FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ちょうどいいサイズ 65
2010-06-11-Fri  CATEGORY: ちょうどいい
R18らしい 性描写があります。閲覧にはご注意ください。

コツンと額同士を合わせた安住が、「困らせてごめんね」と「ありがとう」の意味を込めて、唇をそっと食んできた。
厚い胸板に寄せる手が何処に向いたらいいのかと戸惑って密着する肌の間に埋もれる。
引き寄せられるまま、安住の背に両腕を回した。
「はぁ…」
束の間漏らす吐息まで飲みこまれるようだ。
安住の利き手がそっとうしろから双丘の狭間にまわされてくる。
ぶるっと震えても、湯の温まり方で綻んでいた蕾に何度も指先を押し当てられれば、焦れたように一葉のほうから腰を揺らした。
満杯になっていた湯がぴちゃっと音をたてて零れていく。
「お風呂の中では解すだけにしようね。のぼせちゃうから」
「んぅっんっ…っ!」
言葉が言い終わるかどうかのうちに安住の指がつぷっと潜ってきたのが分かる。
いつも使っているローションとはまた違う攣れ方にビクンとなったが、激しい痛みでもなく、身体が覚えた快感を求めてむしろ奥へと引きずり込もうとする肉筒の蠢きを感じた。

ぎゅっと抱きついた首筋と、自然と浮いた腰に一葉の羞恥心が少しずつ剥がれていくような気がした。
少しだけ逃げ腰になる下半身が、まるで尻を突き出しているようにも思える。

「あぁぁんっ…」
バスルームの中だからか、余計に自分の声が響いている気がした。
こだまするような声が嫌でも耳に張り付いて唇を噛めば安住の口付けで解される。
「もう出ようか。…僕の方が我慢できないんだよ」
耳元で囁かれた熱っぽい声に、現実に戻された気がした。
一人でよがって啼いていたのかと思うと余計に恥ずかしさがこみあげてくる。

目の前で立ってしまった安住が、完全に勃起した性器を隠すこともなく、一葉を抱きあげた。
その場所に視線を下ろしてしまうことがひどく恥ずかしいと思いながら、顔も見上げられず、うつむくばかり。
「一葉…」
耳元で囁かれた声はピクンと一葉の顔を上げさせた。

「ごめん、やっぱりちょっともう、我慢できないや…」
安住がボディソープのボトルを手に取る。
たいして洗いもしなかった身体を洗われるのかと身がまえたが、安住の目的は明らかに違っていた。
真っ先に泡立てた手を後ろに回された時、一葉は言いようのない恐怖と興奮を同時に味わった。
何の戸惑いもなく入ってくる指先が優しさと欲望を表していた。
「あっ…っ」
抱きすくめられながら片足をバスタブの淵にあげられる。
開かれた下半身を、片手は後ろを、もう片手は嚢を弄った。
「あ、ずみ…さ…」
「また言ったね」
クスリと笑う顔も麻薬のように脳髄に浸透してくる。
「きょ…」
呼び名すら喘ぎ声の中に消えそうだ。
いつもこうして一葉は快楽の中で『享利』と何度も口にしていた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
あと2話くらいで…(私が言うのはあてになりませんが…)

あと別宅に記事を貼った件ですが、ご希望の方がたまに覗く程度でいいので、今後のこちらでの『あげました』記事は控えさせていただきます。ご不便をおかけいたしますが、もともとの『お話』はこちらだけですし、絵師様でもいればまた別の件になりますが、(私も絵は幼稚園生なみなので何も書けず…)特にお知らせするような内容もない日記的なものなので、お時間を取らせるだけかと思いました。
わざわざ訪れる必要もないと思いますので、わざとらしく飾るのもどうかな…と。
また何かご意見がありましたらお答えしたいです。
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
名前で呼ぶ約束が守れない悪い子にはお仕置きだ(by安住)
コメント甲斐 | URL | 2010-06-11-Fri 15:55 [編集]
紳士の顔の裏にも雄の欲望があるんですねぇ、安住さん。
全開とは程遠いにしてもたまにはそんな面もちらって見せてみてもいいんじゃないのかな。
抑えてばっかじゃいつか爆発しちゃうかもしれないしさ。
徐々に、ですね。一葉ちゃんを少しずつ慣れさせて成長させていきましょ。(だからといって英人くんちや神戸さんちみたいにはならないでしょうけどね)
Re: 名前で呼ぶ約束が守れない悪い子にはお仕置きだ(by安住)
コメントきえ | URL | 2010-06-11-Fri 16:16 [編集]
甲斐様
こんにちは。
またお仕置きが…っっ!!

> 紳士の顔の裏にも雄の欲望があるんですねぇ、安住さん。
> 全開とは程遠いにしてもたまにはそんな面もちらって見せてみてもいいんじゃないのかな。
> 抑えてばっかじゃいつか爆発しちゃうかもしれないしさ。
> 徐々に、ですね。一葉ちゃんを少しずつ慣れさせて成長させていきましょ。(だからといって英人くんちや神戸さんちみたいにはならないでしょうけどね)

紳士の裏、はい、ありますよね。きっと。
すこーしずつさらして、一葉もいっぱい知ることとなると思います。
確かにあっちの、『別荘』みたいなことにはならない予定のこいつらですけど。
さそわれたりとかあてつけられたりとかしたらわからないですね。(とくに、ぱぱ)
ご指導はきちんと完璧に行っておかないと間違った情報を入手しますからね。

コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.