FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ちょうどいいサイズ 63
2010-06-09-Wed  CATEGORY: ちょうどいい
(たぶん)R18 性描写があります。閲覧にはご注意ください。

どんなことが恥ずかしいのか?と問われて正直に答えられる人間がどれほどいるのだろう。
答えられるくらいなら恥ずかしがってもいないと密かに思う。
快楽に導かれ、奔放な姿を晒す一葉をすでに安住は知っていた。
だけどそれは、”理性”というものを削がれて情交の海に堕ちてしまった時のことであって…、一葉にとっては振り返りたくない現実の一つでしかない。

少なくとも今は物事がきちんと判断できる脳の状態があって、目に見えるものも”普通”なら羞恥心を煽られる。
わざと口にさせようとする安住を、やっぱり意地悪だ…と睨みたかった。
というより、視線すら上げられない状態だったが…。

一葉を抱き締めていた腕が、腹部からそっと下に降りた。
逃げ出そうとしないようにと、安住の左手は一葉の胸を抱き、右手は太腿の内側を撫でてくる。
一葉の縮こまった脚を伸ばすように絡みついてきた安住の両足が下からそっと、バスタブの両端にくっつくくらい広げた。
それだけで一葉は堪えようとした吐息を「はぁぁぁ…」と漏らしてしまったくらいだ。

でも安住はそれ以上何もしなかった。
「ほら。ゆっくり浸からないと、今日の疲れがとれないよ」
優しい声はいつもと変わらないのに、わざと煽っているのが嫌でも分かるくらいの態度だ。
脚を広げて入る入浴風景など想像したこともなかった。
なにより、弄ってもらえない後孔がぴくりと収縮するのが分かって、尚更身体が硬くなった。
湯でも入ってきそうだ。

寝そべるように横にされた身体はすっぽりと安住の上に寝転がっている。
これでは逆上せて起き上がろうとしたってできないだろう…と思った。

安住の唇が一葉のうなじを舐めた。
「一葉ちゃんの反応は全て可愛いよね。誰からも愛されて、声をかけられて可愛がられて。少しおっちょこちょいなところもみんながカバーしてくれる。今は仕事のことでも自信をつけ始めたから余計に輝いている。やりがいのある仕事を見つけてくれたんだな…ってそれは、心から嬉しいと思うよ」
普段の努力を労ってくれる安住の声は一葉にとってとても嬉しいものだった。
でも影を含んだような声音には、素直に喜べないものを感じる。
『だけどね…』と言う言葉が嫌でも聞こえてくるようだ。
咄嗟に振り返ってしまった安住に、彼は頬にキスを落としただけだった。
一葉の全てを守ってくれるようなとても優しいくちづけだ。

「どれだけ他の人に笑顔を振りまいても、こんなことをするのは僕だけだ…と誓約書でも書かせたいよ」
『裏切ったらお仕置きも』ね。
心痛を浮かばせるような苦笑い。
熱のこもった声が一葉の脳髄に染み込んでくる。
内腿をさすっていた手が、やわりと、硬くなり始めた一葉の中心をつつっと人差し指の先でなでた。
「あっ…っ」
ただの入浴風景の中で反応などしたくなかった一葉の真意をすでに読み取っていた安住はわざとらしく、波で刺激を与えてきた。
「安住さんっ!!」
湯の中で身体を抱え込まれた一葉に抵抗は無理といってよかった。
ドクンッと脈打つ分身を知る。
同じように感じた腰のあたりの硬さ。
睨みあげたいとおもった気持ちも吹き飛んでいる。

「僕の名前、忘れられちゃったんだね…」
耳元で囁かれた声は、やっぱりいつもの安住のものとは違って聞こえた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
安住、すねてます。
関連記事
トラックバック0 コメント7
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントきえ | URL | 2010-06-09-Wed 08:44 [編集]
S様
おはようございます。

>安住さん拗ねてる!?またまた一葉ちゃん翻弄されちゃいますね~。この後はどうなるのかしら?ワクワク♪

安住、何がしたいんだろう…????と私が疑問です。
とりあえず一葉をかまいたいんでしょうね。大人げない態度で。
見慣れない安住に一葉もどう振舞ったらいいのやら悩んでいます。
コメントありがとうございました。
No title
コメントきえ | URL | 2010-06-09-Wed 08:50 [編集]
K様
おはようございます。

>波で刺激を与えてるかと思えば 「僕の名前忘れられちゃったんだね」と 拗ねてる安住さん。

こんな態度をとらせるのも全ては一葉の成せる技ってとこでしょうか。
もう中條たちには会わせたくないとももしかしたら思っているかもしれないです。
でもそこはうまく一葉が安住を宥めるってことで…(どんなふうに?!それを今から…ゴニョゴニョ)

>あと数話 だなんてこと もう 忘れちゃいましたよ(と 勝手のいい読者です) まだまだ 二人の あんな場面 こんな場面 見てみたいです。

あと数話です(←まだ言う)
楽しんでくださっているようで嬉しいです。
コメントありがとうございました。
No title
コメントけいったん | URL | 2010-06-09-Wed 11:16 [編集]
安住さんって 紳士態を崩さないのが 素敵ですが、 一度くらいは <野獣・安住>を見てみたいかも! いや もしかして ずっと 心の中では 荒れ狂う欲望の嵐が 渦巻いてたりして... 的な妄想の世界に浸りながら 楽しんでます、はい(@^3^@)ゞ~♪
Re: No title
コメントきえ | URL | 2010-06-09-Wed 12:27 [編集]
けいったん様
こんにちは~。

> 安住さんって 紳士態を崩さないのが 素敵ですが、 一度くらいは <野獣・安住>を見てみたいかも! いや もしかして ずっと 心の中では 荒れ狂う欲望の嵐が 渦巻いてたりして... 的な妄想の世界に浸りながら 楽しんでます、はい(@^3^@)ゞ~♪

どこまでも紳士な安住ですが、一応今回少し崩れました(え?!これで?!)
赤ちゃんみたいな一葉が可愛くて可愛くて今は嫌われない方向に動いている感じも見受けられますけど。
プライドとか立場とかに邪魔されて…、野獣変身はまだ先の話ですかね~。
たぶん内心ではそんな自分と闘っていると思いますよ。
一葉視点なのでなかなか書き表せなくてすみません。
ちゅー感謝です。
コメントありがとうございました。
誓約書
コメント甲斐 | URL | 2010-06-09-Wed 12:36 [編集]
こんなに可愛くて魅力的で誰にも好かれる人気者の一葉ちゃん、恋するものの欲目でそれが倍増どころか100倍くらいに見えてる安住さんにとって、ほかに誰かに見せたくないし触らせたくない存在をどうしたら守っていけるか悩みの種ですね。
誓約書の『お仕置き』の甘い追加文は、ちょっとしたこじ付けでいつでも行使しそう。
「他の人に可愛い顔を見せた罰だよ」なんてね!?
Re: 誓約書
コメントきえ | URL | 2010-06-09-Wed 14:11 [編集]
甲斐様
こんにちは~。

> こんなに可愛くて魅力的で誰にも好かれる人気者の一葉ちゃん、恋するものの欲目でそれが倍増どころか100倍くらいに見えてる安住さんにとって、ほかに誰かに見せたくないし触らせたくない存在をどうしたら守っていけるか悩みの種ですね。

恋しているから余計に可愛さがつのるんでしょうね。
年の差もあるし、"おじさん"的には色々思うところもあるのだと思います。
守るためにはやっぱり誓約書でも書かせないと。
婚姻届に近い書類です。

> 誓約書の『お仕置き』の甘い追加文は、ちょっとしたこじ付けでいつでも行使しそう。
> 「他の人に可愛い顔を見せた罰だよ」なんてね!?

たぶん、一葉ではのちのち簡単に言いくるめられる文章で記述されているはずです。
それも『常に追加できます』くらいのことが小っちゃく書いてあったり…。
一葉、見落とすから。
法の番人のことを過去に佐貫サンが「口はうまいやつ」って言っていましたしね。
自分の都合のよい方向に持って行ける話術も持ち合わせている安住でしょう。
今も安住にとっては『お仕置き』の一つなのか。
コメントありがとうございました。
No title
コメントきえ | URL | 2010-06-09-Wed 14:18 [編集]
m様
こんにちは。

>「僕の名前、忘れられちゃったんだね…」ちょっと悲しい(;;)

m様の御心境でしょうか。それとも安住の内心を代弁していただいたのでしょうか。
中條が言うとおり、拗ねて見せるなんてすっかり若返っていますね。
私の中で"名前"ってどうもキーポイントのようで…。
どのお話にも載ってくるようでしつこいかな…とちょろっと思っています。
反応していただいて嬉しいです。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.