FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
想―sou― 一夜物語 10
2010-06-19-Sat  CATEGORY: 『想』―sou―
神戸は『宮原』という野崎の恋人の男に興味津々だった。
まさに弾丸のように、二人のなにやらを聞いている。
それこそ恋人(バーテンダー)もそっちのけであるが、彼も聞き耳を立てているのは全員が知っている。
それに、それくらいでは嫉妬の対象にもならないのだろう。

答えに窮するのは野崎で、平気で答えるのは宮原のようだ。
話相手もいなければ自然と耳に入ってしまう会話。
驚いたことに、野崎は丁寧な言葉使いをするけれど千城よりもずっと(?)年上で、宮原は神戸と千城の一つ上だという。
姉さん女房なのか…と一葉の中でも知っている単語が飛び交った。
野崎の立場上を思うのか、神戸の口調なのか、どちらが年上なのか分からない発言ばかりだったが、すぐに気を緩めた宮原はこの店に溶け込んでいた。
たぶんもともとの性格もあるのだろう。
「こんなに素敵なお店を持っていたとはね…」
「僕のプロデュース。いいでしょ?」
「美琴さんのセンスも結構いけますよ」
「またまたぁ。自慢してくれちゃってぇ」
「ちょっ…っ(////)えいっ…っ!!!」
『美琴さん』という可愛らしい名前にも惹かれたが、見た目とは全く異なる反応も微笑ましかった。
聞いていれば飽きることはないけれど、やっぱりどこか身が縮む。

どうでもいいように英人と千城は寄り添っていたし、一人残された一葉は、何度も携帯電話を眺めていた。
あれから那智からの連絡はなく、いつまでも待たされるのなら帰りたいという思いさえ生まれた。
この店には愛が溢れまくっていて、さみしかったのだ。

そんな時、スッと注文もしていない甘い香りを漂わせるカクテルが目の前に置かれた。
バーテンダーが静かに首を倒す。
「どうせ今日は売上なんか発生しない日だから飲んで。まだ待ちそう?余計なことだけど、迎え、呼んでおく?」
以前、那智と待ち合わせて、高柳も合流して、見事に酔い潰れて、安住に抱えられて帰宅したことがある。
それをこのバーテンダーは覚えていたらしい。
かぁぁぁっと恥ずかしくなりつつも、当然のようにふるまう姿に癒された。
何も間違ったことはしていないと言われているようだ…。
そして含まれる『迎え』が愛しい人というのももう知られている。
そこには『好きな人と過ごしてほしい時間』というものも感じられた。
たぶん、先程神戸と交わしていた、『友達同士の時間』というものもからんでいる。
遠慮せずに甘えればいい、と励まされているようだった。
一葉の中で生まれている感情。なによりあいたい。
「うん、呼びます…」

先程、英人が素直に千城に甘えている姿にも影響されているのかもしれない。
愛に包まれる空間に一人放っておかれるのは辛かった。
こういった席にはまず顔を出すことのない安住だけど、たぶん、この場に安住が訪れても那智が嫌がらないのは一葉が良く知っている。
見せつける結果になったとしても、那智には待たせた罰だと言いたいくらいだ…。

携帯電話を耳にあて、短いコールのあと、すぐに安住の声が聞こえた。
「那智、まだ終わりそうにないし…」
一葉が家を出てから相当な時が経過しているのは安住も承知していた。
『ずっと一人で待っていたの?!』
「ん…。店員さんが相手してくれた…」
『すぐ行くから』
その答えがうれしかった。

家を出る前に聞いたはずなのに、凄く懐かしい気がする。
自然とほころぶ顔を見てバーテンダーも笑った。

この店には優しい匂いがする…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
いつまで続くんだ?オイコラって感じになりました…(汗)
早めに切り上げたい。
一葉のお迎えが来るならそこで終了?!えっ?だめ?まだ続くの?この夜は…。書き続けていても大丈夫かなぁ…。
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
まだまだ
コメントさえ | URL | 2010-06-19-Sat 01:31 [編集]
きえさん、夜はまだまだですよね(^_-)
足元から覗いてますよ~(*/ω\*)
愛あふれるバーにて
コメント甲斐 | URL | 2010-06-19-Sat 01:38 [編集]
だめですよ、まだ終わっちゃぁ。
まだまだ聞きたいことも見たいこともあるんだから、ねえ神戸さん。

ほらほら、一葉ちゃん、寂しくなっちゃったでしょ、早めの呼んで正解だよ~
安住さんダッシュで来るね!
No title
コメントけいったん | URL | 2010-06-19-Sat 07:15 [編集]
すみません、私も いっき読みの一人ですm(_ _)m もう次々と それぞれの作品の主役登場に 嬉しさが 倍、倍になっていきます! 今度は 誰が?と ワクワク、ドキドキ ♪ まだまだ 終わっちゃダメだからねぇ~☆
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2010-06-19-Sat 19:41 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.