FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
現実の吐息 5
2010-05-10-Mon  CATEGORY: 吐息
R18 性描写があります。閲覧にはご注意ください。

いつも強がって人を見下すような冷たい視線ばかりなのに、こんな時は甘え縋る猫のように瞳を揺らげる。
身体を撫でてほしいのがとても良く分かっても、行動に移してやらない瑛佑を恨みがましげに見上げてくるのだから、自制心などあっという間に飛ぶと言うものだ。

目で訴えられるってちょっとキツイよな…

内心で爆発しそうな欲情をなんとか抑えつつ、美琴の硬く張り詰めた場所に唇を落とせば、身体の全てから力が抜けるような、蕩けていく安堵が肌を通して伝わってきた。
僅かにあるといっていい陰毛の生える際から先端までへと舌を這わせ、同時に陰嚢も掌で包んで揉めば苦しそうな啼き声が喉の奥からこぼれた。
望むものなら叶えてやりたいと思う。
我慢をさせたくはなくて一度イかせてやりたいのに、最近ではそれを拒まれる。
『一緒に…』と願ってくれる思いは何よりも瑛佑を興奮の渦へと巻き込んでいった。

小さくぶるぶるっと震えて、美琴は瑛佑の手を止めさせた。
耐えているのが分かるから、「我慢しなくていいよ」と言うのに、こんなところでも強情な美琴は首を振るだけだ。
荒い呼吸を落ち着かせるように、数度深呼吸をした美琴が、何を思ったのか上体を起こした。
膝で身体を支えていた瑛佑のウエストに手をかけてくると、穿いていたものを引きずり降ろして、下半身を空気中に晒すという行動に出られた。
「な、に?…美琴さん?!」
瑛佑の先もすでに濡れていた。

少しの戸惑いが見えた。
嫌なことはさせたくない。そう思うのに、熱が集中するその場所を掌に掴まれて熱い吐息を吹きかけられた時、脳にある”意識”が焼き切れるような快感が這い上がってきた。
「あぁぁ…」
自分の口から洩れる息遣いと共に、下半身から卑猥な音がした。

唾液を絡ませるように、こぼれる滴を広げられるように、美琴の舌が蠢いた。
それなりの経験があるのだとは頭で理解できていても、実際に初めて受けた行為は、どこの誰に教わったのか、と余計な思考が働く。
ただ、受け入れるだけの身体ではなかったのかと、明らかな嫉妬が身体の奥底から湧き出た。
見下ろした先にあったのは、自分の怒張に頬を、唇を、赤い舌を寄せる美琴の姿で、のめり込んでいくような淫猥な表情まで瑛佑の全てを奪っていった。
『救ってやる』と言いながら、虜にさせられたのは自分のほうだったのだろうか…。

「ね、美琴さん…、このままここで出しちゃいそ…。ちょっと待って、5秒だけ待って…。持ってくるから…。美琴さんの中に入りたい…」

瑛佑が今何よりも必要としていたのは、美琴を傷つけないように解してやるための液体だった。
美琴が耐えていたのに自分だけが爆発するのはどうにも許し難い。
同じ期間、燻っていたのだと思えば、尚更先に果てるのは自分の面子にかけて避けたかった。
まだ咥えこみたそうな美琴の口から自身を引き抜いて、中途半端に下げられていた衣類を何の迷いもなく脱ぎ去り、放り投げて、生まれたままの恰好で部屋を横断する。
瑛佑の中には恥ずかしさも何もなかった。

昂っていた気を削いでしまったかのような行動を少々後悔したが、瑛佑が感情のままに突っ走れば辛い思いをする美琴の未来が想像できる。
あくまでも”気持ち良さ”だけを美琴には味わってもらいたかった。

どこか恥ずかしげに、脱いだシャツで上半身を覆っている姿は余計にかき立てられるものがある。
だいたい、一番隠したいはずの場所が盛り上がっているのだから、意味がないだろう。
身体を横向きに返したいと動く美琴がその願いをかなえる前に瑛佑は隣に膝を下ろした。

「もっと良く見せて…」

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
5秒だけ待って…。
コメント甲斐 | URL | 2010-05-10-Mon 22:19 [編集]
瑛佑クンはどんなに差し迫った状況でも、冷静な部分が残っているなんて、エライ!!
その場限りの快感に流されたり、カラダ優先のお付き合いじゃないってことですよね。
みこっちゃんのこと愛してるのね~って事がよく分かります。
Re: 5秒だけ待って…。
コメントきえ | URL | 2010-05-11-Tue 06:39 [編集]
甲斐様
おはようございます。

> 瑛佑クンはどんなに差し迫った状況でも、冷静な部分が残っているなんて、エライ!!
> その場限りの快感に流されたり、カラダ優先のお付き合いじゃないってことですよね。
> みこっちゃんのこと愛してるのね~って事がよく分かります。

愛してるの(はーと)って分かりますか~ぁ???
どこまでも優しくて冷静な瑛佑です。(の、つもりです)
みこっちゃん、いい人に巡り合えたね~。
こんなひとだから人生預けてもいいやって思えたのかな。
うーん、でも"現実"で思い悩むことがあったらしいみこっちゃんです。
あと数話で終わります。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.