FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
策略はどこまでも 番外ヒサ編 7
2009-07-22-Wed  CATEGORY: 策略はどこまでも
昨夜の行為の中で、何度か久志を求めるような仕草があったことを、久志は見逃していない。
時折、那智から触れられる指先に久志の興奮は収えられず、欲望のままに突っ走ったところはあったが、那智の口から直接的な言葉は一言も聞かれなかった。

あの那智がそこまで手慣れているとは到底思えずに、自然な仕草だったと受け止めるのだが…。
いざ手に入りかけたと思えば、指の隙間から零れていきそうになるものをどうにか繋ぎとめようとしている自分が滑稽にも思えた。
久志の腕の中から抜け出そうと那智がもがく。それをさせまいと久志は腕に力を込めた。
「離せって」
「ダメ。那智が俺のものになるって答えたら離してあげる」

曖昧にごまかされて、肝心の本心を聞けないでいる期間はもう終わった。
普段していた何気ない会話の中ならまだ誤魔化されても流してこられたが、昨日の許しがたい発言といい、自分に対する感情をはっきりと言おうとしない那智に、久志はすぐにでも答えを聞きたがった。
あれだけの行為を犯したのに、自分を受け入れてくれたこと。今だって嫌悪を含めた拒絶の一つもなく腕の中にいる。
久志が問いかけたことに対して、一度だって頷いたことなどない。
欲求に負けて、強請られたのは昨夜の一度だけで、それだって自分が誘い込んだようなものだった。

昨夜、那智は「友達に戻ってほしい」と願い出た。
許す気など到底なかったが、どうしてもと那智に言われればどう答えるのだろう。

久志の胸へと額を擦りつけ、表情を見えなくした那智を強引に上向かせる。
視線を合わせようとせず、スッと長い睫毛が伏せるよう閉じかけられた。
「言いたくない」
「なちーぃ」
なんだってそんなに頑なに感情を表現するのを拒むのだろうか。思い返せば久志に対して友情以上の想いを抱いているのが分かるのに、決して言葉にして言い表そうとしないことに苛立ちを覚える。
何か想いを溜めた不満があるとするなら、それを言えばいいのに。昨夜からとくに自分の感情を抑え込もうとする那智が久志には嘆かわしかった。
とはいえ久志は那智に対して、失いそうな不安があるなどと、表だって那智に見せることはまずなかったが…。

「べつに。今までと何にも変わらないじゃん。ヒサがうちに来るのだって昨日に始まったことじゃないし」
どこか憂いを含んだ言い方に久志の眉がピクンと寄る。ここまで来て今更、元の鞘に戻ろうというのか…。
「俺、昨日言ったよな?おまえが絶対に離れていかないことが条件だって。那智は俺のこと、どう思ってるの?」
イライラとした感を隠すこともせず、久志は低い声を上げた。那智は久志を見ようともせず瞳を伏せたままだ。
那智の考えていることが分からず、お互いに黙ったまま数分の時が流れようとする。
先に根を上げたのは久志の方で、大きなため息とともに、那智の肩に顎を乗せた。

「まぁいいや。もう少し待っててやるよ」
絶対に誰にもやらないけどな…と心の中で付け加える。

突然の環境の変化に那智も戸惑っているのだろうか。自分がどういった感情を抱えているのか整理できないでいるのだろうか。
それとも、あの男のことが気がかりなのだろうか。
滅多なことではネガティブな方向に進まない久志だったが、一人の男の存在はあまりにも気になりすぎた。

久志の気持ちを打ち明けた上で、こうやって抱きしめていても目に見える拒絶はされていないし、だいいち久志が感じる那智の自分への想いはマイナスではないはずだ。
一度の繋がりから、身体を堕とすのは容易いことと思えたが、肝心の一番欲しい気持ちがなければ意味がない。
久志は顔を上げると那智の柔らかな唇を奪った。やっぱり那智からは大きな抵抗は見られなかった。その代わり、悲しそうな瞳の煌めきが気になったが…。今はそれを問うのをやめた。
唇を離すと、久志は言った。
「でも鍵は渡さないからな。おまえから俺を求めてくるようになったら返してやってもいい」
たぶんきっとその頃には那智の方から『持ってて』と渡されるようになるだろうし。返す気なんてさらさらないし。
那智は何も言わずに小さく頷いて溜息をこぼしただけだった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

最近長すぎてないですか?
最初の頃から比べてだいぶ行数が増えているのですが…
なんだか切るタイミングがうまくつかめなくて、ダラダラとすみません…
しかも動きないし(汗
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
お邪魔します☆
コメントメグミ | URL | 2009-07-22-Wed 15:03 [編集]
昨日は返コメありがとうございました。

今日も早速読ませていただきまた。
長い一日のお話ですが、この先の2人の恋には、
とても必要な時間だと思います☆

今日、FC2ブログに開設してみましたv-7

右往左往しながらですが更新していこうと思いますので、
良かったら遊びに来てください。
Re: お邪魔します☆
コメントきえ | URL | 2009-07-22-Wed 17:05 [編集]
メグミさま
またまたご来店(?)いただきありがとうございます。

ブログ、開設されたのですね。
私も学習しなければいけないことがたくさん…

ぜひ遊びに行かせていただきます♪
ついでにいろいろと教えてください(^^ゞ

ながーい、この二人の一日。
短編で終わるはずだったヒサ編が、書き加えたことで思わぬ長さに…(汗

もう間もなく終わるはずです。たぶん…

思っていた以上に攻め視点が苦だった私は、早く那智視点に戻したいんですけどねぇ。
かといって那智視点に戻ったところで二人の仲が進展するのかしら…???

またぜひいらっしゃってくださいね。
コメントありがとうございます
コメントメグミ | URL | 2009-07-22-Wed 21:52 [編集]
先程新設したブログへコメント頂いたようで、ありがとうございますo(^-^)o

目次の作り方簡単に纏めれたら報告しますね♪
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.