FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
想―sou― 一夜物語 5
2010-06-14-Mon  CATEGORY: 『想』―sou―
「長流っ!!」
「神戸さんっ?!」
制する声などには耳を貸さないといった感じの神戸の態度は、中條に良く似ているな、と一葉は内心で思っていた。
友人とはいえ、社長とその秘書を呼び出そうというのだから相当な影響力でもあるのだろうか。
電話を片手に会話を進めてしまう。
「あー、野崎さん。お久し振りですぅ。今英人君が千城が帰ってこないってショウのバーで拗ねているんだけど、まだかかりそう? 英人君に聞くところによると、なんだか最近千城と随分ご親密らしいじゃない? 変な疑いを持っちゃっているみたいだから野崎さんから説明してあげてくれない? 英人君に不貞腐れられて業務に支障が出てくるのもこまっちゃうんだよね~。千城、すぐ休ませるしさぁ」
「野崎さんかよ…」
当然のように『千城』に電話がかけられるのだと思っていたらしいバーテンダーと英人は、会話の内容に少々瞠目している。
そしてポッと赤くなる英人がいる。
『拗ねている』と言われたことが恥ずかしかったのだろうか。

一葉もまさか直接本人に話をつけるとは思ってもいなかった。
これまで聞いていた会話からはどうしたって神戸は『千城』との方が親しげだったし、一葉の頭の中にはヤギにエサをやる光景が想像できないほどの『カタブツ』が浮かんでいる。
だが、神戸から発される人懐っこい話し方には慣れ親しんでいるものが感じられた。
呼び出された『野崎さん』だって自分の恋人についての件で追及されるとは想像もしていないはずだし、英人を宥めるためと神戸の言葉通りに受け取っていることだろう。
一葉の頭で思い浮かべるだけの世界が目の前に現れてくれるのであれば一葉も理解しやすく、ありがたいことに変わりがなかったが、そこに入ってしまうのもどうなのだろう。
興味本位でこのまま話に加わるのは『野崎さん』に対してだって失礼にあたる気がする。
那智を待つ時間がとても長いものに感じられて、早く来ないかな~と思わず自分の携帯電話に視線を落とした。

電話口から告げられた内容に神戸はニッコリと笑顔を浮かべて、「お待ちしていま~す」と明るい声で通話を終わらせていた。
話は成立したらしい。
「ふふふっ。なんだか野崎さんの反応、楽しみ♪」
「悪趣味」
「ねぇねぇ、千城も帰ってくるの?」
「当然でしょ。秘書いなくて仕事ができる社長じゃないって。それに英人君が拗ねてるってちゃんと言っておいたから、千城から速攻で仕事終わりにするはずだよ」
恋人の帰りを心待ちにする英人の表情がパァっと華やいだようだ。
こうも素直に悦びを表せる英人を少し羨ましくも思った。
自分なら、恥ずかしがって照れて、心の中だけで喜んで俯いているだろう。

「一葉ちゃんのカレシは今日は忙しいの?お友達との待ち合わせって聞いていたけど、もし差し支えないのなら呼んでみたら?篠原さんのこともご存知みたいだし、いい御縁になれると思うんだけどなぁ」
神戸が突然安住のことを話題に持ち出した。
顔の広い安住を思えば、篠原とのことを持ち出されて、すでに知りあっているのではないかと思えてくる。
改めて「カレシ」と紹介するのも照れくさいだけだが、まだ名前も顔も出していない安住のことを、神戸に興味を持たれているのは随分前から気付いていた。
『野崎さん』がやってくると分かった時点で、神戸の気になる話題が一つ解決したのも同然なのか、次の照準にされたのは自分だった。
安住の職業のこともあったからむやみやたらに人に言いふらすのもどうかと躊躇するが、この店には安心させてくれる何かがある。
それにずっと前から、誰かに相談したい恋愛事、という事情が絡まっていて、必要に応じてそれを難なく聞いてくれる神戸だと知った今、『頼りになる人』のイメージの方が強い。(この男を頼りにしたらいけないんだよ、一葉ちゃん…ボソッ)
一応、帰りは迎えに来てくれる約束になっていたが、あくまでも那智との時間を妨げたくない安住の配慮だった。
那智とは面識もあるのだから、と一葉は以前話したことがあったが、一葉と那智の間に故意的に割り込んでこようとはしなかった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
4← →6
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントきえ | URL | 2010-06-14-Mon 15:02 [編集]
S様
こんにちは~

>一葉ちゃん、とうとう神戸さんを頼りますか!? どうなるのでしょう。ワクワク♪ 全員集合楽しみですね~。きえさん、一夜で終わらなかったら二夜でも、三夜でもいいですよ~(^_-)

そうですよね~。一夜でいきなりお友達って…無茶がありますかね。
全員集合、どこまで集合?!
とりあえず、那智含めて、あと5名様の参加が予定されているんですけど、会話文に困ってきたので真面目にセリフ特集を組みたいくらいになりました。あとは絵文字でカバー(?!)
それか参加人数を制限してみたり…とか。
まぁ、苦し紛れに何か考えると思います。
目標10~15話なので、苦しくっても7月上旬には終わらせたいです。
コメントありがとうございました。
いいですね~
コメントさえ | URL | 2010-06-14-Mon 19:21 [編集]
セリフ特集と絵文字でもいいですね~。
だって、あと5名参加と、言うことは全員で9名ですもんね~。
会話だけでも大変そう~。
仕切りは神戸さんが適任かな?
ひーちゃんや一葉ちゃんは無理だし、ちーに任せたらヤバそうだし、日野くんはでしゃばらないしね。
きえさんの思いつくままでいいですよ~。
Re: いいですね~
コメントきえ | URL | 2010-06-14-Mon 19:48 [編集]
さーちゃん、こんばんは~。
すごいいいタイミングだったみたいです。
開いたらコメがあった…。

> セリフ特集と絵文字でもいいですね~。
> だって、あと5名参加と、言うことは全員で9名ですもんね~。
> 会話だけでも大変そう~。
> 仕切りは神戸さんが適任かな?
> ひーちゃんや一葉ちゃんは無理だし、ちーに任せたらヤバそうだし、日野くんはでしゃばらないしね。
> きえさんの思いつくままでいいですよ~。

そうなんですよ~、もう9名様の記事を書くのは半分描写で取られるので、あとは読者様に想像してもらおうかと思う展開です。
すみません、筆不足で。全く書ききれませんでしたね…。
リクエストを頂いたさーちゃん様からお許しがえられたなら、ばぁぁぁぁんと走ってしまいたいです。
今後何が上がってもどうか暖かい目で見てやってください。
連コメ、本当にありがとうございます。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.