FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ちょうどいいの番外安住ばーじょん
2010-05-11-Tue  CATEGORY: ちょうどいい
すみません、まったく書けません。これで1週間くらい耐えてもらいたいです。

一緒に住み始めて1カ月などあっという間だった。
丁寧な動きで部屋の全てを綺麗にしてくれる。
玄関など毎日水洗いされていたし、乗る予定のない車だっていつもピカピカ。
庭に生えていた草も丁寧に抜き取られていた。

夜の寝る前、一葉ちゃんから手を握られて初めて時の早さを知った。
耐えていた分の時間を一気に狭めてしまうような切なさが嫌でも伝わってきたが、眠たそうな彼の動きにこれ以上の何もする気は起きなかった。
ただ、熟れたような唇に触れたかった。
何度耐えてきたことだろう。
いつも、額に寄せるだけの、『挨拶』程度のもの。
触れたい全部がそこに集中していた。
もう我慢なんてできなくなってしまうよ…。

全ての準備が整っていることは分かっているのに、今一歩の勇気が出ないのは、年をとって臆病になった証拠なのだろうか。
傷つけたくはない…。
初めてなのだと分かるから尚更、自分で良いのかという不安があった。
できることなら、何も知らせず、何も覚えることなく、自分だけのものにしたい…。
ただのエゴなのだろう…。

濡れた瞳は犯罪に近いよね…。

初めて触れた唇の柔らかさに、もっと吸いつきたい欲望が湧いた。
だけど、そんなことをしたら、嫌われてしまいそうだ…。
いやらしい、中年のオヤジみたいになりたくはない。
それでなくても毎夜、毎朝、一葉ちゃんの肌に触れていると言うのに…。

改めて気付いたら、そんなものでは気が済まないほどになっているんだよ。
さり気なく触れてくる指先とか、何かを訴えたいような赤い唇とか…。

いつか裁かれる身になりそうだ…。

朝日が差し込んでくるリビングに、パジャマのままで登場した一葉ちゃんに、抱きしめたくなる思いが寄り一層強まった。
平然と、いつものように額に寄せた”挨拶”。
逃げるように部屋を去っていく後ろ姿。

ねぇ、いつか僕は犯罪を犯しそうだよ。
だって、一回りも違うんだ。
でも、一葉ちゃんを閉じ込めたいくらいに愛してしまったから…。
そのか弱そうな身体も、舐めてしまいたい唇も、麗しい瞳も…。
僕の腕の中で啼いて…。

欲望を感じたら、逃げ出されるのかな…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
耐える安住さん
コメント甲斐 | URL | 2010-05-12-Wed 00:37 [編集]
ポーカーフェイスで大人な安住さんも心の中では激しく葛藤していたんですね。
でも、法の番人ですものね。
いかにかわゆらしい一葉ちゃんを目の前にしても、
誘ってんのかというようなパジャマ姿でも、濡れた瞳でも、
どうかそのまま耐えてくださいませ。
もうちょっとのはずですから・・・。
コメントきえ | URL | 2010-05-12-Wed 08:40 [編集]
K様
おはようございます。

>わぁ!早速の安住さん視点 ありがとうございます!あんなに大人で素敵な安住さんでも やっぱり不安なんだー。大丈夫よって 耳打ちしてあげたくなっちゃう。

一葉とは年も離れているのでそのあたりが不安材料みたいですね。
おまけに一葉は何も知らないお子ちゃまみたいなものなので"穢しちゃう"イメージがあるご様子。
耳打ちでもなんでもしてやってください。
本人たちだけじゃいつまでたっても進展がなさそうで…。
コメントありがとうございました。
Re: 耐える安住さん
コメントきえ | URL | 2010-05-12-Wed 08:46 [編集]
甲斐様
おはようございます。

> ポーカーフェイスで大人な安住さんも心の中では激しく葛藤していたんですね。

一緒に住もうって言いだしたのは安住だし。
安心して身を寄せてくれた一葉に狼みたいな言動を起こすのはためらいがあったようです。

> 誘ってんのかというようなパジャマ姿でも、濡れた瞳でも、
> どうかそのまま耐えてくださいませ。
> もうちょっとのはずですから・・・。

『誘ってんのか?』『誘っているんだよ(by一葉)』…。
目の毒って感じでしょうか。
安住も辛いとこですね。
美味しそうなものが目の前にあるというのに、お預けくらっちゃって。

コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.