FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
お見舞い
2010-05-28-Fri  CATEGORY: Present
あー、面倒くさいっと本気で思う。
ドライブ自体は好きだが、見舞いが面倒だ。

たつみの家は郊外というより、山に近い場所にあった。
最近隣市に抜ける国道も近くに作られた。
たつみが持つ土地も一部は買い取られたらしい。
おかげでアクセスは良くなったが…。
「なんで龍太、機嫌悪いの?」
「見舞いなんて付き合わされるからでしょ?!せっかく休みがあったっていうのにっ」
「ドライブなんだって思えばいいじゃん。こんな田舎、めったに来ることもないんだしさ」
ハンドルを握る隣で、すっかり寛いだ雅臣が道添いに並べられている花々を眺めている。
新緑の季節、遠くに見える山は緑に染まり、赤白黄色と色とりどりの花が道端に咲いていた。
出掛けること自体は嫌いではない。好きと言っていいくらいだ。
学生時代から行き当たりばったりの旅行も繰り返していた。
それが功を奏したのか今の仕事に巡り合っている。

ただ、唯一気に入らないのは、せっかく雅臣と休みが合ったというのに、体調を崩したという生みの親、きえが「せめて生きているうちに一度は逢いたい」などと大げさに呟いたからだ。
あいつは、殺したって死なない。超頑丈にできている。
ちょっと病気を患ったからって、呼びつけるなんて…っ!!

「ホント、田舎っ!!人がいないじゃないですかっ」
「ねぇ、あそこで田植えしてるよ」
「雅臣さん、幼稚園児みたいにやりたいとか言わないでくださいよっ。田んぼの泥って一筋縄ではいかないんですから」
「体験型旅行って最近流行っているよね。そういえばこっち方面、民家に泊まって農作業とかできるプランもあるじゃん」
「きえの家に泊まらせて家事させて、農作業も体験できるプランが今浮かびました」
きえの家には田んぼも畑もある。
柿の木も桃の木も栗の木もあるし、わけのわからないミカンみたいな木(ほんとに名前が分からないんですよ。20年かかって実がなりましたね。はっさくみたい。)もあった。
野菜は常に『畑からとってきて食べる』新鮮さがあったし、まともに泊まれる環境なら確実にウけるだろう。

雅臣に触発されてちょろっと頭をよぎる。
でも、きえがいるのでは誰もよりつかないだろう…。
「きえちゃんちってさぁ。観光バス何台停まれるの?」
雅臣に問われて、一度訪れた一軒家を思い出した。
田畑の中にある家で、隣近所は最短で200メートルは先である。

「駐車場としての整備はありませんけど、まぁ敷地内に10台くらいは。道端まで考えたら何台停められるかは疑問ですね」
「ふーん。何か考えてあげたら淋しがらずに僕たちが呼ばれることもないんじゃない?ま、たまには来たいなって思える場所だけどね」
夏はかえるの鳴き声しかしない。
夜中にカラオケだってしている。(敷地内にカラオケハウスがあるのだ)

龍太と雅臣が庭に車を止めれば、家の中からきえが飛び出してきた。
だれが通院中だって?元気がないって?具合が悪いって?!

「きゃーっ、まーちゃん来たのねっ!!あっ、龍太っ!!荷物はあっちに運んでねっ!!和室にお布団も用意してあるからっ。いつでもおねんねできるわよっ!一泊の宿泊代と交換で、Y県にあるK屋の特別室、格安でお願いね~♪」

明らかに違う交換条件に声も出なかった。
呼びつけられた狙いはそこか…。
体調不良は口実?!

その日、畑で雅臣と色々な野菜を手にした。
まだ早いと思われる物もあったが、土にまみれる雅臣を見るのも楽しかった。
なにより新鮮で調理をするのすら楽しい。
意外な調理方法をきえが教えてくれたりもする。
雅臣もならんでキッチンに立っていた。

うざい、と思っていた存在のきえだったが、やっぱり親なのだと感じた一日だった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

うーわー、なんでこんなに一葉が書けないんだろう…。
で、逃避行です。
旅行に出ました。私の頭は。
関連記事
トラックバック0 コメント14
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2010-05-28-Fri 23:29 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
コメントきえ | URL | 2010-05-29-Sat 05:40 [編集]
A様
またのお越しありがとうございます。

> なんだかかわいらしいお話に、ちょっとほのぼのとしてしまいました(笑)

すっかり逃げています。
BLとは全く無縁のお話ですよね(冷汗)
誰かに看病してほしくて(?)呼びつけたようなものです。
こんなものにまでコメント残していただいて本当に感謝です。
コメントありがとうございました。
No title
コメントきえ | URL | 2010-05-29-Sat 05:45 [編集]
K様
本当に一日何回もご訪問いただきましてありがたいです。

>泥にまみれてる雅臣も可愛く見えるなんて 龍太は相変わらずメロメロですね。逃避行… おおいにして下さい。おかげで また 違うお話も読めたわけですからv(^-^)v

こんなので喜んでもらえましたかね~(不安)
お料理大好きな鹿沼なので出してみました。
もう私の妄想、そのままです。
いつもこんなことを考えているのか?!みたいですね~。
コメントありがとうございました。
No title
コメントきえ | URL | 2010-05-29-Sat 10:31 [編集]
MO様
こんにちは~
いつも難解なものを書いては読者様を翻弄させる私です。(反省しています)

>誰のお見舞いかと思えば、なんと きえ様のお見舞いだったのですね。お体は、大丈夫ですか?くれぐれも 無理なさいませんように・・・ 久々に二人に会えて、嬉しいです♪若い素敵な男性からもらうパワーは、なによりですよね~♪

若い男、本当にいいです。保養です。
ご心配おかけしてすみません。
鹿沼が言うように、かなり丈夫な人間ですから。
お見舞いとかしたくないらしいですけど、無理矢理連れてきました。

あっちにもコメいただいて感謝です。
基本的には元気ですからあまり心配されないでくださいね。
コメントありがとうございました。
親孝行
コメント甲斐 | URL | 2010-05-29-Sat 15:11 [編集]
いいですねぇ。
こんなふうに好きな子の顔見たらちょっとした体調不良ならすぐに全快しそうです。
龍太くんと雅臣さんは持ちきれないほどの新鮮な野菜と新しい体験型旅行パックの企画をお土産に帰っていったことでしょうね。
Re: 親孝行
コメントきえ | URL | 2010-05-30-Sun 10:32 [編集]
甲斐様
こんにちは。

> いいですねぇ。
> こんなふうに好きな子の顔見たらちょっとした体調不良ならすぐに全快しそうです。
> 龍太くんと雅臣さんは持ちきれないほどの新鮮な野菜と新しい体験型旅行パックの企画をお土産に帰っていったことでしょうね。

お出掛け大好き人間って想像したらこの二人が思い浮かびあがりました。
誰かかまって、状態で書いただけなんですけど。
野菜とお米はたっぷりと持って帰らせました。
龍太がまたおいしい料理にしてくれると思います。
できれば我が家に常駐させたいくらいなんですけど…。
コメントありがとうございました。
来たよ♪
コメントちー | URL | 2013-02-08-Fri 15:53 [編集]
あ、これ読んだよー。
いまになって思えばこれ書いた時からなの?

私の好きな二人が出てて楽しいお話だよね。
まーちゃん。
雅臣さんをまーちゃんと言えるのはきえちんだけじゃないのかな(笑)

うふ”
コメントnichika | URL | 2013-02-08-Fri 18:14 [編集]
ちーさん二度美味しいでス~~ この頃まだBL知らなかったの
で絵文字したいが л だけだ無理 けいったん師匠~ ぁ勝手に弟子ですたこ焼き行きます
コメントきえ | URL | 2013-02-08-Fri 18:53 [編集]
今日のよるは チキンスープでした
あと炊き込みご飯

夕ご飯はやいの~

まーちゃん そう呼べる人はだれかしら


このころはまだまだ序の口の体調で

でもまぁ 一気にここから分かっていくことがありました
そして今にいたります
お医者さんにかかっていてよかったなっておもうとこかもしれません

みなさんおいしゃんとかとお友達になりましょうね
2014/01/12
コメントkukonomi | URL | 2014-01-12-Sun 16:51 [編集]
このお話が2010/05/28で、きえさんの2013/02/08のコメント。。辛いですね。。。
kukonomiさんへ 
コメントけいったん | URL | 2014-01-13-Mon 09:50 [編集]
きえちん 横レス ごめんね(o*。_。)oペコリ

振り返って 過去の作品を読んでみると、この頃の作品は 「御見舞い」とか 「遺言」とか タイトルが…

いつ 病気になったのか、いつ 病気を知ったのかは、知らないけど
この時 きえちんは 病気の事で 心に葛藤しているものが あったのかもしれませんね。

人の心に機敏な読者なら気付いていたのに 鈍い私は まったくでした。

P.S.
kukonomiさんへ、
2013年2月8日のコメントを探したのですが、その日は 更新も無かったみたいで 見つかりませんでした。
もう少し 詳しく教えてくれませんか。宜しく┏○))ペコ
横入りすみません
コメントちー | URL | 2014-01-13-Mon 20:18 [編集]
師匠。
この回のコメントだと思われます。
上の上の上?

もしかしたら、きえちんはブログ始めた頃から身体の不調があったのかもしれませんね。
読み返したらところどころに・・・

kukonomiさん、違ってたらごめんなさい。
いや、先に書いてしまってごめんなさい。
けいったんさん、ちーさんへ
コメントkukonomi | URL | 2014-01-13-Mon 23:35 [編集]
けいったんさん、人見知りでお返事出来ずにいましたら、ちーさんから。。
ちーさん、ありがとうございます。
きえさんのことで人の生き死にについて考えさせられます。。
きえさんに思いを伝えられなかった事が悔やまれます。
きえさんって素敵な人ですね。
ちーさん、kukonomiさん、ありがとう♪
コメントけいったん | URL | 2014-01-14-Tue 09:02 [編集]
あーそうだったのですね!

kukonomiさんのコメを読んで ここのコメ欄も読んだんだけど、
それとは別に 何か書かれているのかと…
またまた 鈍さを発揮してしまった私で ハヂカシー (*/。\*)

あまり 過去の作品を読み返さない私ですが、きえちんの作品は 読み返したりしてました。
また おバカなコメを書くと思いますが、コメ欄で 一緒に遊んで下さい。

きえちんも コメ欄で よく遊んでくれたものねー♪
一緒♪ヽ(*・ω・)-oo-(*・ω・)...byebye☆
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.