FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ちょうどいいサイズ 57
2010-06-03-Thu  CATEGORY: ちょうどいい
R18 性描写(何故か"性病者"と出た…いえ、ないですから。)があります。閲覧にはご注意ください。

強引なほどの力で引き寄せてほしいと願ったのは自分だったはずだ…。
覚悟も決めたつもりだった。それなのに…。

一葉は自ら安住に対して腕を伸ばした。
すぐそばにいた首に抱きつけば、抱きしめ返してくる腕がある。
硬く張りつめた自分の中心に、やはり硬くなった安住の性器が当たった。
射精感が抑えられないほどいじられたのは、全てこの先に進むためだったからなのだろうか。

「…つながりたい…」
一葉が小さな声で呟けば少し驚いたような安住の瞳が覗き込んできた。
「いいの?」
「ん…」
ここまでしてくれた安住に申し訳なさすら浮かぶ。
真正面から見つめる瞳に躊躇いはなかった。

安住はもう一度、強く強く一葉を抱き締めてきた。
「一葉ちゃんの全てを、大事に守るからね…」

二人の肌は汗で張り付いてしまうほど濡れていた。
安住の額には玉のような滴があったし、髪もじっとりとしている。
一葉を思って性急な行動を取らなかったのがはっきりと分かった。

安住はまたローションのボトルを手に取ると、自分のものと、一葉の濡れそぼった性器にも塗りつけてきた。
先端から零れていたぬるぬるした先走りとはまた異なる滑り具合と安住の掌の温かさに包まれる世界は一度目の射精で感じた気持ち良さとも違っていた。
そして見えた安住の灼熱は、パジャマのズボンを脱いだ時にみたものとは比べようもないほど大きくなっていた。
ピンと反り立ち表面の皮膚が突っ張るほど張り詰めている。
こんなものが本当に一葉の”中”に入るのだろうか…。
覚悟を決めておきながら竦む身体を、安住は気付いたようだが、もう止めはしなかった。
端正な顔の中から、いつもは穏やかなのに見たこともないほど鋭い鷹のような目が一葉を捕らえていた。
「一葉ちゃんが一番大事なものを僕に委ねてくれたように、僕は生きている限りの全てを一葉ちゃんに注ぐよ」

猛禽類のような獰猛さの陰に、決して離しはしないという意思が見えて、脅えるよりもただ喜んだ。
無二の存在になれるのだという、待ち望んだ世界。
食べられるのではなく寄り添うのだ。

安住の左手によって右足を高く引き上げられる。
より大きく開かされた双丘の狭間に、あの大きな塊が押し当てられた。
シーツの上に投げ出されてしまった一葉の両腕を取られて安住の体にまわされる。
まるで身体を半分に折りたたまれるかのように、左足まですくわれて、グイッと押し込まれた肉塊が挿(はい)ってきた。
「あぁぁぁぁっっっ!!!」
裂けそうなほど孔は広げられ、硬くて熱いものが痛みを運んでくる。
安住の首筋なのか、背中なのか分からない場所に、一葉の指先が食い込んだ。
ぶるぶると震える一葉の背を安住の手が撫でた。

「僕の体に何をしてもいいよ。…ありがとう…、一葉…」


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
いやですよね~。もう飽きていますよね~。びしばしっ、あらよっと進めろと安住の尻を叩いてみます。
ってか、話(えち)が進むごとに拍手も落ちるのでやっぱり書けないんだな~と思います。(←私の基準ここなので)
いや、でも今までと比べたら格段にポチパチいただいてますよ。ホント嬉しいです♪

別宅に記事もあります→別宅
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントきえ | URL | 2010-06-03-Thu 09:05 [編集]
K様
こんにちは~。

>パチパチ、おめでとう!一葉ちゃん よく頑張った! 安住さんの今までに見たことないような面や表情が見られて(ベッドサイドからローションが出てきたことも かなり気になってます)この先が ますます楽しみです。

やっと開通ですよ~。長かった~ぁ。
あのだめだめ一葉がこんなに頑張るなんて…そんな日がやってくるなんて想像もしていなかった私です(?!)
Q:なぜこんなところにローションが?!
A:なぜでしょうね…(冷汗)。いつかいつかいつか、と安住は準備万端で待っていたんじゃないでしょうか。でも声をかけられなかった…とか。(苦しい…)
まぁ、安住さんも"大人"なので…(滝汗)

コメントありがとうございました。
No title
コメントさな | URL | 2010-06-03-Thu 10:52 [編集]
策略はどこまでもを読んでから、安住さんファンになり安住さんは誰と人生を共にするのかなーって思ってたらこの連載でバンザーイ!と毎日朝起きて更新読むのが楽しみです(*^_^*)
たくさんの方が小説を掲載してるなかで、私はBLの丘が大好きで私の中では常に一位ですヽ(^o^)丿

安住さんエチの時も一葉ちゃんで「一葉」と呼ぶのはいつ?と思ったら最後に「一葉」と呼びましたね♪
安住さんの愛って愛ゆえに我慢するというなんとも放置プレイぶりに悶絶していますw
今後の更新楽しみにしています☆
Re: No title
コメントきえ | URL | 2010-06-03-Thu 14:44 [編集]
さな様
こんにちは~♪

> 策略はどこまでもを読んでから、安住さんファンになり安住さんは誰と人生を共にするのかなーって思ってたらこの連載でバンザーイ!と毎日朝起きて更新読むのが楽しみです(*^_^*)
> たくさんの方が小説を掲載してるなかで、私はBLの丘が大好きで私の中では常に一位ですヽ(^o^)丿

なんというありがたきお言葉!!
いつもいつもくだらない駄文を書きつつ、お客様がいらっしゃることに自惚れて日々更新してきた私でした。
正直、現在のランキングも何か間違えているんじゃないか?!(他に素晴らしい作者様たくさんいるし…汗)と思っていましたが。
一位ってそれは褒め殺しもいいところです。

> 安住さんエチの時も一葉ちゃんで「一葉」と呼ぶのはいつ?と思ったら最後に「一葉」と呼びましたね♪
> 安住さんの愛って愛ゆえに我慢するというなんとも放置プレイぶりに悶絶していますw
> 今後の更新楽しみにしています☆

「一葉」って私の中でも言わせたい言葉の一つでした。
脱保護者、みたいな…。
やっとここまでもってこられたって感じです。
同じところで喜んでもらえて嬉しいです。
散々焦らして、放置プレイ、一葉も泣きながら訴えたってかんじでしょうか…。
飽きられていていいはずなのに、お付き合いくださる方がいてくれて本当に嬉しいです。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.