんですか?」
「長流っ!!ちょっ…っ!!失礼過ぎっ!!」
神戸が大人しくつぶやくものの、カウンターの中でバーテンダーが思いっきり神戸の足を蹴飛ばした。

「那智っ?!」
一葉がすぐ隣の那智に説明を求める。
「高柳君、僕は何かさくらちゃんと君に失礼な態度を取ってしまったということかな?」
責めるわけではないが『原因』とまで言われれば安住の心境も穏やかではないだろう。
一葉というよりは安住に向かって那智が両手を振った。
「誤解ですっ!!ほんとにっ!!ヒサの勝手な思い込みで…。仕事のこともあったし、中條さんの友人だって聞いて安心してコーヒーを貰いに行ってたことを知って、いきなり怒りだして…」
那智の説明(言い訳)は、自ら話を進める方向に持っていったのか、墓穴を掘ったのか…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
何やら続きを求めてくださっているかたがいるようなのですが…。
次回最終話です。
答えられるかは疑問ですがリクは受け付けます。
つまらない話になってしまったとは思いますがほんとおつきあいくださいましてありがとうございました。
さえちゃん、本当にありがとうね。あなたのリクがなかったらこんな一夜はなかったんですよ。感謝です。


おまけ。
ひーちゃんから横に進みます。
「ねぇねぇ、あれって四角関係っていうの?」
「ここでこじれたらな」
「安住弁護士も元凶にされて災難ですね」
「7年越しの恋が叶ったなら、ホント、デキる弁護士さんだよ」

関連記事
トラックバック0 コメント9
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントmiki | URL | 2010-06-26-Sat 10:11 [編集]
こんにちは、お邪魔してます。
次回最終話ですか、さみしいです~(>_<)せひ、またこのメンバーで集まってもらって今度はどこかに出かけて欲しいです。すっごい賑やかで面白くなりそう(^^) 一葉ちゃんが周りの人達から安住さんとの事を聞かれたりとか、いらない知識を教えられたり(笑)と、勝手な妄想が広がってスイマセン
Re: No title
コメントきえ | URL | 2010-06-26-Sat 10:48 [編集]
miki様
うろうろしていたらなんだかご一緒したっぽく。
嬉しいです~。

> こんにちは、お邪魔してます。
> 次回最終話ですか、さみしいです~(>_<)せひ、またこのメンバーで集まってもらって今度はどこかに出かけて欲しいです。すっごい賑やかで面白くなりそう(^^) 一葉ちゃんが周りの人達から安住さんとの事を聞かれたりとか、いらない知識を教えられたり(笑)と、勝手な妄想が広がってスイマセン

もう、わたくしも今回、ほんとーにいっぱいあれこれと頭の中が花開いている状態でして…。
みんなでどこか?
とりあえずヤギ牧場?!
(あ、あしたあがりますので。)
っていうか、なんでこんなに人気でちゃったの?全員集合だから????
一葉もいっぱい色々なことを聞かされちゃったり。
ご希望の方があまりにも多いようなら『遠足』を書こうと思います。
コメントありがとうございました。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2010-06-26-Sat 11:27 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 安住さんと那智
コメントきえ | URL | 2010-06-26-Sat 12:34 [編集]
K様
こちらにたどりつけましたね~

> そういえば 前から疑問だったんですよ。もともと 安住さんを一葉に紹介したのは那智だし、一葉は 二人がどういう繋がりなのか気にならないのかな?とか… 安住さんが 初めて那智と会った定食屋で 那智のあまりの可愛さに 見とれちゃった なんてことは もちろん一葉には内緒ですよね(笑) 一夜はほんとに最終回なんですね。淋しいけど 付き添いはパパ限定の親子遠足 楽しみにしてま~す♪

もうすべて過去のお話になっていますね。
一葉的にはあまり突っ込んであれこれと想像する子ではないので、現状でご満足状態なんですけど。
一時期気を引かれた安住にとっても那智は可愛い存在なのでしょうが、心を寄せてくれた一葉はまた違った存在だと思います。
えぇ、いろいろとばらしたりする大人じゃないです。
遠足バージョン。ご希望の方がいれば裏番組で…?!
コメントありがとうございました。
いや~ぁ
コメントさえ | URL | 2010-06-26-Sat 16:40 [編集]
明日で終わりなんて淋しすぎる~(泣)
もっとみんなで飲んでるとこ見てみたいよ~。
遠足編ぜひ見たいです!
ヤギに餌やりする~(笑)
これはきえさんに付け届けをしてその気にさせなくては!!
ひーちゃんと一葉ちゃんも~っと仲良くなるといいなぁ~♪
落ち着け、ヒサ
コメント甲斐 | URL | 2010-06-26-Sat 17:48 [編集]
ヒサ、何か含むところがあったみたい。
過去に那智くんを取られそうだったんだとか、まだ気持ちが残っているんじゃないかとか心配してたりしたのかな。
好みっていうものはそうは変わらないから、時には元カレとか初恋の人が忘れられないのかみたいに思われるかもしれませんね。(場合によっては、好みと全く違うタイプとくっつくっていう例も少なくないけど)
安住さんの好きなタイプっていうのが、意識しているかどうかわかりませんが、かわいい仔猫ちゃんらしいですね。それも何にも知らない無垢で無邪気な仔猫ちゃん。
No title
コメントきえ | URL | 2010-06-26-Sat 22:51 [編集]
ら様
こんばんは。

>こんにちは♪ 次回で最終話ですか。。。もう少し続けて欲しいです(´_`。) 遠足バージョンがもしかしたらあるかもとの事なのでそちらも楽しみにしています。

私的にはようやく終われる…って感じでいたんですけど。
意外と楽しんでくださっている方、いらっしゃったみたいですね。
遠足バージョン、もうただのお子ちゃまの騒ぎでしかないです。
次回分に少し加えておきました。
次、最終回なんですけど、おまけでもう一話あります。(皆様に感謝ということで)
コメントありがとうございました。
Re: いや~ぁ
コメントきえ | URL | 2010-06-26-Sat 22:54 [編集]
さえ様
こんばんは~。

> 明日で終わりなんて淋しすぎる~(泣)
> もっとみんなで飲んでるとこ見てみたいよ~。

なんだか中途半端な終わり方になっちゃったかな…。
結局最後の締めにヒサなっちをもってきちゃったようなものなんですけど…。

> 遠足編ぜひ見たいです!
> ヤギに餌やりする~(笑)
> これはきえさんに付け届けをしてその気にさせなくては!!
> ひーちゃんと一葉ちゃんも~っと仲良くなるといいなぁ~♪

ひーちゃんと一葉、仲良くなったのかな。
そこから始まったはずなのに、なんだかズレている気がΣ( ̄□ ̄;)
っていうことは、やっぱりヤギ牧場を書かなくては?!
いや~、でも私も結構ノリノリで書けました。
さえ様、こちらこそ感謝しております。
コメントありがとうございました。
Re: 落ち着け、ヒサ
コメントきえ | URL | 2010-06-26-Sat 22:58 [編集]
甲斐様
こんばんは。

> ヒサ、何か含むところがあったみたい。
> 過去に那智くんを取られそうだったんだとか、まだ気持ちが残っているんじゃないかとか心配してたりしたのかな。

なんとな~く流れ的に安住の名前を出しちゃった…って感じです。
もう一葉もいるし、安心してはいるんでしょうけど。

> 好みっていうものはそうは変わらないから、時には元カレとか初恋の人が忘れられないのかみたいに思われるかもしれませんね。(場合によっては、好みと全く違うタイプとくっつくっていう例も少なくないけど)
> 安住さんの好きなタイプっていうのが、意識しているかどうかわかりませんが、かわいい仔猫ちゃんらしいですね。それも何にも知らない無垢で無邪気な仔猫ちゃん。

安住は面倒みたがりなんだと思います。
だから手のかかる子の方がいいみたい。
無意識で選んじゃうんでしょうね、同じタイプ。
心配ごとも多いでしょうが、その辺は難なくこなしてしまう弁護士なんでしょう。
デキる人間ならではですね。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.